So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

薪ストーブの取説と初めての火入れ(その2) [  ・Now_薪ストーブのある家]

薪ストーブの取説と火入れ式の続きです。

さて、いよいよお施主様による「火入れ」となります。

DSCF9478.jpg
■ご主人がマッチで点火
今回は、30cmの長さに切り揃えたコナラの薪を使用し、火室の炉床に
中サイズをまず並べ、続いて細いサイズを井桁を組むように並べ、
最上段部に着火剤を乗せ、マッチで着火する方式としました。

着火させるには、下からの方が効率は良い反面、薪を並べるのが面倒に
なるため、できるだけ楽に着火できる方法を試すことしたわけです。



DSCF9498.jpg
■燃焼開始
最初の燃焼は、ストーブの火室の温度を上げる事を目的としています。

ここで一つ知っておかなければならないことは、木が燃えるという現象について。

木材の燃焼は大きく2段階に分けられ、1段階目は木材を加熱していくと可燃性の
ガスが噴出し着火します。

ガスの燃焼が終了すると、木材は炭素(C)の固まりである炭(スミ)になり、
2段階目に入り、熾火(おきび)として燃焼し、最後に灰が残ります。


また、1段階目の燃焼に入るには、木材に含まれる水分を飛ばす事に熱エネルギー
が消費されるため、薪から無駄なく熱を得るには薪内部まで十分に乾燥させて
おくことが最も重要になります。


【まとめ】薪が燃えて灰になるプロセス
1)着火 ⇒ 2)薪に含まれる水分の蒸発 ⇒3)加熱による可燃ガス噴出
⇒ 4)可燃ガスの燃焼と炭化 ⇒5)炭素の燃焼 ⇒6)灰


こうして、火室内が十分に温まると部屋を暖めたり、料理のための熱エネルギーを
得るための太い薪を投入させることができるという事になります。

太い薪のガス燃焼が完了すると、排気をオーブン側に還流させ、部屋を暖めたり
オーブンの熱源に使用できるわけで、この時になってようやく部屋が温まって
きました。



DSCF9505.jpg
■2階のスタディーコーナー
薪ストーブの上部は吹抜けになっており、2階のスタディーコーナーと主寝室の
床面にまたがって施した木製ルーバーを通して暖気が上って、暖める事を狙いました。


早速、確認してみたところ、ほんわかと足元が温まっていることが確認できました。


とは言え、この説明文章だけでは、ちょっと伝わり難いかもしれませんね。
実際のところは、もう少し長くストーブを焚いてみないと意図した通りの効果となるかは
まだわからないのが本当のところですから、また落ち着いた頃に効果を確認したいと
思っています。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

薪ストーブの取説と初めての火入れ [  ・Now_薪ストーブのある家]

昨年末にお引渡しを済ませた「薪ストーブのある家」ですが、テーマとなっている
薪ストーブの取扱い説明には実に2時間半かかるとのことで、年明けにすることになり
この週末行なわれた取説に立ち会わせてもらいました。

DSCF9498.jpg
■薪が燃盛っている様子
実はこの状態になるには説明を入れながら30分以上掛かっていますが、これはまだ
薪ストーブで暖房モードに至るにはまだ序盤。
木材が燃えるメカニズムから始まり、薪ストーブの構造、段階を踏んで燃焼させるために
3種類の太さの薪が必要なことなどの説明を受けて薪ストーブの奥深さを知りました。



建築設計段階において、様々な指摘があったこともこれで納得できました。
室内解放型の石油ストーブと違い、「煙突」で外部とつながっていると言うことは
室内が負圧になると外気が逆流すると言うこと。
単に給気不足で「酸欠」になるだけでは無いと言うことなんですね。


まずは、今回採用したストーブの構造について。

DSCF9460.jpg
■ピキャンオーブン/オーストラリア製
今回採用されたのは、オーストラリア製のピキャンオーブンです。
暖房と同時に本格的なオーブン料理を楽しめる薪ストーブで、上段部分が薪を燃焼
させる火室で、下段部分は排気熱を循環させることで調理用オーブンになります。



DSCF9463.jpg
■現物を前に説明開始
最初に24時間換気の換気扇をすべて運転させて、空気の流入が無いか確認します。
常時換気による問題が無いこと(給気と排気のバランスが取れていること)が確認できると、
次に、キッチンの換気扇を最大にしてみます。
すると、煙突を通じて外気がストーブ内に逆流してきました。

キッチンの局所換気扇は同時給排タイプにしていますが、気密性が非常に高いため
給気口からだけでは給気量が不足するため室内が負圧になるため、外気が逆流してくる
そうです。
そのため、この状態で火を着けると煙が室内に充満してしまうわけですが、排煙しようと
慌てて換気扇を強くするとそれを助長してしまうため、換気扇を切って室内の気圧を
上げることが必要になります。


DSCF9464.jpg
■用意する薪の大きさ
左から焚き付け用の細いもの、続いて火室内を温めるために必要な中サイズ。
右側の太いものは、火室の準備が出来てから投入するものになります。

僕はキャンプで良く焚き火をしますが、如何に自己流でデタラメだったかを認識
させられましたね(@_@)



DSCF9468.jpg
■薪の置き方説明
まずは楽なスタートの方法にチャレンジしてみようと言うことで、薪の置き方の説明を
しながら。
そのため、この写真では通常とは逆の置き方になっています。



薪が燃えるメカニズムの説明を加えると長くなりますので、続きは次回とさせて
いただきま~す(^O^)/

nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

大きな転換点となった2017年の出来事 [  ・浜名湖周辺]

新年、明けましておめでとうございます。

昨年中は私の拙いブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。
元々は「ひなたCAFE」を開業するまでの記録として、また自分が建築設計を仕事
にするまでの記録として、モチベーションアップのために日々思う事、行っている
事を思うままに書いているブログでしたが、段々とテーマが広がってコンセプトが
あやふやになってきましたが、もうしばらくはこのままの流れで続けていこうと
思っております。


さて、元日の昨日も、毎年恒例浜名湖サイクリングを致しました。

DSCF9463.jpg
■湖西市の海釣り公園にて
大学卒業後、東京本社の建設コンサルタント会社のランドスケープデザイン部門
で景観設計の仕事をしていましたが、結婚後、地方で子育てをしたいと思うに至り、
Uターン転職したのが1998年の2月でした。

それからは、某住宅設備メーカーの商品企画部門で主に新規事業立ち上げに従事して
きましたが、50歳を過ぎたあたりから残りの人生は建築設計の仕事とひなたCAFE、
地域貢献に集中したいと思い、昨年5月末に思い切って退職しました。


その後、無職になりましたが省エネ設計や企画設計から建築設計業務を始めようと
リサーチを行ないましたが、2ヶ月程で需要が無いことを確認し、次の事を考えようと
ハローワークに職業相談に行った際、偶然、建設コンサルタント時代のスキルが
活かせる建築設計事務所の募集が目に留まりました。


スタッフは10名程度ですが、土地開発から始まり土木設計、ランドスケープ設計
公共事業、建築設計・監理を行なう、実務バリバリの建築設計事務所と言うことで
起業するよりも早く目的の仕事に就けることになりました。


元日の浜名湖サイクリングは、自分の将来ビジョンを確認し、その年は何を達成
しようか考えるためにこの19年間行ってきました。

昨年の記事はコチラ ⇒ 10年先を見据えて今年の目標を立てる

ひなたCAFEの開業も、仕事の傍ら住宅設計に携わったのもすべてこのため。
今思うと、大学卒業後に建設コンサルタント会社を選んだのも、このために合った
のかもしれません。


「戦略とは、目標達成のためのシナリオと資源(リソース)の最適配分」

「戦略とは、何をしないかを決めること」

個人であれ企業であれ、目標に対してリソースは常に不足しています。
そのため、持っているリソースをまず現実に認識し、効果的に配分するために、
まず何をしないかを決める事が重要です。

これは住まいづくりにも同じ事が言えます。

造りたい住まい(建築)に対し、自分が使える資源(この場合は資金)はまず
不足します。
そのため、実現しなければならないことと辞める事を見定めることが、成功する
家作りのキモとなります。


僕は、建築設計コンサルタントと言う職業に転向するために、メーカー社員である
事を辞めることにしたのがこの一年間での出来事であり、ひいては19年前に描いた
シナリオと言うことになります。

昨年10月からは、ビオトープのある研究所を始め、アセンブリ機能を持つ物流施設
公共施設の
劣化診断業務を担当させていただき、日々勉強の毎日ですが、これからも
ひなたCAFEのプロデュース遠州地域のブランディングなど興味のある
事を中心に
楽しみながらまい進していく所存ですから、どうぞ楽しみにしていて下さいね~♪

nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:住宅

「ハガキ」の年賀状作成で2日間 [  ・ランドスケープデザイン]

久しぶりのまとまったお休みは、年賀状作成に充てる事にしていました。

この先いつまで「ハガキ」の年賀状が流通するかはわかりませんが、更新が簡単な
WEBではなくできる限り、紙の年賀状を出したいと思っています。
今年は特に、自分の人生における大転換点の年だったこともあり、今までとは
かなり違って情報密度が多い年賀状にしようと思っていました。


しかし、WEBサイトと違ってハガキのサイズは100mm×148mmですから、
フォントサイズや写真の大きさを小さくしても限度がありますし、第一興味を持って
見てもらうことが出来ません。


こう書いていて思ったことは、面倒なことを敢えてやると言うことは、このblogを
書き続けている事と同じで情報整理のためのトレーニングなのかもしれない。


さて、今回の年賀状を受け取ったリアルな友人達は、どのように感じるだろうか?

nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:住宅

自家製天然酵母のロミパン/磐田市上神増 [  ・手づくりジャム屋]

磐田で人気のパン屋さん「ロミパン」さんが新店舗の準備で半年近くお休み
していましたが、この12月2日にようやく新装オープンしました。

この日は「薪ストーブの家」のお引渡しと言う事もあり、お歳暮用に購入させて
いただくことにしました。

DSCF9375.jpg
■自家製天然酵母のロミパン
磐田市上神増にあるご実家に新築されたそうで、石窯オーブンを備えている
そうです。
お店の設計は、建築家に依頼されたそうでロミパンファンの方はオープンを心待ちに
していたようです。



DSCF9378.jpg
■エントランス脇の薪ストック
自然豊かな磐田で、自家製天然酵母と国産小麦、地元食材を使って薪のオーブンで
シンプルに手間暇かけて焼き上げるわけですから、美味しくないわけがありませんね。



DSCF9380.jpg
■開店直後(10時)の様子
店内には美味しそうなパンが続々と焼きあがっていました。
(許可をいただいて撮影させていただいております)



DSCF9390.jpg
■美味しそうなパンの数々
この日は、午前と午後で2組にお渡しする必要があったので、大きなパンと小さな
パンを組合せて2セットを購入し、自宅用とお昼用にも何点か購入しました。


DSCF9391.jpg
■10時の開店に合わせて続々と
多くのスタッフが忙しそうに働いていましたが、出してあったパンがどんどん
無くなっていきますね(笑)

実は、今回の移転からひなたCAFEのジャムをお取り扱いいただけることになり、
ビックリしました。
それまでは、何度かイベントでご一緒する程度で既に他の手作りジャム屋さんから
仕入れられていただけに、まさかお声掛けいただけるとは思ってもいなかった
からです。


ファンが多く、モノづくりの想いが近いロミパンさんから認めていただき、
磐田エリアの方にもうちのジャムを届けやすくなったのは嬉しい限りです。

パンは、真面目に作られていることが良くわかりますから、ファンが多いのも
納得です。
営業時間は18時までですが、売切れ次第終了となりますから、微妙な時間の
場合は事前に確認されるのが確実だと思います。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

内装の一部を残して完成 [  ・Now_薪ストーブのある家]

今年5月末に着工した「薪ストーブの家」も、内装仕上げの一部を残して完成。
入居は来年になりますが、少しづつ家財道具を持ってこれるよう鍵と建物の引渡し
となりました。

工事中はコンストラクションキー(工事用鍵)を使用していましたが、以後は
コンストラクションキーは無効になります。

DSCF9345t.jpg
■全景
外構はまったくの手つかずでしたが、外構屋さんも決まりましたから、
外構工事を一期工事と二期工事に分けて行うことにし、一期工事の内容を
本日決定しました。
二期工事は、入居にあたり必須ではないものですから、春になる前に
ゆっくりプランを確定させることとしました。



DSCF9401.jpg
■サンルームを兼ねて南に面した洗面・脱衣・洗濯室
通常は浴室と共に北側に配置される事が多いですが、家事作業を第一に考え

脱衣→洗濯→乾燥(室内干し)→たたむ

と言う行為を一連の流れでできるようになりますし、寒い冬でも快適に入浴
できるため、入浴がおっくうになりません。


室内干しを重要視したのは、春の花粉時期にも極力花粉を衣類に付けないことと
奥様がフルタイムの仕事になっても時間を気にすること無くお洗濯ができる
ようにするため。

浴室も南側に面していますから、暖かく乾燥しやすいためお掃除も楽に
なることを狙っています。


このあたりのゾーニングは、初回提案のプランが活きています。


そして、この家の顔ともいうべき「薪ストーブ」もいよいよベール(養生シート)
を脱ぎました(笑)

DSCF9409t.jpg
■リビングの薪ストーブ
上部天井面の木製スノコ部分が三尺幅の吹抜けになっていて、暖かい暖気を
ゆるやかに2階のホールと主寝室に届けてくれますから、夜帰宅してストーブを
焚けば、寝る時は暖かなか寝床が迎えてくれることになります。

薪ストーブへの火入れはまだですが、これはかなり期待できると思います。


寒がりな自分にとってあまりにも羨ましい装備です♪

nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:住宅

墨田区・大横川親水公園の撮影 [  ・ランドスケープデザイン]

国立新美術館の「安藤忠雄展-挑戦-」を見終え、「どこでお昼を食べようか?」

と考えながら乃木坂駅に向かい、地下鉄路線図を何気なく眺めていたところ、

「大横川親水公園の写真を撮りたい!」

と思いました。

墨田区の大横川親水公園は、建設コンサルタント会社に入社して最初に担当させて
いただいた物件で、6年近く実施設計に携わり何度も何度も散策した公園。

その中に、自分が入社前に完成したビオトープがあったことを思い出しました。

まずは、最上流部にあたる押上駅(おしあげ)まで。

DSCF9163.jpg
■押上駅から業平橋方面へ
地図を見ると、この運河はこの先で隅田川へつながっているようです。
右手に見えますのは、東京スカイツリー!



DSCF9161.jpg
■東京スカイツリー見上げ
初冬の晴れ渡った青空に白いタワーが良く映えますねー!
前回来た時は、家族でTDLに遊びに来た時の帰り道でしたが、スカイツリーはまだ
建設中でした。

大横川親水公園の設計をしている時は、思いっ切り下町でしたが立派な観光地になり、
多くの観光客で賑わっていてちょっと驚きました(笑)


そんな感傷に浸りながらスカイツリーを右手に見ながら歩いていくと、浅草通りの
業平一丁目交差点に出ます。

「ああっ、ここ!ここ!」

時間を経ても意外に覚えているものです。

DSCF9172.jpg
■大横川親水公園の最上流部「船のゾーン」
最初に言っておきますが、写真映えするように撮影しています(笑)

説明するとちょっと長くなるし、どうでも良い事なのでやめておきますが、
水工部が受注した浄化設備が入る建屋(背後の建築部分)にテーマ性を持たせて
お化粧を施したもので建築以外を担当しました。

設備棟と言うこともあり、建物はどうしても安普請です。
しかも、当時は東京スカイツリーが来るなんて話はありませんでしたからね。



DSCF9164.jpg
■浅草通りからの全景
前回、TDL旅行の際に娘たちに見せたところ「わー、遊びたーい!」と言って
くれましたが、時間の都合で車から見て終わり(笑)



DSCF9165.jpg
東京スカイツリーをバックに
この角度からだとスカイツリーとの位置関係がわかりますよね?

今回20年ぶりに訪れて、やはりどんなモノでも使われてナンボだと思いました。

幾らランドマーク的なデザインを採り入れても、公園としての要素が無ければ
使われませんし、スカイツリーの集客効果もあって利用者も多いように感じました。

そのせいか、古い割には味が出ていて廃墟のようになっていなかったのが
嬉しかったです。



DSCF9169.jpg
桟橋の先の鉄鋼らせん階段の図面は、徹夜して描いたっけ(--;)


DSCF9170.jpg
■浄化した水の吐水口
何てことないディティールですが、公園設計を手伝ってもらっていた外注さんから
もらったFAXを見て、電話しながら深夜に盛り上がりました。

電子メールなんて無い時代、手描きのイラストでイメージの確認をとりながら作業を
進めていったわけですが、ちょうど僕も同じイメージのスケッチをしていました(笑)
僕のスケッチもFAXすると、

「あ~本当だー!じゃ、これで決まりだね~♪」

って感じで分担しながら図面を仕上げていく感じで、クライアント側も違和感なく
受け入れられたと記憶しています。
工事の発注が迫り、時間が無い中での設計作業で大変ではありましたが、楽しく
乗り越えることができたと思います。



設計やデザインの仕事って、いずれ誰かがやるわけだし、それを考えたのが誰なのか
なんて言うのは利用者にはまったく関係ない話ですが、想いを込めてやった仕事
違和感なくその場にあり続けるものですね。

nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:住宅

引き渡し前の撮影 [  ・Now_薪ストーブのある家]

昨年2月から始まった家づくりも一部を除き、いよいよ完成間近となりました。

お引渡しの日はバタバタしたり、天気が悪い事もありますから、土曜日は快晴だった
ため、思い立って「外観」と「室内の一部」を撮影しておくことにしました。

DSCF9333.jpg
■2階 スタディコーナー
ワーキングカウンターの奥が南側で窓から暖かな日差しが差し込んでいます。
黒く見える筒状の物は、薪ストーブの煙突で1階だけでなく2階も暖めてくれます。


今回の新たな取り組みがコレ。

DSCF9334.jpg
■吹き抜け部分のスノコ
1階リビングにある薪ストーブの暖気を2階に上げる機能に加え、採光を得ると共に、
1階と2階で分断しがちなコミュニケーションをゆるやかに確保する狙いがあります。

「ホームシアターの家」では2階と3階の「廊下」に設けたため、FRPグレーチングを
採用しましたが、今回はスギ材によるスノコとしています。


右側の対面側の室が主寝室となっているため、1階の暖気は主寝室も暖めてくれますから
焚き木のエネルギーを最後まで余す事なく引き出す事ができると思います。

nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:住宅

2017年 安藤忠雄展-挑戦ー [  ・学んだこと]

9月27日~12月18日まで東京乃木坂の国立新美術館で開催中の国立新美術館
開館10周年記念安藤忠雄展ー挑戦ー」を見てきました。

DSCF9150.jpg
■光の教会の原寸展示
交通費を使ってはるばる行ったのは、これを体験したかったから!

安藤忠雄展に行くのは、今回で2回目ですが一般のお客さんで一杯でした。
建築と言うよりも、安藤さんの言葉によるところが大きいのだと思います。


個人的には、20数年前の展示会の方がプロ向けと言う感じで得られるものは
多かったですが、長年疑問に思っていたプロジェクトの経緯がわかったのは
良かったです。



DSCF9160.jpg
■光の教会 外部
屋内の展示物は撮影できませんが、こちらは撮影OKです。
会期はあと10日あまりですが、もし行こうと思っていたのに忘れていた人は
今週と来週がありますから、時間を作って行ってみては如何でしょうか?

nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

家族の手形と足形つけ [  ・Now_薪ストーブのある家]

工事も順調に進み、完成、お引渡しの日程が確定し、お施主さんのご希望でご家族
全員の「手形」と「足形」を玄関ポーチに入れる事になりました。

青く澄み渡った週末、左官屋がモルタル塗りしたところへ、今年7月に生まれたばかりの
次男さん、長男さん、奥さん、ご主人の順で足形を付けていきました。
DSCF9264.jpg
■まずは足形から
子供の成長は早いですからね~。
うちも身長の印を付けようと思っている内に成長してしまい、今では
嫁さんを抜いてしまいましたから、こう言うのは後で良い思い出になると思います。



DSCF9300.jpg
■そして手形
モルタルがちょうど良い加減に固まってきたタイミングで、綺麗に手形が
とれました。

そして、割りばしで日付け入れ。

丁度、次男が産まれた年の住まいの完成。
次男の年齢が、住まいの年齢になるわけですね(^^♪



DSCF9265.jpg
■ちょっとだけ外観
2階バルコニーの杉板が良い感じに仕上がりました。

残すは、薪ストーブとウッドデッキ、トレリスの施工で完成です。


外観全体や内部のご紹介は完成してからにしようと思います。
お楽しみに~♪

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -