So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月 | 2017年08月 |- ブログトップ

吹付け断熱工事の立会い [  ・Now_薪ストーブのある家]

先週、金曜と土曜日は「吹付け断熱工事」でした。

これまでこの作業を見学することが出来なかったため、2日間見学させて
いただきました。

DSCF7945.jpg
■ビフォー
今回は、コストと性能のバランスから、日本アクアの吹付け断熱工事を選択する
ことになりました。
吹付け断熱の場合、筋かい部分にも断熱材が入りますし、隙間に密着し気密性を
高めることができますから、断熱性能には一定の評価があります。



DSCF8019.jpg
■作業中
初日の午前は、養生と材料の準備で半日。
それ以前に大工さんは、前日には片付けをしておかないといけません。
吹付け工事の親方から色々とお話しを伺うことができましたが、

「大工さんによって段取りやクセがありますね。
 ここはいつも大工さんから指名なので、やりやすいですよ。」



DSCF8011.jpg
■アフター
見る見るうちに断熱されていきますが、作業は見ると聞くでは大違い!

吹付け断熱は、主剤発泡剤を高圧の圧縮空気で吹付けるわけですが、作業性を
上げるために予め材料の温度を40℃程度まで温めておく必要があるそうです。

手元のガンには、これら3本のチューブが繋げられていて、床面から壁面、屋根面
に設計された厚みになるよう吹付けていく作業ですが、発泡時の反応熱で表面温度
は90℃を超える
ため、夏場の小屋裏は地獄とのこと。


こうして、毎月12~14件の各地の現場を渡り歩いているそうで、本当に頭が
下がります。
省エネ基準適合だけでなく、ZEHの普及で断熱材の厚さが厚くなり、一現場の
作業量が大幅に増えたのも頷けました。

今後は、もっと心して設計させていただこうと思いました!

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

【ゼロエネ住宅】光熱費の実績と計算値を突合せてみる [  ・ホームシアターの家]

2014年7月末に完成した浜松市内のゼロエネルギー住宅のオーナーさんから、

「良かったら今後に活用して下さい!」

とご自身でまとめていただいた、水道光熱費、太陽光発電の実績データとHEMS
データをいただいていましたので、改めて外皮計算を行ない、省エネ性能を
試算し、実績値と突き合わせてみました。

DSCF8001.jpg
■最終仕様で製作した1/100模型
計画時は、国交省の補助事業を使いましたが、当時の断熱性能はQ値(熱損失係数)
で行なったのですが、現在はUA値(外皮平均熱貫流率)に変わり、計算の方法も一部
変更されたことから、再計算をしてみました。


DSCF7996.jpg
■外皮性能算定の3Dイメージ
形状と熱貫流率の確認が一目でわかりますから、お施主さんにも説明しやすく
なりましたが、設計者にも判別しやすくなりました。



あとは、設備の仕様や性能を選択し、燃費シミュレーションをしてみると…

DSCF7999.jpg
■シミュレーション結果
光熱費と売電の月別収支がわかるわけですね~\(^o^)/

でもでも・・・。

「これって計算値ですよね?上手いこと言って本当にこうなるの?」

と疑問に思われるのも当然でしょう。
私自身も「実際どうなんだろう?」と思っていましたから。


それが想定出来たから、2013年4月にお施主さんから

「ゼロエネ住宅補助金と言う補助事業があるけど使えそうですか?」

と相談を受けた際、経産省補助事業と国交省補助事業の2つの説明会を受講し、
国交省補助事業であれば地域工務店でも対応できそうだったことと、
ゼロエネ住宅は将来的に広がりそうな気がしたことから、対応することに
致しました。

補助金は建築費にしか充当できないため、管理費用は設計者と工務店の持ち出しに
なりますが、計算結果と実績を突き合わせることが将来必要になると確信した
ため、施主、設計者、施工者の3者で手分けして取り組んだわけです。



そして、完成前後計4年間の光熱費実績データとシミュレーション結果を突合せると、
中々興味深い結果が見えてきました。

DSCF7995.jpg
■光熱費の実績値
赤の破線2013年青の破線2016年の月別推移です。
右の棒グラフは年間累計で、赤がゼロエネ住宅完成前の賃貸戸建て住宅の時のもので、
青がゼロエネ住宅入居後のもの。


年間でも月別でも、光熱費が大幅に削減していることが一目瞭然ですね\(^o^)/

しかも、2人のお子様は成長していて、建築の延べ面積が増えていることを考えると
想定していた以上にエネルギー削減効果があることがわかります。


この実情を踏まえ、ゼロエネ住宅と敢えてしなかった現在進行中の案件でも大いに
活かすことができましたし、その次はもっと精度が上がってくると思います。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

VIP客向け来場記念品の相談 [  ・手づくりジャム屋]

19年間お世話になった会社の同僚から突然電話をいただきました。

「10月に横浜ショールームが新装開店するため、来場記念品を検討していたところ、
 女性スタッフから、村松さんところのジャムが良いんじゃない?と言う話が出た
 のですが、対応可能でしょうか?」

こう言うご相談は多くいただきますし、社内事情は良く分かりますから、コスパが
最も良い提案をしようと思い、目的、予算、プレゼントの対象者についてお聞きし
ひなたカフェ代表の妻と打合せをして提案をし、お見積書を作成しました。

DSCF7987.jpg
■お勧め案のお見積書とその他案の概算見積書
最初のご要望内容に対して予算は厳し目でしたが、減額案を受け入れることも可能
とのことでしたので、これまでの経験からお勧めの組合せで大小取り混ぜて、
ご予算に合わせることができました。

こう言う企業相手の交渉にはコンサルティングスキルが必要になりますが、建築設計や
商品企画での経験がとても役立ちました。


今回は150セットの注文ですから、材料の仕入れと生産計画を入念に行って
準備を進めたいと思います。
うちのジャムが神奈川県の150世帯に届くと思うと楽しいし、緊張しますね!


プレゼントをお送りしたお客様から、

「もらったジャムとても美味しくて、家族に好評だったよ~♪」

と採用企業の担当者さんが褒められるよう、頑張りたいと思います。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

【圧巻でした!】金澤翔子さんの大般若心経 [  ・浜松市内]

ダウン症の書家、金澤翔子さんをご存じでしょうか?
僕は昨年TBSで放映された「中居正広の金曜日のスマ達へ」でプロフィールを
知りました。

その金澤翔子さんが30歳になった昨年書いた大般若心経を譲り受けた、龍雲寺
永代供養のための納骨堂に飾る事を決め、私財を投げ打って建築したそうで
佐鳴湖の花火大会を見物しがてら拝観してまいりました。

DSCF7952.jpg
■金澤翔子30歳の般若心経
画像だと凄さが今一つ伝わらないかもしれません。
僕も実際に見るまでは分かっていなかったですが、この写真はカメラを水平に
構えて撮影していますから、僕の目線はこの書の1/3の高さにあることを想像
していただくと大きさが想像できるでしょう。

これは一見の価値があると思います。
僕は花火大会に合わせて立ち寄ったためか、本来は拝観時間ではなかったのですが
偶然見せていただけることになり、貸切り状態で拝見することができました。


昨年3月に亡くなった父の位牌は、この書の対面側にありました。
これから、お墓参りするのも楽しみになってきました(^^♪
次回は、家族を連れて来たいと思っています。


こんな感じで書を拝見させていただいた後、佐鳴湖の花火大会を見学させて
もらいました。
DSCF7955.jpg
■佐鳴湖を一望できる小高い丘から
昨年、お墓探しをしていて知りましたが、今年は檀家さん、永代供養の
100名限定で解放してくれました。



DSCF7958.jpg
■花火見物
千発だけのこじんまりとした花火大会ですが、1時間で済むのと近くなので
スケジュールが合う限りは観るようにしています。


なお、今年10月26日~11月6日金澤翔子書展を開催されるようですから、
興味のある方は是非、コチラをチェックしてみてください。
本当、一見の価値ありますよ~♪

nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:住宅

築49年の住宅リノベーション物件見学 [■建築探訪]

「まるたま市」の会場でお世話になっている、浜松市中区肴町の丸喜屋商店さん。
乾物屋「丸喜屋商店」の若女将、三浦さんから住宅リフォームの自然素材について
色々と相談を受けたのが、今年5月の「まるたま市」の頃。

「リノベーション終わりましたから見学会をします!」

とfacebookで告知がありましたので、早速見学させていただきました。

DSCF7936.jpg
■RC造3階建ての3階にあるリビング
今回は床壁天井の内装仕上げと建具、照明、エアコンの工事を中心に行なったそうで、
ビフォーアフターは劇的に変化したことが伺えます。

築49年の鉄筋コンクリート造で、写真の大きな障子は全面東向きで、エアコンの効きは
悪いし、真夏は暑くてどうしようもなかったそうです。
相談された時は、温熱環境のことは何も言われていなかったので、諦めモードだったのか
工務店さんとの打合せである程度決まっていたのかはわかりませんが、気持ち良い
インテリアと快適な温熱空間にとても感激している様子でした。



DSCF7940.jpg
■障子を開けると
時刻は午後2時過ぎでしたが、窓のガラス面からは「放射熱」が押し寄せてきて、
「これは辛かっただろうなぁ~(@_@)」
と言うのが良くわかります。

放射温度計を持参するのを忘れましたが、ガラス面はゆうに40℃を超えていました。


今回、効果を感じたのはこの障子なんですが、太鼓張りと言って「枠」の表面と裏面に
障子紙を張ったものですが、熱伝導率の低い木製枠とは言え、決して気密性が高いとは
言えない障子紙を張っただけで、窓面からの遮熱が大幅に抑えられたことに驚きました。


我が家の1階ダイニングには、西側に大きな吹抜け全面がガラス窓になっていて、
真夏の日射対策に頭を悩ませていて、後張りの遮熱フィルムや遮熱ガラスを検討して
いましたが、もう一つの選択肢を得ることができました。



今回、設計施工を担当されたのは、浜松市西区大久保町の入政建築さん

DSCF7931.jpg
■自然素材について説明される新野社長(右側)
写真の床は天竜杉だそうですが、節が少ない特一等材を選ばれたため

えっ!これやっぱりスギなんですか?」

と聞き返したほど(笑)


気温35℃を超える中、タイトなスケジュールをおしてわざわざ行った甲斐が
ありました。

ご家族のプライベート空間を見学させて下さったオーナさん、説明下さった
入政建築スタッフの皆さまには感謝申し上げます。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2017年07月 |2017年08月 |- ブログトップ