So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

夏の暑さを和らげる遮熱リフォーム工事 [ ・リフォーム工事]

自邸が完成したのが2005年12月末。
それから12年4ヶ月の間に、3度のリフォーム工事を行ないました。

最初は、2008年10月に行ったカフェ店舗リフォーム工事
記事はコチラ ⇒ カフェ店舗工事(吊戸)その1 2008-10-05


2回目は、2人の子供が小学生になった2011年11月のロフト工事
記事はコチラ ⇒ 小屋裏収納工事に着手 2011-11-07


3回目は、2017年11月に行った太陽光発電工事
記事はコチラ ⇒ 自然エネルギー地産地消のために 2017-11-13


今回行なったリフォーム工事は、夏の西日対策です。
太陽光パネルで電気を作って冷房を動かしても、大きな穴の空いた船に浸水
してくる水をバケツで汲み出すのと同じですから、その穴を埋めるために
行なったのが今回の工事です。

では、夏の西日はなぜ暑いのか?
その理由を解説した記事はコチラ ⇒ 西日が暑い理由 2012-08-06


理由はお分かりいただけたと思いますが、中々、コスパの高い方法が思いつかず
12年以上悶々としてきました。
昨年夏に行った外皮計算でも、夏期の日射熱の大半が西側開口部からと言う事が
ハッキリしたのも大きいですね。


そんな時に、知り合いの方が築49年のRC住宅をリノベーションしたと聞き、
見学させていただいた工法が最も納得感があり、今回の工法につながりました。
参考記事 ⇒ 築49年の住宅リノベーション物件見学 2017-08-03


DSCF9879.jpg
■太鼓張りの吉村障子搬入
1間幅のフィックス(はめ殺し)窓3枚分の吉村障子を建具屋さんに製作
してもらいました。



DSCF9880.jpg
■足場組立
我が家の場合、この仮設工事費の負担が大きくなるため、いつも構想段階で
終わっていたわけですね(笑)



DSCF9885.jpg
■足場組み完了
1階ダイニングの天井高は5.0mで、床面はコンクリート土間ですからもし
誤って落下したらただでは済まないので、さすがに百戦錬磨のプロでも怖かった
そうです(#^^#)


今回の記事は、設計コンセプトで考えた生活スタイルの変化に合わせて、
リフォームしながら快適な住まいを創ることを紹介しつつ、今回の工事に至った
経緯を説明しました。
(過去記事を引っ張るのが大変でした~!)


次回は、完成した様子をお伝えしたいと思います。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

藁科川(わらしながわ)デイキャンプ [ ・静岡県中部]

人間の本能なのだと思いますが、寒い冬を何とか凌いで春から初夏になると
萌黄色の山が恋しくなり、毎年GW前後は無性に山に出掛けたくなるようです。

都内に居た頃は、GWの大渋滞の中、東北道を北上し福島に満開のヤマザクラと
新緑の山に癒されに行っていましたが、それも辛くなり浜松にUターンしたら
人のいない自然を楽しみたいと思うようになりました。

DSCF9863.jpg
■藁科川の川原にて
藁科川(わらしながわ)は静岡県中部を流れる安倍川の支流で、19年前の
GWに行った際にとても良かったため、天候に恵まれたこの週末を逃すまいと思い、
ソロのデイキャンプを楽しんできました♪

新東名が開通したお陰で、自宅から2時間弱、仕事場からだと1時間強の近さに
なったのも今回この場所を選んだ理由です。



DSCF9865.jpg
■昼食
一番必要なことはたっぷりの自然の中に身を置くことですから、食事は手軽で
気楽な方が大切です。

時間が無ければ、カップラーメンやインスタントラーメンでも良いですけど、
今回は日中ここで過ごそうと決めていたので、川原でご飯を炊き、レトルトカレー
にSAで購入した由比産の高級ツナ缶を乗せたサラダにコンソメスープを加え、
食後のスィーツに淹れたてのコーヒーで簡易なカレーランチコースにしました。

これだけでも十分贅沢で美味しいランチタイムになりましたが、綺麗な水と新緑、
涼しい風が抜ける川原で過ごす時間は何物にも代えがたいものがあります。



DSCF9868.jpg
■藁科川のウォーターランドスケープ
同じ静岡県内でも県中部はいつも行く、気田川とは少し雰囲気が異なるので
場所を変えると色々な気づきが得られますね。


丁度今は「ビオトープのある研究所」の設計を一旦まとめあげる時期のため
自分の中の自然観を確かなモノにしておきたくて、家族にはわがままを言って
出掛けさせてもらいました。

実はこの日、アクトシティ浜松で少し大きな出店イベントがあり、当初は僕も
搬出入の手伝いをすることになっていましたが、二人の娘が妻を手伝ってくれると
聞いていたので安心して出掛けることができました。


夕方帰宅して聞くと、来店客数は比較的多かったようですが、娘達がとても良く
やってくれたようで、「とても助かった!」と褒めていました。
ここにもひなたCAFEを開業した効果が着々と表れているようです♪

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

造った構造物を今後も活かすために [ ・公共事業の仕事]

戦後、日本国内において造られたコンクリート構造物は、およそ100億立米。

その膨大な量のストックが社会に投資されたわけですが、少子高齢化社会に突き
進む今後は、壊して造り直す余力はありません。

そのためコンクリート構造物の劣化具合を診断し、補修できるものは補修をし、
できるだけ壊さず延命させることがますます重要になっています。


昨年度、静岡県から築30年を超えるコンクリート構造物劣化診断業務を担当した
のを切っ掛けに、2018年度コンクリート診断士試験を受験することにしました。

DSCF9860.jpg
■受講票とテキスト
躯体材料としての躯体コンクリートの劣化具合を診断する資格ですから、
コンクリート事業者、研究者の他は、技術士、一級建築士にだけ受験資格が
与えられます。

第一回の試験は2001年のスタートで、2017年4月1日現在、12,358名が
コンクリート診断士として登録されているそうですが、一級建築士は33万人超
ですから、圧倒的に少ない事がわかりますね。


受験者のほとんどは土木建設関係、建設コンサルタントで、一級建築士で
コンクリート診断士保有者はさらに少なく、静岡県内ではナントたったの4人
だそうです。

試験は、択一問題の他、論文もあり、技術士並みの難易度のようですから、
正直なところ合格する自信はありませんが、嫌いな分野と言うよりも
比較的好きな技術分野ですから、頑張って勉強してみようと思います(笑)

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

記者発表迫る? [ ・New_ビオトープのある研究所]

今朝、出社するとクライアントの社長から1通のメールが入っていた。

「新聞社から新社屋についていつ公開できるかと聞かれています」

注目企業の経済記事であり、有名設計事務所ではありませんから、設計者まで
紹介されるわけでは無いと思いますが、プレス発表は先の話だと思っていただけに
ちょっと嬉しいお知らせでした(笑)


建築としては普通の箱で際だったデザインではありませんが、ビオトープについては
新しい取組みだと思いますから、新聞記事になる日を楽しみに仕事に励もうと
思いました♪

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

人工湿地の水循環システムを計画する [ ・New_ビオトープのある研究所]

現在、設計を担当させていただいている「ビオトープのある研究所」です。

クライアントの社長は外構のビオトープに「湿地」を設ける事を要望しています。
そのため、どのような「湿地景観」をイメージしているのかをお互いがハッキリと
確認できることに集中して打合せをしてきました。

DSCF9791.jpg
■湿地景観のイメージ
最終的に決まったのは、こんな感じの湿地景観でした。
これは浜名湖に注ぐ河川の一部が湿地化した箇所で、河川のように護岸はなく、
湿地の外周にはコナラなどの落葉広葉樹主体の雑木林に囲われます。


さて、求められていた湿地景観のイメージがハッキリしたものの、設計屋として
これをどう図面化するかに悩んでいました。
それ以前に、どうやって工事管理をし、その品質を確保し、適切に工事費を
見積もれるできるようにするのか?

さらに、経営者が2代、3代と代替わりした後もビオトープが維持管理できる
ようにしなくてはいけないわけで、今年に入ってから何度もスタディを重ねて
きました。



それらの難題をすべて解決するアイディアが沸いたのが先週のこと。

半ば興奮気味に一気に図面を描きあげたところ、

「おっ!、これはいけるんじゃないか?」

と確信を持ったところで、打合せのアポをとりイメージを具現化するための課題を
説明し、僕のアイディアを説明しました。


IMG_0982.jpg
■アイディアの一部
湿地とは、雨水が流入するものの出て行き難くく水が滞留する地形からくると言う本質に
たどり戻り、それを建築、土木工事で人工的に作るために図面化することになりました。

つまり、ここの人工湿地のキモは「土地(計画地)」における水循環システムを構築する
ことになるわけで、そこに生物生息域(ビオトープ)と言う自然環境を付与させることで
実現すると説明をしました。


僕の提案に対し社長は大いに納得いただけたようで、意匠設計としては最初の関門を解決
したため、設備設計担当者と打合せを行ったところ、

「いやー、ビオトープをどうやって作ろうか自分達でも議論しましたけど、この
 案は理にかなっていて上手くいくと思いますし、面白いですね!」

とお褒めの言葉をいただき、アイディアに大いに自信を持てました♪



施工中の状況もダイナミックでかなり面白い写真になりそうですから、今からとても
楽しみです。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

シャッター商店街をリノベーションするイベント [ ・手づくりジャム屋]

今月からサザンクロス ほしの市と言う、手作り雑貨市イベントがスタートしました。

ほしの市のウェブサイト ⇒ https://hoshinoichi.com/

スタートの切っ掛けは、リノベーションまちづくりを進めるための研修会である
「リノベーションスクール」を受講した女性3人によるもので、昨年一度トライアルを
行ない、今月から毎月定期開催することを目標にスタートしました。


サザンクロスと言うのは、JR浜松駅南口にある砂山銀座商店街の事で、昭和の香りが
漂う商店街です。
他の地方都市同様、シャッター商店街になって久しいですが、残り少ない商店主さんが
長年活性化のために、朝市を行なったりするなど努力をされています。


今回は主催者からの申し入れもあり、まずは初回、参加してみることにしました。

DSCF9844.jpg
■ひなたCAFEブース
先週の暖かさとは一転、冬の様な寒さに急遽、コールドドリンクからホットドリンク
へ変更しました。
思った通り、皆さん寒さに震えていただけに、柑橘のホットドリンクはとても喜んで
いただけました。


ジャムも常連さんを中心に程よく買っていただけ、人気商品は早々に完売となって
しまいましたが、近くで同時出店していた妻から商品補充をしてもらえました。



で、肝心の来場状況です。

DSCF9849.jpg
■正午過ぎの状況
10時の開場と同時に人通りが増え始め、ひなたCAFEにもお客様がお越しに
なられたため、手が空いたすき間に撮影しました。

出入口のカウンターでは700人超の来場とのことですが、感覚的にはもっと
いらしていたように思うのは、ショッピングを目当てにお越しになっているから
ではないかと思います。



DSCF9852.jpg
■ひなたCAFEブースから
大にぎわいと言う程ではありませんが、シャッター商店街と言う現状を知って
いますから、第一回目としては立派なものだと思います。

定期開催することでリピーターを増やし、シャッター商店に魅力的なお店が入り、
さらにお客様が増え、最終的には地価が上昇することが当面の目標となります。


そして、ここでの成功体験を活かして近隣の他のエリアに拡大させていき、浜松駅
周辺を活性化することがリノベーションまちづくりのスキームです。

それには、今後5年、10年とかかるかもしれません。
しかし、手をこまねいて何もしなければ絶えるしかないですから、僕らは価値を
提供していきたいと思っています。

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

夏が来る前に、遮熱リフォーム [ ・省エネ対策]

早いもので我が家も完成入居から今年12月で丸12年。

その間に、カフェにするためのリフォームや、子供の成長に合わせてロフトを
造ったり、外構周りに投資をして参りました。

昨年春にメーカー勤務を辞めて、建築設計に軸足を移す決断をしたことから、
生活経費の削減のため、太陽光発電を決め、昨年11月から稼動開始しています。


そんな中、夏の暑さが長年の懸案であり、効果的な対策を検討してきました。
まずは現状把握をしなければ対策が決まらないため、自宅の省エネ計算を
行ったところ、思った通り夏期は西側開口部からの熱流入が殆どであることが
ハッキリしました。

とは言え、効果的な対策が中々決まりませんでしたが、昨年7月に見学させて
いただいた住宅リノベーション事例で大きなヒントをいただき、先週から本格的に
検討を開始し工務店さんに概算見積りをお願いしたところ、予算内で納まりそう
だったため正式に発注することに致しました。

ご参考 ⇒ 築49年の住宅リノベーション物件見学 2017/8/3


DSCN3165.jpg
■ワーロン紙のサンプル帳
上記のブログ過去記事をご覧いただきますと、完成イメージがおわかりいただけると
思いますが、西側のフィックス窓に樹脂フィルムを和紙でサンドした「ワーロン紙」
をタイコ張りした吉村障子をはめ込むことで、西日の遮熱だけでなく、断熱性能を
向上させる計画です。

ペアガラスに空気層30mmのタイコ張り障子を組合せることで、トリプルガラス以上
の断熱性能とLow-Eガラス以上の遮熱性能が得られるはずですから、夏期日射取得は
かなり軽減されるはずです。

また、夏期の日射取得は屋根面が最も大きいわけですが、これについては太陽光パネル
を設置したことで対策済みですから、温暖化の加速にともなって厳しくなる夏の
暑さに対応したいと思います。



工事の様子と7月、8月の状況をまた報告しますから、楽しみにしていてくださいね~。

nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

ザザシティ前の火事現場に遭遇 [■日々のこと]

昨日は建築仲間による浜松城公園での花見会でした。
陽が傾いて寒くなってきたところで、場所を変えて家飲みし、おおいに盛り
あがったところでバスのあるうちに帰宅しました。

遠鉄バスに乗るため、ザザシティ前の停留所に向かうと歩道に煙が立ち込めて、
騒々しい。

ボヤか火事か?

と思って、交差点を渡る途中で見返すとビルから火の手が上がっていました!

DSCF9824.jpg
■2018/4/1 21:06の様子
人の姿は見えず、火の手が大きくなるようには感じられませんでしたが、
ザザシティ前は一時騒然としていました。


DSCF9827.jpg



既に119番通報をしていたようで、ほぼ同時に次々と消防車が到着し消火活動に
取り掛かったいたました。

DSCF9832.jpg
同21:11頃の様子
この後、僕はバスに乗って帰宅の途につきましたが、21:56頃に無事鎮火と
なったようです。



現在、ある研究施設の設計を担当していて、近いうちに消防協議をする事になって
いただけに、有事の際に消防士さんが安全円滑に消火活動をできるように建築を
作るのも私達設計者の役割りですから、こういう現場を見ると身が引き締まる
思いをしました。

nice!(9)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

春の浜名湖サイクリングと写真撮影 [ ・浜名湖周辺]

先週の日曜日は暖かな春の陽気に誘われ、浜名湖へサイクリングに出掛けました。

DSCF9782.jpg
■ブリジストンANCHOR+シマノ・アルテグラ
クロモリフレームを好みのカラーで塗装するセミオーダーシステムに
メカ類はシマノのアルテグラで14年前に組んだ愛車です。
昨年は人生の転機となる年だったため、昨年1月にメカ類をアルテグラの9速から
アルテグラ6800シリーズの11速に交換し、心機一転しました。

大型投資の甲斐あって、さらに乗りやすくなり気分転換したい時には、時々
駆り出しています♪


この日は、単独行と言うこともあり特段、目的地を定めていませんでしたが、
「森のたまご」の打合せのためにOMソーラー㈱「地球のたまご」へ向かう手前で
気になる小さな橋があったため、それを見学することにしました。

DSCF9777.jpg
■車から見る橋
いつもは車で「サー」と通り過ぎるだけですが、毎年気になっていてようやく
じっくり見る事ができました。
こうしてみると何という事もない田舎の景色なんですけどね(笑)



DSCF9785.jpg
■愛車と一緒に♪
橋詰めに小さな公園があったため、途中で購入した和菓子を補給食にして
休憩を取り、この後のルート選びをしました。

お昼頃には帰宅したいので、この後は村櫛方面を軽く流し、今シーズン最後となる
浜名湖産生ガキを購入して帰宅することしました。



DSCF9791.jpg
■仕事のための撮影も
現在「ビオトープのある研究所」の設計を担当していますが、クライアントの要望に
近い「湿地」イメージがあったため、打合せ用の資料写真に撮影。



気分転換と仕事と食材調達が出来て、日曜日の午前中としてはとても有意義な
過ごし方になりました。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

映画で母親の脳トレ [ ・映画]

この週末は久しぶりにまとまった自由時間が得られそうだったので、実家に行き、
一人暮らしの母親と映画鑑賞による脳トレをしました。

老化に伴って認知能力の低下が感じられ、これ以上、脳機能を低下させないよう
色々と試みているところで、昨年に思い付いて取り組んでいるのが「映画鑑賞」による
脳トレです。

初めて観る映画の場合、脳には色々な能力が要求されます。

・登場人物の顔と名前、性格、背景

・設定されたストーリーの国、時代、文化、経済状況

・モチーフになった社会問題

映画はおよそ2時間の枠の中でスタートし、エンディングを迎えて、観客を満足させる
エンターテイメントです。

そのため、最初の15~30分程度で上記の説明をし、観客をドキドキさせて疑問を
解決し安堵させる(ハッピーエンドの場合)のが基本的な構成になります。

色々と悩んだ末、今回選んだ映画はコレ。

22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

22年目の告白-私が殺人犯です- ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray
■22年目の告白「私が犯人です」
日本国内での事件で登場人物が少なく、1995年と2017年と言う時代で
ストーリー展開のスピードもそれほど速くなく、ミステリーのため母親でも
楽しめるだろうと思ったからです。


ところが、最初の10分でいきなりつまづきます。
1995年4月28日の法律改正で、死刑対象の場合の時効制度が廃止された(時代背景)
ことから物語がスタートするため、その説明が最初の5~10分でされるわけですが
まずここを理解できません。

母親の表情を見ていて「ん?今のわかった?」と聞くと、「地下鉄サリン事件が
あったのよね?」と物語とはまったく関係無い事を言うわけです。

脳機能が低下により、言葉の理解力が落ちていることが原因だと思います。


その後は、主要な登場人物(5人の遺族)について犯行経過と関係する警察組織が
説明されていくわけですが、またしても登場人物の理解がついていけていないわけです。

その度に、僕がわかりやすく説明をし、巻き戻して観直すと言う手順です。
感覚的には小学生レベルの理解力だと感じています。


嫁さんに報告すると「社会問題と言うテーマが合わないんじゃない?」と言うことで、
それも一理あるなと思ったので、次回はもっとわかりやすいハリウッド映画あたりを
選んでみようと思います。


ちなみに、前回観た「ショーシャンクの空に」は、ほぼ理解できたようで、
映画終了後に見せてくれた笑顔が満足度を物語っていました。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -