So-net無料ブログ作成

【古い町並み研究】近江八幡 八幡堀編/滋賀県 [  ・近畿エリア]

古い町並み研究の旅シリーズの第2回は、滋賀県の「近江八幡」です。
DSCF7530.jpg
■瓦ミュージアムの脇を流れる八幡堀
近江八幡市は、豊臣秀次が築いた城下町を基礎とした町で、秀次が推奨した
楽市楽座のお陰で商業的にも成功したそうです。

この八幡堀も、本来は城を取り巻く掘割ですが、本来は防御のための掘割を
商業の発展のために活用したようです。

高度経済成長期に入ると、堀を埋め立てようと言う機運に飲まれそうになりながら、
「埋め立てたところから後悔が始まる!」と言う合言葉の元に清掃活動が始まり、
現在のように観光資源として活用されるようになったそうです。



ご存じのように僕は「水」のある景色が好きですから、自然と水が調和された
町に足を運ぶことが多いです。
そんなわけで、今回の記事は近江八幡の中でも「八幡堀」の景色を中心に紹介
したいと思います。



DSCF7661.jpg
■映画やドラマのロケも
NHK朝ドラ「あさが来た」で、ヒロインあさのお姉さんが嫁ぐ時のシーンを
撮影したそうです。



DSCF7662.jpg
■水際の散策路
ここに来る前に街中を歩いて小腹が空いたので、近江牛のコロッケを頬張りながら。



DSCF7665.jpg
■観光船による八幡堀めぐり
航路は「和でん乗船場」⇔「日牟礼八幡宮前」⇔「新町通」⇔「赤レンガ工場跡」
所要は35分、料金は大人1,000円、小学生500円、幼児無料(2017年6月現在)



と言うわけで、今回は「八幡堀」を中心にご紹介しました。
次回は、本来の町並みを少しだけご紹介したいと思います。

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 6

コメント 1

浜松自宅カフェ

⚫︎AKIさん、@ミックさん、鉄腕原子さん、jun-arさん
nice、ありがとうございますm(__)m
by 浜松自宅カフェ (2017-06-27 08:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました