So-net無料ブログ作成
検索選択

喫茶店での経営会議 [  ・手づくりジャム屋]

1月中旬に都内本社のある企業の商品企画担当の方から、ジャムの
お取扱いについて打診をいただきました。

3月に朝食フェアイベントを企画しているそうで、まだ情報収集の段階
とのことでした。
早速、試食していただいたところ、とても気に入っていただけました。


採用の可否はまだわかりませんが、お見積り書を要望されていたため、
ご要望の数量を供給できそうなラインナップを見極めて、価格を試算
することになりました。

DSCF6363t.jpg
■PCを喫茶店に持ち込んで
たたき台を作ったのは妻ですが、 卸販売の場合の価格の考え方に今一つ自信が
ない様子でしたので、いつものように僕がコンサルティングすることに。

担当者さんの立場と企業のお客様を想像しながら、お互いに受け入れられると
思われる価格帯を探っていきます。

安すぎると継続できないし、高すぎても採用の見込みがありませんからね~。

 

そんな感じで売価、粗利率、供給ロットなどから試算して、提示価格を決定し、
2時間程度のコンサルティング終了♪


現時点では企画の状況はわかりませんが、これで一度打診してみましょう! 


「戦略」とは何をしないかを決めること [■仕事のこと]

今日、僕の人生にとって大きな決断をしました。

その判断のよりどころとなったのが、

「戦略とは何をしないかを決めること」

と言うもの。

 

戦略の定義は、目標達成のシナリオと資源の適正配分であり、

1.すべての人や組織には、達成すべき目標がある。

2.目標を達成するための資源(=人、モノ、金、情報)は常に不足している。

それゆえ、目標達成に最も近いことに資源を集中させ、それ以外のことは
やらないことを決めなくてはならない。 

 

何でもかんでもやろうとするから、中途半端で失敗するわけですから、
持っている時間、予算は必要なことだけに集中投下することで、成果が
生まれる(はず)と言うわけです。

 

ひなたCAFEはカフェ(喫茶店)として創業したわけですが、カフェ経営を辞めることで
すべてのリソースを手作りジャム工房に集中させたことで次のステージに上がれたと
思っています。


無垢材インテリアの家 [■建築探訪]

今週は雪がチラつく岐阜市内に完成したばかりの住宅を訪問しました。

お施主さんは、某木製建材メーカーにお勤めの方と言うことで期待しながら
訪問させていただきました。

外観は一見すると見過ごしてしまいそうなほど、コンパクトで素っ気ない意匠
ですが、小さいながらも良くまとまったプロポーションを醸していました。


地場工務店の設計担当者の方に促されて、無垢の木製玄関ドアを開けると、
上質なオークの床材が張られた玄関ホールにハンス・J・ウェグナーの
名作椅子が待ち構えています♪

期待に胸を躍らせながら、室内ドアを開けると、、、

DSCF6330.jpg

大きな木製システムキッチンとダイニングテーブルが置かれた居心地の良い、
LDKが待っていました。

2階に上がる階段の手すりはフラットバーの製作で、華美ではなく木への強い
想いが感じられました。

 

今回訪問したお住まいには直接携わっておりませんが、私が企画した製品が
採用された物件で、使い方に一工夫がいるためご説明にあがあることに
なりました。

結局、ちょっとした配線工事の手違いだけでしたから、設計担当者さんに
幾つかご説明をし現場を後にすることになりました。

 

世の中には、お施主さんと設計者の組合せの数だけプランがありますから、
それを拝見するだけでも楽しいし、参考になりますね。
 


フキノトウで春の兆しを知る [  ・家庭菜園]

我が家の庭では、1月末頃からボツボツとフキノトウが芽を出し始めますが、
2月の立春(節分)を過ぎる頃から、目に見えて増えてきます。

この週末は、浜松市内でも雪がチラつく寒い日でしたが、多くのフキノトウが
春の訪れを知らせてくれています。

DSCF6322.jpg 
■フキノトウ
たくさん食べるものでもないため、知り合いで欲しいと言う方々に少しづつ
収穫して春の訪れを体験してもらっています。

フキは、繁殖力が強く食卓に彩りを添える食材にもなりますから、庭のある方
にはお勧めの植物です。 


自転車のリノベーション [■自転車のこと]

プロフィールのアイコンには、14年前にフレームをオーダーしてパーツ
から組み上げたロードバイクを使用しています。

フレームは、ブリジストンのスポーツバイクブランド「アンカー」のもので、
軽量なアルミやカーボンが主流の時代において、クロモリ鋼と言う「鉄」素材
を選びました。

僕はそんなにガシガシと追い込んで走る乗り方ではなく、ポタリングと言って
自転車散歩を楽しむ乗り方ですから、軽量化を追求するのではなく、末永く
楽しむスポーツとして耐久性のある「クロモリ鋼」を選定しました。


そんな自転車でも14年も経つと、変速機などのメカ類の老朽化とデザインの
古さが気になるようになりました。

先月の浜名湖サイクリングでは、後ろの変速機が不調になったのが切っ掛け
となり、イメージチェンジしたい気分だったことも重なって、メカ類一式を
総交換してしまいました。

DSCF6282.jpg
■全体
サイクリストには当たり前のことなんですが、スポーツバイクは屋内保管
が常識で、僕の自転車も1階のダイニング(元カフェスペース)に置いて
あります。

幸いにも理解のある家族のお陰で文句を言われることはありませんが、
そうでないご家庭の場合は、色々と苦労されているようです(笑)

 

この記事は、自転車オタクに思い入れのある方向けに書いているわけですが、
住宅のリフォームやリノベーションに置き換えても通じるところがあります。

オーダー自転車 = 注文住宅

パーツ交換 = 営繕・修理

メカの総交換 = リノベーション

買った自転車と言うよりも造った自転車ですから、ライフスタイルの変化に
合わせて、手を入れることでより愛着がわき、今後10数年も楽しめるという
わけです。


建築は、買うモノのではなく、オーナーに合わせて造るもの。


大変ですが、体験した方にしか味わえない喜びだと思いますよ♪


BELS★5つを目指して外皮計算 [  ・新プロジェクト]

現在計画中のOG様邸の状況は、予算調整のため延べ面積を見直すことになり、
各部を細かく調整しておりましたが、概ね方向性が固まったことから断熱仕様を
固める段階となりました。

今回のプロジェクトでは、住宅ストック循環支援事業の「エコ住宅への建替え」が
適用できそうなことと、性能の高い住まいを要望されていることから経産省のZEH
補助金の採択基準である、外皮のUA値で0.6以下目指すことにしました。

それによって、断熱性能ηA値を極力低減した外皮性能とすることで、標準的な
住宅設備を採用しながらも、余裕でBEIを0.8以下としてBELS★5つをクリアし、
補助金50万円を得られるようにしたいと思っています。

DSCF6320.jpg
■外皮面積計算の根拠図
外皮性能の初回チェックを市販ソフトで簡易に行なった後、一次エネ計算を実施し、
余裕が見込めることを確認したところで、断熱仕様案を決めて各部の詳細検討に
入りました。

外皮性能の要件からプランを変更する必要がないことが確認できたことから、
BELS認証用にエクセルを使った計算書に着手したところ、さらに性能に余裕が
生まれてきました。


さらに、外皮性能から空調設備の必要能力を検討すると、2.2kwの6畳用エアコン
が1階と2階それぞれに1台あれば定格運転で全館空調ができると言う結果に

「ん?本当か…。」 

とにわかには信じられない状況です(笑)

 

計算上ではそういう結果になるため、クライアントに説明した上で能力不足に
対応できるように備えた提案をしたいと思っています。 

この結果は、夏には明らかになると思いますから、報告を楽しみにしていて
下さいね~。