So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャム作りを通じて浜松と遠州地域のプレゼン [  ・手づくりジャム屋]

11/26(土)の午後、池袋の東京芸術劇場2階で、Scotland Day in Tokyo 2016
が開催されました。

DSCF5989.jpg
■東京芸術劇場 アトリウム内部
4部構成のうちの第3部ペチャクチャナイトで、「ひなたCAFEさんには、マーマレードの
魅力についてトークをして欲しい」
と言う依頼をいただきました。

ひなたCAFE代表の妻への依頼でしたが、「私がやったら大惨事になる~!」と言うことで
広報担当の私がお話しすることになりました(笑)

 

DSCF5974.jpg
■PechaKucha20×20 プレゼン中
ペチャクチャナイトとは、代官山蔦谷書店を設計したことで知られる建築家の
「クライン・ダイサム・アーキテクツ」が考案したプレゼンスタイルで、1枚のスライドにつき
20秒間、スライド20枚、計400秒(6分40秒)でトークを終えると言うもの。

1枚のスライドがパワポのタイマー機能を使って自動的に切り替わる設定になっている
そうですが、話し慣れている方達もなかなか苦労していました(笑)


正直、どれくらいの参加者がいらっしゃるのか運営側もまったく予測が付かなかった
ようですが、予想外の来場者があってちょっと驚きました。

 

DSCF5970.jpg
会場の様子はこんな感じ。
この画像は、他のプレゼンターの時のものですが、途中休憩を挟んだ私の番でも
変わらず、左後方には立ち見の方もいらっしゃいました(@_@;)

 

「マーマレードの魅力について」

との依頼でしたが、それについては冒頭の15秒で説明を終え、

ひなたCAFEがどんな想いでマーマレードを作っているのか?

なぜ浜松なのか?

を何となく伝わるよう説明しました。

DSCF5018.jpg
■天竜の美しい山と川/浜松の自然(その1)

 

DSCF4695.jpg
■綺麗な水の川/浜松の自然(その2)

 

DSCF5721.jpg
■奥浜名湖に広がるミカン山/浜松の農業(その1)

 

DSCF5902.jpg
■柑橘農家を訪問/浜松の農業(その2)

 

DSCF5878.jpg
■珍しい柑橘/浜松の農業(その3)

こんな画像を使用し、人間が人間に話すわけですから、論理的と言うよりも感情の
奥深くに訴えるようにお話ししたつもりです。

 

これらの画像の他、スピーカーである私のプロフィールと概要説明を送ったのが、
締め切り前夜の午前3時。
それでも、他のスピーカーの中でも早い方だったそうです(笑)

20秒で1スライドの説明と言うのはじめての経験で不安な面もありましたが、
トーク中の会場の様子はどよめきが聞こえたり、大きく頷きながら聴いて下さる方が
多くて、僕達の考えが間違っていなかったと確信できました。


終了後のパーティーへのインターバル中、

「一番良いお話でした!」

「大変興味深く聞かせていただきました!」

「どうしたらマーマレードが買えますか?」

と何人もの方からお声掛けいただき、フライヤーをお渡しできましたし、
何よりも中々できない貴重な体験をさせていただいたと思います。 


廃校の跡地利用計画 [  ・ランドスケープデザイン]

「ちょっと相談があるんだけど!」と地域プロデューサーのSさんから。

「見てもらいたい現場があって、近いうちに行けないかな?」とのこと。

「何だかわからないけど、面白そうだから良いですよー♪」と2つ返事で決め、
朝10時半に待合せをして、クライアント含めて3者で問題の共有をした後、
実際の現地へ。 

DSCF5944.jpg
■中山間地の小学校跡地
村民の人口減少で統合し、1年半前に廃校となった小学校跡地。
正門の脇には、樹齢数十年の立派なモミの木がありました。

平成の大合併で、合併した市役所の財産になるわけですが、跡地利用について
地元の自治会長に打診があったそうです。

残った校舎は旧耐震基準と言うこともあり撤去し、跡地を中山間地活性化のために
再整備したいそうです。


市側の思いつきのアイディアと、跡地利用の指定管理者となる予定の民間側。
その橋渡しをするのが友人でもある地域プロデューサーのSさん。

僕が地域プロデューサーのSさんから求められているのは、Sさんが描くビジョンと
コンセプトを共有し、利害関係者との合意形成を図るための絵を描くこと。


ランドスケープデザイナーとしての僕の経歴を知っていることから、時々こんな
依頼をいただきます。

計画地には十分に魅力があり、「これはイケそうじゃない?」と僕とSさん。
行政と地元がワクワクするようなプランを創って、地域活性化につながればこんなに
嬉しいことはありませんね♪


予算も付きそうですから、実現に向かって積極的にお手伝いしたい思いました。

 

DSCF5939.jpg
■立派な夏みかん?
廃校になって1年半。放置されていたミカンの木には夏みかんがタワワに実っていました。
無農薬自然栽培のはずですから、これで美味しいマーマレードを作ってみようと
思います。


上手くいけばこれも魅力的なコンテンツになるかもしれないので、関係者に試食して
もらおうと思っています。 


みんなの森ぎふメディアコスモス(内観) [■建築探訪]

今回も、伊東豊雄建築設計事務所の設計による、岐阜市立図書館の複合施設
「みんなの森ぎふメディアコスモス」の体験記です。

今回は、2階にある公立図書館部分の内観のご紹介です。

DSCF5772.jpg
■2階の図書館内部
はじめてご覧になった方はかなりビックリされたと思います。 
うねる木製の天井も驚愕ですが、「上部にある漏斗のような形状のアレは一体何?」
と思いますよね~。

 

DSCF5787.jpg
■名称は「グローブ」
主な機能は、トップライトからの光の拡散と春秋の中間期における重力換気を誘導する
ためのダクトとなるようで、素材は自己消火性のあるポリプロピレンの網にドット柄を貼り
込んであるそうです。

 

DSCF5799.jpg
■グローブ内の見上げ
トップライトからの自然光をやわらかく拡散してくれるていますね。
このドット柄をすべて確定する作業量を考えただけでも、気が遠くなりそうです・・・。

トップライト部分は可動式になっており開放すると、暖まって軽くなった空気が上部へ抜けて
いくわけですが、それがキチンと機能しているそうです。

このグローブのお陰で、同規模の建物と比べて空調と照明の消費エネルギーは半分に
低減できているそうです!!!

 

さらに・・・

DSCF5775.jpg
■「ゆったりグローブ」の内部
グローブは、空調ダクトであり、天井からの自然光を拡散させるシェードである
だけでなく、空間をゾーニングする機能も持っています。

 

DSCF5777.jpg
■ゆったり座れるベンチ
実際に座ってみると座面はかなり硬くて、腰を落としたところ「ゴツン!」と言う音が
して少し痛かったです(笑)

ご覧のように上部にある「グローブ」が、蚊帳(カヤ)のように囲んでくれているお陰で
安心感と言うか包まれている感じがしてとても心地良かったです。

これでテーブルに美味しい珈琲を持ってきて飲めたら言うコトなしです。

 

年間利用者数は、100万人を超えたそうですがご覧のように席数にもゆとりがあり、
気持ちよく利用できました。 

DSCF5781.jpg
■窓際の「閲覧デスク」
間近に迫る山を観える閲覧デスクには、たくさんの若者が陣取って勉強をしていました。
「みんなの森ぎふメディアコスモス」の開館により、新規登録者数1万6,500人増え
その40%が22歳以下だと言うのも頷けます。 

 

この施設は、70社からの設計コンペで選ばれた案だそうですが、良く現できたものだと
感心しきりです。 

全国からの視察も多いのも頷けますが、建築が好きな方は是非一度足を運んでご自身で
体験していただけたらと思います。


みんなの森ぎふメディアコスモス(前編) [■建築探訪]

昨年、2015年7月18日(土)に開館した岐阜市立図書館を核とした複合施設である、
みんなの森ぎふメディアコスモスを訪問することができました。

日経アーキテクチュアの記事でこの建物のことを知り、非常に衝撃を受け、気候の良い
時期に訪れたいとタイミングを図っていましたが、この時期の隙間を狙って半日ほど
空間を体験してきました。 

DSCF5805.jpg
■ファサードとメインエントランス
左手の黒い屋根の建物は、カフェスペースとなっていて今年4月からスターバックスが
3ヶ年の契約で運営しているそうです。

新館のオープンに伴い昨年閉館した旧本館は、築50年を経過していたようで蔵書数、
床面積、駐車場などが整備されていなかったことから、年間の利用者数は5万人程度
だったそうです。


そんな問題を抱えていたとは言え、新たに開館した新図書館の年間利用者は100万人
を超え、新規登録者は1万6,500人でその4割は22歳以下だそうです。(wiki情報)
延べ面積が旧館の2,000㎡から9,400㎡の4.7倍になったとは言え、利用者を20倍にする
には面積や蔵書だけでは実現できません。


建築については、とても意欲的な取組みがなされており、それだけでも十分に訪問する
目的になりますが、企画段階ではなかなか理解され難いもの。

スタッフ数も20人から71人と大幅に増えていますから、運営費の増加も問題視されたかも
しれませんが、利用者数と利用者の声があればそれも問題にはなりにくいでしょう。

 

DSCF5816.jpg
■ランドスケープ
元ランドスケープデザイナーとしては、こういうところも着目していました。
丁度紅葉の時期だったこともありますが、とても気持ち空間に仕上がっています。


後編では、建築の内部空間について触れてみたいと思います。 


苦節5年!自家栽培ライムの初収穫♪ [  ・家庭菜園]

今年5月に「ライムの実成長中」と言う記事をアップしました。

栽培5年目にしてようやく明るい兆しが見えてきたことを喜んでいた記事ですが、
今年は初めて10個だけですが自家栽培のライムを収穫することができました!

DSCF5744t.jpg
■自家栽培のライム 
11/6現在、大きいものは直径6センチほどの大きさに育ってくれました♪
内部にはレモンとは異なる、酸っぱくて香り高い果汁が詰まっていますよ。

 

今回は、試しに2個だけ収穫し、嫁さんのリクエストからカクテルの「モヒート」
作って、収穫を祝うことになりました。

DSCF5754.jpg
■モヒート
【材料】
 1.ホワイトラム ・・・ 30ml
 2.スペアミントの葉 ・・・ 12枚
 3.ライム ・・・ 1/4個縦割り
 4.お砂糖 ・・・ お好みで
 5.クラッシュアイス ・・・ グラス1/3程度
 6.炭酸水 ・・・ 適量

【作り方】
 ・グラスに2~4を入れて潰して香りと引き出す。
 ・ホワイトラムとクラッシュアイスを加えて混ぜる。
 ・グラス8分目まで炭酸水を入れて、軽くステアする。


輸入農作物の殆どは海上輸送のためにポストハーベスト農薬と言って、収穫後に
防カビ剤や殺虫剤などの農薬を散布しています。
国産ライムは生産量が少ないため、自家栽培しようと頑張っていたわけですが、
ようやく可能性が見えてきたわけです。


浜名湖とミカン山の撮影&告知 [  ・浜名湖周辺]

今月11月26(土)13時~20時半、東京池袋駅前の東京芸術劇場2階特設会場にて

スコットランドが面白い!

と題して「スコットランドディ in 東京 2016」が開催されます。

全部で4部構成の催しなのですが、第3部の「ペチャクチャナイト」では様々なジャンルの
プレゼンター11人がスコットランドをテーマにしたスライドトークを繰り広げます。


その中の一人として、 「マーマレードの魅力」と題してひなたCAFEを代表して私が
20枚のスライドで6分40秒のスライドトークを担当することになりました。

プレゼンの内容はまだ骨組みだけですが、

・マーマレードはなぜ美味しいのか?

・ひなたCAFEがどんな環境でマーマレードを作っているか?

・なぜ国産、地産にこだわるのか?

・なぜ非効率な手作りマーマレードなのか?

など、楽しくわかりやすくお伝えしたいと思っています。

 

そのため、ひなたCAFEの置かれている地理的な環境を知ってもらうために、妻とドライブ
がてら浜名湖を回って写真撮影をしてきました。

DSCF5736.jpg
■天竜浜名湖鉄道「寸座」駅からの眺め
「寸座」と言う地名は、ちょっと(一寸)の時間、座って浜名湖を眺めることから付いた
そうですが、昔であれば景観の邪魔になる電柱も無かったでしょうね。

 

DSCF5713.jpg
■みかん畑と浜名湖
春のサイクリングイベント「ぐるっと浜名湖サイクルツーリズム」で何度か走ったことが
あったので、ここの景色も一応押さえておきました。

ミカンの木の殆どは、三ヶ日みかんに代表される温州みかんですが、今朝の静岡新聞
朝刊によるとこの日は丁度、極早生みかんの出荷がスタートした日だったようです。

 

プレゼンのスライド画像をこれから選んでストーリーの肉付けをするわけですが、
楽しくわかりやすく、マーマレードを通じて浜松や浜名湖の魅力を発信できればと
思っております。