So-net無料ブログ作成
検索選択

【中篇】TEDxHamamats2016レポート [  ・学んだこと]

今回はTEDxのメインコンテンツである、TEDトークの様子についてです。

DSCF5417.jpg
■会場の様子
スピーカーはステージに登壇し、広める価値のあるアイディアについて20分弱の
トーク中心のプレゼンテーションを披露するわけですが、スピーカーの背面には
大きなスクリーンが配置され、トークの内容をサポートする映像が映し出されます。

そのため、TEDxを開催するにはこのような講堂が必要になります。

 

DSCF5418.jpg
■ヒーロー登場
昨年のスピーカー達をヒーローと呼び、拍手の仕方説明やトークを盛り上げるための
お願いを担当することになったようです。

昨年、彼らのトークを聴いていますし、facebookや新聞などで彼らの活躍を見て
いますから、「誰だっけ?」と言うようなことはありません(笑)

 

DSCF5425.jpg
■オーガナイザーの河口哲也さん挨拶
この方なくしてTEDxHamamatsuは実現しなかった!
まさにTEDxHamamatsuの発起人です。

2020年からの浜松を考える、フューチャー・セッション浜松の場で一緒のテーブルで
ワークを行ないましたが、ナチュラルでフレキシブルな思考の方だと思いました。

 

DSCF5436.jpg
■ブレイク1を終え、セッション2の直前
スピーカーによるトークは、「セッション」と言う時間帯で2名づつ行なわれます。
1時間程度のセッション1が終わると1時間のブレイク(休憩)があり、
パティシパント(参加者)同士の交流が図られます。

 

DSCF5441.jpg
■すべてのトークが終了
どのスピーカーさんも、凄い個性の持ち主ばかりでした。
私の後ろに座っていた学生と思しきパティシパントも、「寝ずに聴けた!」
と感心していました(笑)

どのスピーカーさんのお話も面白かったですが、個人的に一番共感したのは、
左から3番目のプロカメラマン杉山雅彦さん。

また、外国人ながら漢字検定1級ホルダーのブレット・メイヤーさんによる、
魑魅魍魎(ちみもうりょう)の覚え方がとても楽しかったです(笑) 

 

DSCF5451.jpg
最後はお約束の「X」ポーズで記念撮影
この後、バスで浜松駅前の「ソラモ」に移動し、アフターパーティとなります。

個人的にご挨拶したかったのが、右から3番目の女性「佐藤真琴」さん。
2016リオ・パラリンピックで4×100mリレーの銅メダリスト「佐藤圭太」さん。

佐藤真琴さんにはアフターパーティーの場で声をかけさせてもらい、話を聞いて
いただいたのですが事のほか喜んでくださいました。 

 

そんなアフターパーティの様子は、次回とさせていただきます・・・。 


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

TEDxHamamats2016のテーマはFUSION(融合) [  ・学んだこと]

TED(テド)と言うと、某国営放送の深夜番組「スーパープレゼンテーション」
YouTubeの無料動画をイメージされる方が多いと思います。

一方、TEDx(テデックス/テドエックス) は、価値あるアイディアを世に広めると言う
TEDの精神を受け継ぎ、

Technology(技術)、Entertainment(エンタテイメント)、Designe(デザイン)の
3つの分野からスピーカーを集めてトークを披露するフォーマットを継承し、TEDの
ライセンスを経て、各地で開催されるイベントのことで、TEDxHamamatsuは文字通り
浜松の地で開催されます。

 

スポンサー(パートナーと言います)からの援助を得るものの、ボランティアスタッフに
よって運営されるためとても負荷がかかりますから、毎年開催されるのが当たり前
ではありません。(実際、とても大変だそうです。。。) 

それゆえ、応募すれば誰でも参加できるわけではないようですが、幸いにも今年も
パティシパントとして参加することができましたので、前編と後編の2回に渡って今回の
TEDxHamamatsuの様子を報告したいと思います。

DSCF5406.jpg
■TEDと言えばコレ
会場は今年も、静岡文化芸術大学
11時の受付け開始と言うことで、11時にチェックイン。
昨年はカンファレンスギリギリの受付けでちょっと失敗したこともあり早めにね(笑)

 

DSCF5405.jpg
■入場チケット
参加費用を支払うとパスワードが発行されます。
「Peatix」と言うアプリをインストールし、ウィザードに従って登録し、パスワードを
入れると電子チケットとなります。

あとは、現地に到着し画面に従って、ワンタッチするとチェックイン完了。
スタッフが手首にリストバンドを巻いてくれ、ネームタグやバッグ一式を受取り
ます。

 

DSCF5413.jpg
■今回のスピーカー
今年も選ばれた6名が15分程度のトークをされるわけですが、 存じ上げて
いた方は2名だけ。

さてさて、今年はどんな素晴らしいトークが聴けるでしょうか?

 

後編に続く・・・。 

 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

基本設計の初回打合せ [  ・新プロジェクト]

新プロジェクト「ふつうの家」は、基本計画の完了が8月上旬。

夏季休暇直前に基本設計に入る前の打合せを行ない、1ヶ月程度の作業時間を
いただき、 基本設計の初回打合せを行ないました。

DSCF5401.jpg
■1階平面図抜粋
Plan1で最初に提案した南に面した浴室と近接して設けたサンルーム。

共働きの忙しい奥様のために、家事動線を短くし、効率的に行なって自由な時間を
創出しつつ、毎日の入浴を楽しめるように計画しました。 

 

また、通常浴室は北側に配置されることが多いため、暗く、寒くなりがちですが、
お日様の光を採り入れて、明るく暖かく、常に乾燥させておき浴室掃除の手間も
削減することができるでしょう。

 

その上で、耐震性能、十分な断熱性能を満たし、普通に快適な日常を過ごせる
ように配慮しました。

この後、基本設計を進めて概算工事費を見積り、仕上げ材や設備のグレードを
詰めて行くことになりました。

 

多少ゆっくりですが、1歩1歩確実にクライアントの夢実現に向かっています。 


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ライフスタイル誌「BARATEE」で紹介されました♪ [  ・掲載メディア]

ひなたCAFEがカフェ営業していた頃は、フリーペーパーだけでなく雑誌にも掲載して
いただきましたが、ジャム屋に転向してからは新聞掲載はあっても商業誌で紹介
いただいたことはありませんでした。

ところが今回、突然の取材申込みをいただきまして、とてもオシャレなライフスタイル誌
「BARATEE(バラッティ)」 vol.8「おいしい、パンとコーヒー」特集にて紹介されています。

DSCF5390.jpg
■BARATEE(バラッティ)vol.8
発売は本日2016年9月20日。
実は、 「昨日かな~?」と思っていたため、妻とTSUTAYA佐鳴台店に探しに行った
ばかりでした(笑)

通常、取材協力すると献本として1冊送っていただけることが多いですが、

「今回はお店も多いしそうでは無いのかも?」

と思って、書店に行ってみたわけですね。 

 

今日は、OG邸の基本設計の打合せだったのですが、妻からメールがあり

「BARATEE届いたよ!」

と連絡を受けて、拝見するのを楽しみにしていました。 

 

DSCF5391.jpg
「バラッティがどうしても教えたい静岡の、お店・モノ・人」

のコーナーにジャムのお店としてご紹介下さいました。(ナゼ?)

毎度のことながら、取材をお受けして校正も確認させていただいていますが、 
紙媒体で紹介されるのは嬉しいものです。

たくさんあるお店の中から、うちを選んでいただき、わざわざ取材にいらっしゃる
わけですから、掲載誌が発売されると

「たくさん売れますように~♪」 

と他人事ながら思ってしまいます。 

 

雑誌「BARATEE」は静岡県内の谷島屋さん、戸田書店さんの他、代官山蔦屋書店さん
湘南蔦屋書店さんでも置かれるそうですから、関東在住の方はぜひとも一度お手にとって
いただき、できたらお買い上げいただけますと幸いです<(_ _)> 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

自然体験が子供を育てるはず! [■浜自家の子育て]

浜松も台風の影響でまとまった雨が降った後でしたが、長女も次女も予定が
無かったことから、やはり行ってしまいました。川遊びに(笑)

DSCF5328.jpg
■増水した川で流れて遊ぶ娘達
楽しくて、気持ちよくて、美味しい体験が出来るわけですから、思春期を迎えた
娘達でも普通に遊んでくれます。

だって、僕が連れていかないとこの体験が出来ないわけですからね。

 

DSCF5334.jpg
■対岸に渡る娘達
幾ら浅瀬とは言え、一部は深くて危険な場所もあるし、増水していますから
流れも強くなっています。

ですから、娘達にはライフジャケットを着用させていますが、それだけで安心しては
いけません。次女がこの場所で遊ぶのは今シーズンは3回目。

 

DSCF5335.jpg
そのため、次女はどこが危なくてどこが危険なのか分かっていますから、
姉よりも先にどんどん入っていき、流されながら対岸に泳ぎ着きました。 


うちの娘達は0歳児の頃から毎年必ず体験させていますから、ここの緑、空気、水
の匂いや温度がスリル体験と一緒に脳の奥に刷り込まれているはず。

 

これから数年後か数十年後、娘達が大人になった時にふとここでの体験を
思い出して戻ってくるかもしれません。僕自身がそうだったように・・・。


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

リレー選手に選ばれた娘の特訓! [■浜自家の子育て]

中3の長女が今月開催される運動会のリレーメンバーに選ばれたそうです。

何でも長女のクラスには陸上部がいないらしく、50m走ではクラスで一番速い長女が
200mの距離を担当することになったらしい。


しかし、無呼吸で単純に速く走ればよい50mと違い、短距離とは言え200mでは
根本的に走り方が異なります。

200m走は、加速と巡航を意識してトータルで速く走る技術と根性が必要ですが、
当然、そんなことを意識したこともないでしょうし、意識できたとしても自分の体力に
合わせて走ることはかなり難しいと思います。


他のクラスは、毎日走っている陸上部から出るようですから、このまま何もしないで
本番を迎えた後の長女の落ち込みが容易に想像できることから、

「200mの練習をしようか?」

と長女に提案してみたところ、

「お願いします!」とのこと(笑) 

 

そんなわけで、市営四ツ池公園陸上競技場サブトラックに行って特訓をしました。

DSCF5366.jpg
■トラックを走る長女(笑)
200mはスタート時の加速、そして速度を落とさないよう巡航するペース配分、
さらに距離に負けない気力が必要だと考えました。

そのため、250mのインターバルトレーニングで追い込み、短ダッシュで加速時の
フォーム作りを試みました。

野球、サッカー、バスケなど昭和世代の根性系部活経験者はお分かりだと思いますが、
卓球部だった長女にはかなりしんどかったようです(笑)


それでも心を鬼にして、「良いからやれー!」と走らせました。

 
短ダッシュは、僕が大学の体育会少林寺拳法部でやらされた練習でしたが、加速力を
鍛えるには良い練習方法だと思ったので試してみたわけですが、

「前傾姿勢で走れ!という意味が分かった!!」

と嬉しいことを言ってくれました。


準備運動から始めて、たかだか45分間の特訓でしたが、終了後、

「ありがとうございました!」

と、コーチ役の父親に挨拶できたのは我が娘ながらエライと思いました。

 

平日は仕事で特訓できない長女は、「陸上部の友達と一緒に走ることにしました!」
と自ら意識を変え、行動を変えたようです。 

これだけでも、リレーメンバーに選ばれた意味があったと思いますね~。 


nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今シーズン最後の川遊びかな? [  ・浜松近郊の川遊び]

9月に入り、朝夕はすっかり秋の気配になってきましたね♪

しかし、まだ日中はしっかりと残暑が残っていますから、晴れて暑くなればまだまだ
川遊びが楽しめますから、小6の次女を誘って二人で川遊びに出掛けました。

DSCF5291.jpg
■タープ設営完了
この日は鮎釣りの人が3人ほどいただけで、川遊び組はたった3組。
偶然にも1組はいつも「森のたまご」に参加下さっている、Nさんご家族でしたが、
9月に入ったとは言え、残暑厳しい土曜日の状況です。 

たった数人だけでこの景色とフィールドを堪能できるのが何とも言えないんですよね♪

 

DSCF5303.jpg
■Nさんの長女とうちの次女
やはり女の子ですから、小さい子供は可愛いらしく面倒をみてあげながら
楽しく遊んでいました。

 

DSCF5289.jpg
みんなで仲良く流れる~♪
ご覧のように手前側は水深が浅いですから、小さな子供でも比較的安全に
遊べます。

また、それなりに流速もありますから、流れる遊びは十分に楽しめました。

 

DSCF5309t.jpg
大人も流れる・・・
男女でいらしていた3組目の方は、交互に川に流されて自然を堪能している様子。

私と同じように楽しんでいる大人もいるものなんですね(笑) 

 

こんな遊びやすい場所ですが、そこはやはり自然の河川です。

楽しくなったNさんの長女さん。

ちょっと冒険してみたくなったのか、私の次女がいる対岸に向かおうとしたところで、
浮き輪のまま流されてしまいました・・・。

「ママー!ママー!」

と泣き叫ぶ娘さんをお母さんが追いかけますが追いつけません。

あのまま浮き輪のまま流されていけば、すぐに浅瀬に流れつく状況でしたが、
幸いにも鮎釣りの方に捕まえてもらい事無きを得ましたが、かなり恐かったようで
それからは流芯には入ろうとしませんでしたね。

 

お父さんも、「これも経験ですから!」とおっしゃっていましたが、 安全な状況で
恐い思いをしておくことも重要な経験なんですよね。

しかし、僕の経験上、溺れるときは「一瞬」と言うことを体験していたため、
ライフジャケットの着用をお勧めしました。

丁度、もう小さくなった子供用ライフジャケットが余っていたことから、後日差し上げる
ことに致しました。 


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「フューチャーセッション in 浜松」の成果発表会 [  ・プロデュースの仕事]

2022年あるべき浜松の姿を探るためのワーク、「フューチャーセッション in 浜松」
6~7月の計3回、延べ1.5日間にそれぞれ60人近い参加者の想いを集結させて行なった
成果発表会が行なわれました。

DSCF5251.jpg
■浜松にぎわい協議会 河合さんのご挨拶
今回の成果発表会は、セッションのファシリテーターを務められた東芝さんとリコーさん
が代表して行ないました。

 

DSCF5254.jpg
■フューチャーセッション初日のレジュメ
フューチャーセッションが始めての方のために、目的とプロセスの簡単な説明があり、
2日目、3日目のワークで得られたアウトプットの内容を説明していきました。

こんな感じで20枚弱のスライドにまとめられたものを、約1時間で説明していきます。

まとめのスライドはこの日初めて拝見しましたが、僕ら参加者は丸々1日半ドップリと
使って話し合っていますから、内容についてはまったく違和感はありませんでした。


僕達のチームがまとめたアイディアを説明終えたところで、

「こんな説明で間違いなかったでしょうか?ムラマツさん!」

とのいきなりのフリ(笑)

いや、もちろん間違いないですが、全8チームのアイディアを上手く代弁されるものだと
感心して見ていました。

 

ところで、今回の成果発表会のメインゲストは、鈴木康友浜松市長でした♪

DSCF5279.jpg
■市長コメント
フューチャーセッションのプレゼンを一通り受けてのコメントをいただきました。
嬉しかったのは、僕らのチームのアイディアについてポジティブな言及をされたこと。
励みになりますね。


フューチャーセッションも、1stステージが終了したばかりで、まだフレームワークの段階。
最終的には具体的なビジネスとしてまとめなければならないですから、まだまだ!
でも、面白いので主体者として取り組んでいきたいと思っています♪
 


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

まだ残っています!上棟式のお餅投げ♪ [  ・友人の家]

2007年より毎年、30人弱の新社会人向けに「建築の基礎講座」を担当しています。

その中で「上棟式のお餅投げ」の説明をするわけですが、体験したことがあるかどうかを
聞くと、体験したことがある人は多い年でも1/5で、少ない年だと1/10程度と言う状況。

お施主さんにとって、「家を建てること」がいかに大変なことかを教えると共に、
それだけに家が実寸で組み上がる「上棟」が、お施主さんにとっても建築屋さんにとって
大きなハレの場面であることも教えています。


写真だけでなく動画も使ってできるだけ臨場感あるように伝えてはいますが、体験して
いない人には今ひとつピンと来ないもの。

家を新築する友人がいて、上棟日が日曜日でお餅投げもされると聞いたため、

「上棟式のお餅投げを体験できるよ~♪」

と声をかけて、体験をさせることができました。

DSCF5226.jpg
■施工中の現場
浜松市北区の三方原地区でご覧のように農地が広がる長閑な土地。

 

DSCF5227.jpg
現地到着は午後4時だったこともあり、現場はまさに追い込みの真っ最中(笑)
これは投げ餅お菓子をクレーンで揚重しているところ。

 

DSCF5236.jpg
■祝い酒
私は、最近とてもお奨めの地元「花の舞」の純米酒で作った梅酒を用意しました。
ロックでいただくととっても美味しい梅酒なんです。

 

さて、そうこうして待っているとワラワラと人が集まってきます(笑)

DSCF5228.jpg
手にはもちろんレジ袋♪

 

さあ、始まるよ~!

DSCF5230.jpg
既に臨戦態勢ですね!

お餅は立って取るものではありません(笑)
この時ばかりは、お年寄りも信じられないスピードで動き、落ちたお餅を
かき集めていきます。

お餅を投げている時の雰囲気は言葉にはできませんね。


終わった後で、「どうだった?」と聞くと、

「まったく想像できませんでした!」

「でも面白かったです♪」 

と言う感想。

まずは体験することが重要なんですね。


拾ったお餅を食べる時は、焼いてはいけないことなど基本的なマナーも知って
もらえましたし、きっと良い勉強になったと思います。 


nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅