So-net無料ブログ作成
検索選択

【古い町並み研究】近江八幡 町並み編/滋賀県 [  ・近畿エリア]

古い町並み研究旅シリーズ「近江八幡」の第2回は、町並み編です。
DSCF7655.jpg
■新町通りから望む八幡山
市内各所で無料配布されている、ガイドマップを手に町中をウロウロしていると
どこからか、

「何を探しているの~?」

と言う男性の声。


あれっと思いつつ、キョロキョロと周囲を見渡すと隣のクリーニング店のご主人。

「町並みを見て歩いているんですけど、どこがお薦めですか?」

と伺うと、

「やはり新町通りだね。それと八幡堀は、映画やドラマ、CMのロケに使われる
 から、見ておいた方が良いでしょう!
 今ココにいるから、この先を左に曲がって、●列目で新町通りを八幡山方面へ
 向かうと八幡堀に出ますよ♪」

ととても丁寧に教えて下さった。
今回の旅でそれほど多くの方と接したわけではありませんが、全体的にこういう方が
多かったように感じました。


前回の「妻籠宿」と比べると都市化が進んでいますが、街並みは十分風情があり、
ブラブラと歩くだけでも楽しいです。


DSCF7646.jpg
■典型的な近江八幡の建築
 切妻造り桟瓦葺き、平入りの木造建築が基本で、中二階建てが多く、格子や
 虫籠窓などが見みられます。(出典:「日本の町並み250」/山と渓谷社)



そして、近江八幡と言えば「ヴォーリズ建築」

DSCF7670.jpg
■ヴォーリズ記念館 ※見学は予約が必要です。
 ヴォーリズとは、日本初の県立商業学校設立により英語教師として来日した
 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の事で、宣教師である一方、実業家として
 も数々の事業を興し成功された方だそうで、あの近江兄弟社を創立したそうです。
 近江兄弟社と言えば「メンターム」ですが、元々はヴォーリズのスポンサーと
 して日本国内で「メンソレータム」販売をさせたそうで、近江兄弟社社の
 商品は「メンソレータム」だったのだそうです。
 決して、メンソレータムのパクリではなく、日本国内でのマーケティングを
 進めたのがヴォーリズ氏が創立した、近江兄弟社なのだそうです。


 これも完全に勘違いしていたのですが、兄弟で作った会社だと思っていた
 ですが、キリスト教の教えである「人類は兄弟」から来た社名とのこと。


 この「ヴォーリズ記念館」は、昭和6年完成の住宅で、ヴォーリズ氏とその妻、
 一柳 満喜子(ひとつやなぎ まきこ)さんの晩年のお住まいで、リビングと家具を
 見られるよう解放しているそうです。


 そして、ウィリアム・M・ヴォーリズ氏は建築設計者でもあり、全国のキリスト教
 建築を手掛けられたようで、近江八幡市内にも住宅や教会、病院などが20以上
 残っていて、建築設計事務所は現在でも活動を行なっているそうです。
DSCF7671.jpg



今回の旅行は、この旧ヴォーリズ住宅見学で終了となりました。


DSCF7667.jpg
■日牟禮(ひむれ)八幡宮へ渡る橋からの見下ろし
最後に八幡堀の写真で近江八幡の古い町並み編は終了です。


次回、もう一つの目的地である「たねや」グループのフラッグシップショップ
「ラ コリーナ近江八幡」をご紹介します。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【古い町並み研究】近江八幡 八幡堀編/滋賀県 [  ・近畿エリア]

古い町並み研究の旅シリーズの第2回は、滋賀県の「近江八幡」です。
DSCF7530.jpg
■瓦ミュージアムの脇を流れる八幡堀
近江八幡市は、豊臣秀次が築いた城下町を基礎とした町で、秀次が推奨した
楽市楽座のお陰で商業的にも成功したそうです。

この八幡堀も、本来は城を取り巻く掘割ですが、本来は防御のための掘割を
商業の発展のために活用したようです。

高度経済成長期に入ると、堀を埋め立てようと言う機運に飲まれそうになりながら、
「埋め立てたところから後悔が始まる!」と言う合言葉の元に清掃活動が始まり、
現在のように観光資源として活用されるようになったそうです。



ご存じのように僕は「水」のある景色が好きですから、自然と水が調和された
町に足を運ぶことが多いです。
そんなわけで、今回の記事は近江八幡の中でも「八幡堀」の景色を中心に紹介
したいと思います。



DSCF7661.jpg
■映画やドラマのロケも
NHK朝ドラ「あさが来た」で、ヒロインあさのお姉さんが嫁ぐ時のシーンを
撮影したそうです。



DSCF7662.jpg
■水際の散策路
ここに来る前に街中を歩いて小腹が空いたので、近江牛のコロッケを頬張りながら。



DSCF7665.jpg
■観光船による八幡堀めぐり
航路は「和でん乗船場」⇔「日牟礼八幡宮前」⇔「新町通」⇔「赤レンガ工場跡」
所要は35分、料金は大人1,000円、小学生500円、幼児無料(2017年6月現在)



と言うわけで、今回は「八幡堀」を中心にご紹介しました。
次回は、本来の町並みを少しだけご紹介したいと思います。

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【古い町並み研究】中山道「妻籠宿」五平餅編/長野県 [  ・山梨県、長野県]

古い町並み研究、中山道「妻籠宿」シリーズは、今回で最終回。

食べ物編としようとも思いましたが、今回は飲食を目的としていないため、
殆ど飲み食いしていないのと写真もないため、久しぶりに気に入った「五平餅」
紹介に留めたいと思います。

DSCF7384.jpg
■胡桃ダレの五平餅
今回のツアーは、「極力、買い物をしない!」と決めて望みました(笑)
食い意地がそれを勝る場合は、「最小限購入しても良い」と言うルールを決めて
食い意地が勝ったのがコレ。

これ意外にも、大好物の栗きんとんも一つ購入し、十分に美味しかったのですが、
地元掛川で購入できるものとそれ程の優位性は感じられませんでしたが、お店の存在は
町の景観を構成する上でとても重要だと思いました。
DSCF7386.jpg
■宿場町に調和する和菓子屋さんの佇まい


しかし、、、

胡桃ダレの五平餅は、未だに食べたことがないため、休憩がてら店内で一つ
いただくことに致しましたが、これが大正解でした。

甘めのタレに胡桃の香りが何とも絶妙でした(#^^#)
「妻や子供達にも食べさせたい!」と頭をよぎりましたが、別の日に連れて来て
食べさせることにしました。



その他は、信州名物の「おやき」に目が止まり、こちらは家族へのお土産に購入
することにしました。

DSCF7397.jpg
■手作りの「おやきや」さん
僕が購入した後で、インバウンド客と思しき2人組みの女性外国人。
お店の方も慣れたもので、シンプルな英語で商売していました。
この外国人女性達は、立寄った観光案内所でも一緒になったのですが、聞くとはなしに
聞いていると、路線バスを使って、中山道の「馬籠宿」へ向かうようでした。



DSCF7399.jpg
■おやきのメニュー
旅行ガイドの影響だと思いますが、こんな渋い「おやき」を若い女性外国人が
購入している姿が微笑ましく感じましたね。


最も、日本人がイタリアで「ジェラート」や「焼き栗」を喜んで購入するのも、
同じようなものなんですよね~(^_^;)

nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【古い町並み研究】中山道「妻籠宿」町並み編/長野県 [  ・山梨県、長野県]

古い町並みから学ぶ個人プロジェクト、中山道「妻籠宿」レポートの2回目は
「町並み編」です。

DSCF7348.jpg
■方向案内サイン
中央駐車場から尾又橋を渡ったところにある方向案内のサインです。
シンプルながら分かり易く、色、文字フォントが町並みの景観に調和していて
とても好感が持てました。


このサインから左側(北側)を見ると・・・

DSCF7352.jpg
■妻籠宿の景観(その1)
アスファルト舗装部分が当時の「中山道」ですが、道幅は当時のままだと
思います。(確認し忘れました)
景色が、見慣れた東海道の駿府(静岡市)にも似ていることもあり、違和感なく
受け容れられました。
特に背後に見える、山の高さ、距離感がとても似ているんですねー。



DSCF7361.jpg
■妻籠宿の景観(その2)
柔らかい曲線と緩い起伏が町並みの景観に深みを持たせています。
この町は単に保存されているのではなく、住民が生活しながら維持されている
ところが凄いです。
私の住んでいるエリアも旧東海道ですから、元々はこのような町並みがあり、
町民が生活をしていたはず。

しかし、明治以降の経済発展に伴い自動車社会となって道路幅は拡幅され、
古い街並みは取り壊されてしまいました。



DSCF7365.jpg
■妻籠宿の景観(その3)
ところどころに、お茶屋さんやお菓子屋さんがあり、また現在でも宿泊可能な
旅籠(はたご)が残っています。
日本文化を体験するため、インバウンドのバックパッカーが思い思いに体験して
いましたが、私達がイタリアやフランス、イギリスの古い町を観光するのと
まったく同じなんですよね~(#^^#)



DSCF7367.jpg
■妻籠宿の景観(その4)
町並み紹介、最後の写真は縦配置にしてみました。
周囲の山並みと建物、道路の幅のバランスが程よいヒューマンスケールで構成
されており、とても居心地が良いんです。


建築ランドスケープデザインに関わる者として、こういう感覚を研ぎ澄まして
おきたいと言うのがこのプロジェクトの主旨です。
今後も、時間を見つけては行ってきたいと思っています。


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【古い町並み研究】中山道「妻籠宿」前編/長野県南木曽町 [  ・山梨県、長野県]

「土地に価値無し、エリアに価値あり」

誰が言ったかは定かではありませんが、この格言を実感するために今でも残る古い
町並みを体験する企画を、古い町並み研究と称した小旅行を始めました。

いわゆる町観光ですが、そこには多くの人を引き付ける何かがある!
それを体感し、論理構築するための自主的な取組みです(笑)


これまで行なってきたことを、この機会に(←何の機会だ?)意識的に取り組む
ことにしました。

第一弾は、旧中山道の宿場町「妻籠(つまご)宿」です。
DSCF7342.jpg
■妻籠宿 町営中央駐車場
東海中部エリアも入梅しましたが、天気予報とにらめっこしながら晴れ予報の
日を狙って、一人で向かいました。

今回は、空間を「体験」することを目的とし、宿泊はしないでお弁当を持参し、
ガソリン代だけで日帰りすることにしました。


朝9時に浜松の自宅を出発。
途中で電話対応したり、道の駅「信州平谷」で休憩しつつ一般道を走って辿り着いた
のが町営駐車場。駐車料金は1台500円です。


駐車場に到着したのが、13時10分頃。
ナビ通りにノンストップだと3時間20分程のドライブですが、途中で塩モナカ
買ったり、馬刺しを購入したりで到着時点で既に約束を守れていません(笑)


駐車場で嫁さんが握ってくれたオニギリをいただいて腹ごしらえをしてから、
街歩きに入りました。

DSCF7343.jpg
■蘭川を渡す尾又橋
木曽川の支流、蘭川の右岸側に「妻籠宿」があります。
つまり中山道はこの川の向こう(右岸側)にあるわけですが、自動車社会になってから
整備された国道256号に沿って駐車場が作られていました。



DSCF7344.jpg
■尾又橋から見る蘭川上流
見慣れた旧東海道とはやはり景観が異なりますね。
この橋の先に今回お目当ての「妻籠宿」が待っています。

ガッカリするのか?感動するのか?

それは次回にしたいと思います。


【次回予告】
DSCF7346.jpg
■妻籠宿の案内板

nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【大好評で終了】第7回 森のたまご(後編) [  ・「森のたまご」イベント]

今回も引き続き、「第7回 森のたまご」のレポートをお送り致します。

終了後のアンケート結果で、初回から参加されているリピート参加者さんからの
コメントにスタッフ一同、微妙な嬉しさが漂いました。

「これまでの中で一番、満足したワークショップでした」

うーん、、、
草木染めや木作り小物、クリスマスリース作りもかなりイケているワークショップ
だと自認していただけに、スタッフ一同で

「この違いはなぜだろうね~?」

と話し合いました。
負担いただいた費用もこれまでの2倍以上ですから、満足度はそれを大きく上回るもの
だったと言うことになるわけですが、その他のコメントから色々と推察をして
いるところです。

DSCF7284.jpg
■紫蘇シロップの瓶詰め作業
嫁さんが実演をしているところですが、ナント子供さん中心に黒山の人だかり
になっていました(@_@)

僕はOMソーラー内の別の展示場に出店していた嫁さんの代役に行っていたため、
梅シロップや紫蘇シロップ作りの様子に立ち会えませんでしたが、そう盛り上がる
ものではないと踏んでいましたから、それだけに驚きました。

聞くところによると、紫蘇シロップの瓶詰めを始めたところから子供達が
群がってきて「きれい!宝石みたい!」と表現していた子もいたそうです\(^o^)/



DSCF7286.jpg
■作った梅シロップを眺める
自分達で収穫した青梅を洗い、氷砂糖と一緒に瓶詰したものです。
手前のガラス瓶は、わざわざ自宅から持参されたものだそうで、さすが
毎回参加されているだけあって良くわかってらっしゃいます(笑)




DSCF7288.jpg
■紫蘇シロップ
参加テーブル毎に配っておいた赤紫蘇の葉から作った紫蘇シロップです。
ひなたCAFEで用意したガラス瓶に詰め替えて、一組に1本づつお渡ししました。
梅シロップは完成まで2~4週間かかるため、この場では紫蘇シロップを水で希釈
して休憩タイムに飲んでいただきました。



DSCF7291.jpg
■ワークショップの成果物
 左)自分で収穫した青梅で作った梅シロップ
 右)赤紫蘇のシロップ
皆さん、こんな感じでスマホで写真に収めていましたね。



DSCF7296.jpg
■恒例の記念撮影
すべて終了後、最後に記念撮影をさせていただき解散となります。
今回は13時半から16時までの2時間半、スタッフ6人ですが安全に楽しく
終えられたことに「ホッ」としました。



後ほど、これをご覧になられて「行きたかったー!」と言う方がいらっしゃい
ましたら、メッセージいただけましたら次回11月に予定しているイベントの
ご案内をさせていただきますので、お気軽にどうぞ♪

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【大好評で終了】第7回 森のたまご(前編) [  ・「森のたまご」イベント]

2月末からスタッフ5人で打合せを重ねてきた、第7回「森のたまご」。
募集10組に対し12組32名の申し込みをいただきました。
せっかくですので、すべての方に参加していただけるように致しました。
DSCF7267.jpg
■OMソーラー本社「地球のたまご」に自生する梅の樹
ワークショップは定番のコナラ苗植え替えの他、メインイベントとして「地球のたまご」
の敷地内に自生する梅の樹から、青梅を収穫し梅シロップを作ると言うもの。


終了後のアンケートでは、収穫から梅シロップ作りが最も評価が高かったようで、
常連さんの中には「過去最も良かった!」と答えて下さった方も(笑)



DSCF7251.jpg
■オープニングトークの準備
毎回、約15分間のオープニングトークでイベントの開催目的をお伝えするのが
僕の役目。
その他、運営スタッフの紹介、注意点、開会、閉会の宣言も担当しています。



DSCF7271.jpg
■梅シロップワークショップの説明
オープニングの後は、ワークショップを進めてくれるOMスタッフにバトンを
渡し、フォローに回ります。
通常、10時集合し段取りの確認をすると、搬入、セッティング。
会場準備を終えるとほぼ12時。
昼食をいただきながら、最終確認をして持ち場につくわけですが、当日は誰言うと
無しに各自が動いてくれます。



DSCF7275.jpg
■青梅の収穫体験
収穫しやすいように、危険が無いように事前に準備をしてくれていました。
一組10粒を目安に青梅を収穫してもらいました。



DSCF7292.jpg
■OMスタッフが収穫した青梅
「栽培」と言うほど管理はしていないのに、こんなに立派な青梅がたくさん収穫
できましたよ\(^o^)/


打合せしている時、

「そんなにたくさんの量のシロップを作れるわけじゃないけど大丈夫かな~?」

と気になっていましたが、それを承知の上だったこともあり、楽しんで
いただけたようです。




思っていた以上に長くなりましたので、続きの様子は後編で・・・(笑)

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工、コンクリート基礎工事 [  ・Now_薪ストーブのある家]

「(仮称)薪ストーブのある家」がいよいよ着工となりました。

DSCF7207.jpg
■鋼製型枠
翌日にコンクリート打設のため、この日はJIOによる鉄筋の検査でした。
コンクリートで見えなくなる前に実地で検査を行ない、所定量の鉄筋が
入っているかなどを確認します。
計画通り施工されていることで、保険が適用になると言うわけです。


DSCF7205.jpg
■スラブ配筋とスペーサー
コンクリートスラブと砕石基礎の間には樹脂フィルムを施工し、コンクリート中の
水分が基礎に抜けてしまうことを防止します。



DSCF7220.jpg
■コンクリート打設開始
生コン工場で製造されたレディミックスドコンクリート(あらかじめ工場で厳密に配合
管理されて練られたコンクリート)がコンクリートミキサー車で現場に運ばれます。
コンクリートポンプ車に投入し、基礎屋さんが指示した箇所にコンクリートを
投入していきます。



DSCF7219.jpg
■叩いてコンクリートを締める
生コンクリートには投入作業をしやすいよう、微量の空気が入っています。
また、水分もやや余分に入っているため、叩いて空気や余分な水を追い出して
締め固めて、密実なコンクリートを形成させます。

そのため、「コンクリート打設」と言う表現になるわけです。
バイブレーターなど無い時代は、それこそ竹棒で突いたり型枠を叩いたりして
して固めに寝られた生コンクリートを液状化(流動化)させて、型枠の
隅々まで行きわたらせていたそうです。



DSCF7229.jpg
■コテ押さえ
コンクリートは、砂と砂利、セメント、水、混和剤を練り混ぜたものですが、
乾燥させるものではなく、水とセメントによる水和反応を正しく行なわせることで
固く密実な基礎を形成させます。

水和反応は、気温によって速度が異なりますから、夏はまさに時間との闘い。
打設後は、4週間近い時間をかけて反応が進み所定の強度が出るため、必要な強度が
発現するまでは型枠内のコンクリートを動かさないことが重要です。


コンクリート表面が落ち着いてきたところで、コテで押さえて平にしていきます。
社長自らコテを使って、仕上げていきます。



DSCF7224.jpg
■コンクリートカスの除去
基礎の立ち上がり部分は、基礎梁として基礎の剛性を司る重要な役割を担っている
と同時に、土台と柱が乗りますから建物の水平と垂直を決めます。

そのため、基礎の天端は水平であることが望ましく、誤差が少ないほど良いわけで
レベル出しのためにセルフレベラーを流して天端のレベルを調整します。


その時に接着不良を起こさないよう、コンクリートのカスを丁寧に除去している
そうです。
ここまでやっていることをお施主さんに報告して、説明することも僕らの役割だと
思っています。

nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅