So-net無料ブログ作成
検索選択

高校生の孫が行きたくなる家

この週末、家族の帰省に合わせて7年ぶりに義父の家を訪れました。

DSCF7925.jpg
■おじいちゃんの田舎暮らしの家
前回訪れたのは2010年。
昨年は長女が高校受験のため、都内の家に帰っただけでしたが、今年は
僕も金曜日を休みにして2泊3日滞在してきました。



DSCF7921.jpg
■完成から15年
建築計画は、長女が産まれる2001年から始まり完成は翌年6月。
この家は僕にとって初めて設計した住宅であり、僕にとっての住宅の原点
となりました。

義父は当初、僕に設計を依頼する予定はありませんでした。
理由は聞いていませんが、設計料を支払う余裕が無かったからだと思います。
ですが、土地の候補が絞られてきた頃から、あれこれ質問をされるようになり、
土地契約をする時は同行を求められ、現地の工務店事情を知り、

「これは施主任せにしておいたら、とんでもないことになるなぁ…。」

と思うようになり、

「退職金をはたいて田舎暮らしをするのに、子供を連れていける家に
 しなくては恩義のある親に申し訳が立たない。
 あとで後悔しないよう、携わることにしよう!」

と決め、

「騙されたと思って、俺に任せて欲しい!」

と迫り、

「よしわかった!じゃ、頼むことにする!」

と依頼をしてもらいました。



DSCF7928.jpg
■背後の山/伊予ヶ岳
義父がこの土地を決めたのは、海と山が近いところ。
そして計画地からの眺めが良いところだったようです。

設計業務は必要最小限のもので、現地を見て30分程度で書いたラフプランを
見せ、少しの修正をしてプランは決定。
後は、基本の平面図、立面図、矩計図を作成し、工務店との交渉に立ち合い
後は現場任せで済ませる予定でした。


問題は、工務店での初回打合せで判明しました。
工務店の社長は、打合せにあたり、各職方を呼んでくれていました。
そこで全員に計画を説明すると、水道屋さんがボソッと一言。

「あれ?あそこの土地って水道引けたっけ?」

「いや、不動産屋は5軒分の水道管が入っているって言っていましたよ」

と義父。
(ちょっと不穏な空気が流れる)


この水道屋さんの何気ない一言に僕の妖怪アンテナがピピっと反応しました。

(これはヤバいかも?)

「今から水道局に確認にしに行きましょう!」

と、工務店の社長、義父と一緒に水道屋さんの案内で県の水道局事務所へ。

「ああ、あそこは3軒分に送れる分だけの配管しか入っていないよ」
と水道台帳を見ながらあっさり否定されました。

「一応、水圧計ってみますけど、足りなかったら下の道路から分岐し
 直さないといけないですね!」



後日、水圧を図ったところやはり水圧が足りず、引き込みをし直さないと
いけないことになり、追加費用200万が確定しました。
似たような経験を、入間市の埼玉県立彩の森入間公園でしたことから、
夜間給水案を出しましたが、認められませんでした。
結局のところ不動産屋の重要事項説明違反を突き、不動産屋側で対応して
もらうことで無事、解決しました。
「いやー、あんたに頼まなかったらどうなったことやら…。」

水道の件はまったくの想定外でしたが、僕にとっても良い経験になりました。



DSCF7930.jpg
■伊予ヶ岳山頂
岩山の山頂は縦に割けて、まるで恐竜の遠吠えのよう。
夏休みからアルバイトを始めた長女ですが、

「アルバイトを休んででも来たかった!」

と行きの車中で言ってくれたのを聞き、あの時、無理にでもやらせてもらって
良かったと思いましたね~(^^♪

nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「君の名は。」上映会 [  ・映画]

昨年夏に映画館で「君の名は。」を観た後、「嫁さんに見せたいなぁ」
思っていました。

いえ、ストーリーというよりも東京の景色が綺麗に描かれているからですが(笑)

レンタル開始の日、本を探しに偶然入ったTSUTAYAに3枚だけブルーレイ版が
残っていたため、思わず手に取ってしまい、

「今夜、『君の名は。』の上映会をやるよ~!」

と家族に連絡をしました(^^)/

DSCF7896.jpg
恐らく、僕がこのディスクを借りた最初の人だと思います(笑)

ストーリーを見せたいのではなく、近々東京へ帰省する嫁さんと娘たちが
中央線に乗ったり、新宿を歩いた時に、

「あの時のシーンに出ていたね~♪」

と思うんじゃないかなぁと(^^♪
それと、都内の友達に会う嫁さんが話についていけなくならないように…。


一応、なぜ僕が家族に見せようと思ったかは伝わったようでした(笑)

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

経産省ZEHのお手伝い [  ・省エネ設計]

「ZEHに取り組もうと思っている工務店さんがいて困っているんだけど、
 手伝ってあげられない?」

と知り合いから相談があったため、同行して考え方や進め方を説明してきました。

話を伺うと、「折角なのでZEH補助金を貰えるようになりたい!」

とのこと。


次回、ZEHビルダー登録を行なう予定との事で、経産省補助事業ZEHに向けて
サポートさせていただくことになりました。

DSCF7894.jpg
■平成29年度ZEH支援事業 一般公募要領
今年度の公募説明会にはスケジュールが合わず参加できなかったため、
WEBサイトで要領書をダウンロードして勉強しておき、プラン確定に備えて
おこうと思います。


2014年完成の「ホームシアターの家」もゼロエネルギー住宅ですが、こちらは
国交省補助の事業でしたから、経産省補助のZEHとは対象者も考え方も
多少異なりますからね。

nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

屋根からの眺め [  ・Now_薪ストーブのある家]

ZEHに取り組まれる工務店さんから打診をいただき、初回のご説明をして
来ました。
途中、先週末から屋根工事が始まった現場に立ち寄って進捗確認。

DSCF7853.jpg
■東側の眺め
屋根材は、いつものガルバリウム鋼板縦ハゼ葺きです。
棟換気と薪ストーブの煙突部分などの手間が掛かる部分以外は完了していました。

「足場があるうちに!」と思って、屋根の上からの景色を確認。



DSCF7855.jpg
■北西の眺め
御覧のように計画地は四方が茶畑に囲まれています。
新茶の季節には、静岡県らしい気持ち良いランドスケープが広がることでしょう。


子供室や主寝室の窓、バルコニーからこの景色を楽しめるわけで、朝起きた時、
夕暮れなど家に居る時間が楽しくなりそうですね。
この立地を選ばれたお施主さんの判断勝ちだと思います。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

埼玉県立「彩の森入間公園」 [  ・ランドスケープデザイン]

西武池袋線「入間市駅」から15分程歩いた場所に「彩の森入間公園」と言う
緑豊かな公園があります。

建設コンサルタント会社に勤務していた頃に設計を担当した公園で、長女が生れた
翌年に訪れただけでその後、15年以上も訪問していませんでした。

先日、偶然埼玉へ帰省する友人がいたため、同乗させてもらい撮影旅行をして
きました。
DSCF7743.jpg
■「流れ」越しに見る上池の噴水
総面積は15.0haで、昭和48年に米軍から返還された基地の跡地を県立公園
として整備したものです。



IMG_0307.jpg
■全体平面図 ※GoogleMapからのキャプチャー
右上にあるのが「下池(しもいけ)」、左側が「上池(かみいけ)」で
二つの池を「せせらぎ」でつなぎ、ポンプで循環させています。

基本計画は上司がまとめ、僕は基本設計の段階から設計スタッフとして加入
することになり、水際まで植物が茂る自然な「せせらぎ」と給排水設備の
計画をまとめることになりました。



DSCF7791.jpg
■自然な流れを模した「せせらぎ」
公園に整備される前は、米軍のジョンソン基地として兵舎が点在していたこと、
埼玉県の姉妹都市が米国オハイオ州であるため、オハイオ州のランドスケープが
デザインモチーフになっています。


僕が担当したのがこの「せせらぎ」の設計と循環ポンプの能力算定です。
記憶では、「せせらぎ」の基本断面を元に、水路幅、水深、流速を決めると
せせらぎの勾配と水量が決まります。

あとは、川幅を広げたり狭めたりすれば、水深が浅くなったり深くなったり
するわけですが、20年近い歳月を経てより自然に近い「せせらぎ」になった
ように思います。



DSCF7747.jpg
■下池とせせらぎの橋
この日は生憎の雨模様となりましたが、その分、利用者も少なくて静かな公園を
撮影することができました。

設計期間中は、「マディソン郡の橋」がベストセラーとなり、阪神・淡路大震災を
受けて防災公園の機能も強化されることになりました。


その他、様々な設計課題が次々と明らかになり、とても大変でしたがその分
思い入れもひとしおだったただけに、緑豊かな公園に育って嬉しかったですね♪

nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

午前中、大雨。夕方晴れ間の上棟式 [  ・Now_薪ストーブのある家]

生憎の雨予報で迎えた上棟式当日。
遠州西部地域は、朝からなかなかのまとまった雨・・・。

しかし、そこはベテラン揃いの施工チーム。
お昼過ぎに現場に到着すると、母屋も上がってほぼ形になっていました。
DSCF7689.jpg
■建物の形を見るとひとまず「ホッ」としますね~(^^♪
一年以上あれこれ議論してきていますから、安心すると同時にお施主さんが
どう感じているかもとても気になります。



DSCF7690.jpg
■東側の茶畑越しに
下屋も良い感じになって嬉しいですねー♪

この時点ではまだ雨がパラついていましたが、上棟式の頃にはすっかり晴れ間が
見えてきました。



DSCF7705.jpg
■棟梁による神様へのお礼
いつものようにこの現場は、鈴木棟梁が仕切ることになりました。

「いやー、野地板が間に合わないかと思ったよぉ!」

な~んてご謙遜を(笑)



DSCF7703.jpg
■2階バルコニーからの眺め
一面に茶畑が広がります。
ソーラーパネルがやや邪魔ですが、羨ましいですよ。
朝夕の景色もですが、雨の日は幸せを感じてもらえると思います。


さて、明日は中間検査。
また、進捗がありましたら報告したいと思います。

nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「ラ コリーナ近江八幡」のランドスケープ [■建築探訪]

藤森照信氏の建築を見たくて訪れた「ラ コリーナ近江八幡」ですが、実際にその場に
身を置いて感じたのは、建築物よりも優れたランドスケープデザインでした。DSCF7614.jpg
メインショップ<草屋根>を抜けると、右側に見切れているのが、
カステラショップ<栗百本>で、その奥、中央よりが本社オフィス棟<銅屋根>です。



DSCF7555.jpg
こちらは、カステラショップ<栗百本>のエントランスへのアプローチです。
栗材の柱に支えられた大庇の下は、ご覧のようにベンチが置かれた休憩スペースに
なっています。
DSCF7620.jpg
本社<銅屋根>の前から、メインショップ<草屋根>カステラショップ<栗百本>
への見返しです。



DSCF7631.jpg
こちらは田んぼ中央の畦道から見た、本社<銅屋根>部分です。
ここで働きたいと思う若者も多いはずですから、リクルート上も有利ですよね。



DSCF7624.jpg
田んぼの中を覗き込む家族連れ。
僕達世代にとっては、懐かしい風景であり残したい風景なんですよね〜(*^_^*)

建設コンサルタント時代は、公共の公園でこう言う提案を試みた事があるのですが、
クライアント(行政の担当者)に提案する前に、直属の上司の理解を得ることが
出来なかったことに未だに悔いが残っていただけに、これは衝撃を受けました。



DSCF7629.jpg
こんな何でも無いように見える畦道ですが、今から20年前の公共施設では作る事が
意外に難しかったですねー。
と言うのも、やはり誰もが必然性を感じる事が難しいわけで、計画地周囲の条件が
とても重要だからです。

このプロジェクトは、クライアント企業の明確なビジョンがあって実現したことは
明白ですし、こういう企業理念にお客様も協力企業も絶対共感しちゃいますよ。



DSCF7621.jpg
本社<銅屋根>の対面に伸びる、芝屋根の回廊(名前は不明です)。
さてこの下はどうなっているのでしょうか?



DSCF7636.jpg
こーんな感じで、単なる芝の屋根なんですが、屋根面の芝生に散水しているため
とーーーーーても涼しくて快適なんです(*^_^*)


「少子高齢化経済の未来を良く見据えているなあ」

と言うことと、

「東京ディズニーランドと同じ!」 

だと強く感じました。


建築だけでも見る価値はありますが、この場の空気感はやはりその場に立たないと
絶対に伝わりません。
女性もお子様も絶対に喜びますから、旅行を兼ねて一度訪れることをお勧めします。


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ラ コリーナ近江八幡の店内 [■建築探訪]

今回は「たねや」グループのフラッグシップストア「ラ コリーナ近江八幡」
店内です。

DSCF7610.jpg
■1階ショップ
冊子によると「たねや」のすべての商品ラインナップを購入できるそうで、
家族へのお土産はここで購入致しました。
「たねや」と言えば、食べる直前に皮で包む最中(もなか)や、一人前づつ
押し出せるトコロテンが有名で、お土産として召上った方も多いのではない
でしょうか?


DSCF7637.jpg
■エントランスホールの吹抜け
単なる吹抜けなら今さら誰も驚きませんが、「天井の黒い点は何だろう?」
と思いますよね。
近くで見てみたところ、「炭」でした。



DSCF7611.jpg
■ショップ2階
ホールの階段を上がった2階にはカフェ(吹抜け越しに見える部分)があり、
こちら側は飲食や待合いスペースとなっています。



DSCF7541.jpg
【オマケ】トイレの内装
ゴミ箱の一つ一つまで選定には吟味されていますから、小物一つ一つを
見るだけでも楽しめますよ~♪

nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【ラ コリーナ近江八幡「たねや」のフラッグシップ店 [■建築探訪]

近江八幡を訪問先に選んだもう一つの理由が、この「ラ コリーナ近江八幡」
体験する事でした。

と言っても、実際に訪れるまで「ラ コリーナ」の名前もうろ覚えな状況で、建築誌
やテレビで観たとしても、実際に目にし体験するまでは身体に染み込まないものだと
確信しました。

やはり建築もランドスケープも、その場に身を委ねないと絶対に理解はできない
ですね。
DSCF7607.jpg
■ラ コリーナ近江八幡のファサード
この建築の存在を知ったのは、「新建築」か「日経アーキテクチュア」だったと
思います。
建築史家で設計者の藤森照信氏は、天竜市にある秋野不矩美術館(1997年)や
掛川市のねむの木こども美術館どんぐり(2006年)など数々の話題作を
造ってきたこともあり、「いつか行くリスト」上位に上げていた建築物でした。



DSCF7559.jpg
■駐車場からのアプローチ
広い駐車場から正面エントランスへ向けて伸びるアプローチの周囲には、
グランドカバーとして、一面にクマザサが植えられています。



DSCF7538.jpg
■ピロティの下
店内で購入したお菓子を食べたり、団体客の待合わせをしたり、休憩をしたり
多くの来客を受け入れるための余白がそこかしこに用意されていました。



DSCF7537.jpg
■ピロティの下
こちらのルートは、バス駐車場や自転車駐輪場へアクセスできます。
ピロティの屋根を支える柱は、藤森氏が好んで使用する栗の木で、山で1本1本
選定したそうです。


近くまで来て屋根を眺めていてどうしてもわからなかったのがコレ。

DSCF7536.jpg
■屋根面から突き出している三角形のロッド
幾ら考えてもわからなかったのですが、日経アーキテクチュアで説明がされていて
ようやく理解できました。
材料は、SUS304 Φ10(未研磨)となっています。


藤森氏と言えば、草屋根なのですがそれは数々の失敗の歴史でもあり、それらの経験
が活かされていることが良くわかりました。

名称は、メンテナンスブラケット。
つまり、草屋根をメンテナンスするための足場板を掛けるブラケットなんですね。



次回は店内の様子、次々回で中庭のランドスケープについてご紹介する予定です。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅