So-net無料ブログ作成

朔日参りのお目当て、赤福の「朔日餅」 [  ・愛知、岐阜、三重]

3年前の伊勢旅行で知ったのが、赤福さんの朔日餅(ついたち餅)。

「いつか食べたいねー!」

と思っていたところ、四月一日が土曜日で宿の予約が取れたことに加え、
家族にとって一区切りが着く時期と言うことが重なったからでした。

また、子供達も3年前の伊勢旅行がとても楽しかった ようで、

「また行きたい!!!」

と言う声から再訪することになりました。


DSCF6736.jpg
■四月朔日の赤福本店
この写真の撮影時刻は、午前5時過ぎ頃。
「朔日餅」を求めて早朝から長蛇の列でした。

 

DSCF6741.jpg
■行列の様子
五十鈴川を渡る橋の対岸まで行列は続いています・・・。

僕たちは、早朝参拝ツアーに参加するため一度宿に戻り、早朝参拝を終えて
宿をチェックアウトした後、11時頃に赤福本店に向かったところ、まさかの
完売(涙)
早朝参拝ガイドのお兄さんから、

「四月の朔日餅は売り切れることないですよ!」

と聞いて安心していたのに・・・トホホのホ(涙)

 

しか~し!

DSCF6885.jpg
ちゃんとゲットしましたよ~♪
6個入りを2箱と10個入りを1箱。包装紙は伊勢千代紙でこれも月ごとに
デザインが変わります。
(10個入りは次の宿泊先で緑茶と一緒にいただきました!)


コレ、なぜ手に入れることが出来たかと言うと、しっかり者の嫁さんが
事前に予約をしておいてくれたから(笑)
残念だったのは、お店でいただきたかったからですが、次回の楽しみに
とっておきましょう♪

 

で、肝心の中身はと言うと。

DSCF6886.jpg
箱を開けるとこんな感じ。

 

DSCF6887.jpg
お餅の姿はこんなのです!
桜の葉は、思っていたよりも塩味が強目ですが、家族全員ペロリと
食べてしまいました。

 

次回は、海獣がウリの二見シーパラダイスのレポートで最終回となりまーす!


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅