So-net無料ブログ作成
検索選択
  ・家づくり勉強会 ブログトップ
前の10件 | -

住宅省エネリノベーション促進事業の公募説明会 [  ・家づくり勉強会]

経産省による「平成27年度補正予算  住宅省エネリノベーション促進補助事業」
第1回公募説明会が本日の東京会場を皮切りにスタートしたため、急きょ受講する
ことになりました。

DSCF2562.jpg
■補助金公募要領
どういう補助事業かと言うと、戸建て住宅や集合住宅のオーナー、集合住宅の管理組合が
申請者となり、所有している住宅、住戸を断熱リフォームをし、外皮の断熱性能遮熱性能
を向上させることで、一次エネルギー消費量を15%以上削減させようと言うもの。

一住戸あたりの150万円を上限に、省エネリフォーム工事費の1/3を国費で補助する
と言う事業です。

 

事業規模は、
 ・戸建て住宅     ・・・ 約18億円(一次公募)
 ・集合住宅(個人向け) ・・・ 約 2億円( 〃 )
 ・集合住宅(全体向け) ・・・ 約60億円( 〃 ) 

ですから戸建て住宅の場合、最大150万円を受けたとして、全国で1,200戸が対象と
なるわけです。

 

省エネリフォーム工事の種類は、床、壁、天井、窓のどれか1種以上の外皮の断熱改修
一定規模(延べ面積における対象居室の面積比率)以上行なうことが条件です。

戸建て住宅の場合は、これに加えてエコキュート、エコジョーズ、エコフィール、エコワンなどの
高効率給湯機に交換することも加味されます。

 

これから大掛かりな省エネリフォームを考えてらっしゃる方には、チェックしてみると良いかも
しれませんね。

私の自宅でも適応できないか考えてみましたが、工事が大掛かり過ぎて断念するしか
ないようです・・・。 


nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

第2回「森のたまご」開催の打合せ [  ・家づくり勉強会]

街に樹木を増やす取組みとして、昨年5月12日(日)に産声を上げた独自イベントの
「森のたまご」が、ようやく第2回の開催が決まりそうです。

DSCF1603.jpg
■9/27(土)の打合せ
今回の主催メンバーも、OMソーラースタッフ、四葉社の阿部さんと私ですが、
打合せ場所は、村櫛町の地球のたまご本社会議室で行ないました。 

森のたまごのイベント主旨は、コナラやクヌギなどのドングリから芽出しをさせた
苗から育てることで、樹木を好きになってもらい住宅地に森を作ろうと言うもの。


第1回のイベントの様子はこちらをご覧下さいね~(#^^#)

 

DSCF1606.jpg
■OMスタッフによる企画書
今回の打合せではOMスタッフが企画書を用意してくれましたから、
それを元に打合せを進めました。 

開催日時予定は、2014年11月23日(日)10時~16時

豊橋市の雑貨屋tebacoさんが開催する、テバコレとの同時開催。 


第2回森のたまごの内容は、地球のたまごを散策しながらのドングリ拾い
ドングリで染物をするのがメインですが、ナンキンハゼの実を集めて手作りローソク
作ってみたいです。

 

第3回は来年春5月に、芽が出たばかりの森の赤ちゃんを植え替えるもらい、
勉強会なども行ないます。

11/23(日)は3連休の中日ですが、参加を希望される方は予定を空けて
おいていただければと思います。
 


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

第1回「森のたまご」は無事終了しました♪ [  ・家づくり勉強会]

「森のたまご」とも言える、ドングリの芽生えを自宅に持ち帰って大切に育ててもらい、
緑への関心を高める人を増やし、緑豊かな街にするためのイベント。

第1回「森のたまご」は、多くの参加者、スタッフの皆様の協力を得て無事終了しました♪

IMG_2613.jpg
この光景、何か良くないですか?

ご両親が子供と一緒になってコナラの赤ちゃんを育てる過程が大事なんですよね。

冬になって葉が落ちただけで大騒ぎし、春になって新芽が吹き出して大騒ぎして欲しいと
思います。


その一喜一憂する気持ちが大事だと思うからです。

 

このイベントの企画は、このシーンにすべて凝縮されていますが、


「なぜ、家に樹を植えるのか?」

「なぜ、ドングリから育てるのか?」

「なぜ、子供に体験させたかったのか?」

そのことを伝えるために、冒頭30分間、一生懸命お話ししたつもりです。
IMG_2603.jpg
※嫁さん撮影

創造性のある子供に育てるため、地球温暖化抑制の意識を高めるため、緑豊かで
潤いのある街にするためetc・・・

アンケートの結果を眺める限りでは、何となくでも言いたいことが伝わったと思っていますが、
実際どうなんだろう?

 

IMG_2605.jpg
会場提供者のOMソーラー 村田さん
ご自宅を例に、庭の樹で夏の暑さをコントロール事例を紹介されていました。
住まいのエネルギーに関する質問も良かったです。


IMG_2607.jpg
四葉社の阿部さんは造園家として、樹木のお手入れ方法について、たとだとしくも判りやすく
丁寧に解説してくれました。

 

約1時間のセミナー後、このイベントの目玉と言えるコナラの苗の植替え作業に移ります。

IMG_2599.jpg
■左から2年目のコナラ、中は1年目のコナラ、右は5年目のクロマツ
クロマツはOMスタッフが大事にしている私物で参考出品でした(*^_^*)

左側のコナラはひなたCAFEの庭に落ちたドングリですが、昨年の台風での塩害で大きな
ダメージを受けたため、育ちが少し遅れましたがご覧のように元気に育っています(+_+)

 

IMG_2608.jpg
まずは四葉社 阿部さんによる実演と解説

苗育成用のジフィーポットは土に埋めてもそのまま土に還る素材ですから、植替え作業も
とても簡単♪

お子様がいらっしゃる方はお子様と一緒に。
単独で参加の方は一人で楽しそうに大切そうに植替え作業をされていました。

 

IMG_2630.jpg
僕も余ったクヌギで1鉢作らせてもらいましたよ♪

クヌギの樹は大きくなるようだし、実るドングリも丸くて大きくて今から楽しみです!

 

IMG_2621.jpg
OMスタッフが用意してくれたアンケート用紙にも嬉しいコメントをいただきました♪


「大変勉強になり有意義な時間を過ごさせていただきました。」


「木を植えたくなりました。」


「いただいたコナラの苗を大切に育てたいと思います。」


「家と木の組合せは非常に大切だと思いました。
 友人にもススメたいと思います。」


「ドングリの赤ちゃんをありがとうございます。
 元気に育ってほしいです。」
 

 

当初は僕一人、ひなたCAFE単独で開催するつもりの企画案でしたが、昨年はドングリが
一つも実らなかったことと、協賛者が2社集まったことで、会場運営、告知、管理手法の解説
と幅広く、深いものになりました。

 

また、ひなたCAFEも出張営業させていただき、僕らが作った手作りジャムも多数、
お買い求めいただきました~\(^o^)/
IMG_2596.jpg
今回の人気ジャムは、有機バナナのジャム掛川産キウイフルーツのジャムでした♪
OMの女性スタッフ、M井さんは昨年のきこえる・シンポジウムで買われたバナナのジャムを
とても気に入っていただき、今回もお買い求めいただきました。

それと今、僕がもっともハマっている甘夏みかんのマーマレードを指名して下さった
お客様もいてメッチャ嬉しかったですね(*^_^*)

 

今回で基本的なコンテンツ、オペレーションも出来ましたから、来年はもっとグレードアップして
実施できるでしょう!
今年参加できなかった方は是非、来年のご参加をお待ち致します<(_ _)>


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

第1回「森のたまごプロジェクト」お申込み開始♪ [  ・家づくり勉強会]

日曜日の午前は、来月5月12日(日)午後に開催する、「第1回森のたまごプロジェクト」
の最終ミーティングでした。

各担当が受け持つ内容について確認し合い、順番や役割りについて打合せを行ない、
森のたまご達が順調に育っていることも確認しました。
IMG_0176.jpg
■参加者の方に持ち帰っていただく森のたまご達
この子達が各家の庭で10年後、立派なコナラの樹に育つことを夢見ています。

打合せの前夜0時過ぎにパワーポイントに画像を貼り付けて準備たものをお見せしながら、
前回打合せで決めた内容をビジュアルを使って説明しました。


リハでは話の流れを説明する程度にしたのですが、皆黙って聴いていたため、


「あれ~、ツマラナイのかな?」


と思い、


「内容、重かったですか?」


と聞いてみたところ、


「いや、全然良いと思いますよ!」


と言っていただけましたので、取り敢えず良かったです(*^_^*)

 

リハではストーリーラインをサラッとお話ししただけですが、本番ではより詳しく深くお話し
しますから是非、楽しみにしていて下さいね(^o^)/


お申込みは本日、4月15日(月)よりOMソーラーさん、四葉社さん、ひなたCAFEでそれぞれ
お受け致しますから、受講を希望される方は是非お早めにお申し込み下さいね。

ひなたCAFEへのお申込みは、

メール:okkasa@gmail.com

Tel/Fax:(053)543-6677

もしくはカフェ店頭でお申し込み下さい。

その際、お名前、連絡先、参加される方の内訳(大人と子供)と人数もお願いしますね。

 

 

僕の担当パートでは、

樹のある豊かな住まい方

感性豊かな子供に育てるには自然体験が重要


地球温暖化とは?


について、超私見を交えながらわかりやすくお話ししようと思います。

 

これまでもこのBlogで何度かご紹介している内容ではありますが、実際に言葉で
聞かれるともっと切実に伝わると思いますよ。

 

絶対に楽しくてためになる勉強会になると思いますから、興味とご都合の合う方は
是非、お早めにお申し込み下さいね~♪


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【お知らせ】12/9(日)の「緑の勉強会」は延期させていただきます [  ・家づくり勉強会]

今回はお詫びです。

9/17の記事にて、12/9(日)午後にOMソーラー「地球のたまご」にて
ドングリを植えて広葉樹を種から育てる「緑の勉強会」を開催すると申し上げましたが、
大変申し訳ありませんが、来年2月か3月に延期させていただきたく存じます。

 

理由は3つ。

1つめ 今年6月と9月に浜松を襲った台風の塩害で、ドングリの数が少ないこと。
     (ひなたCAFEの庭では一つも団栗を採取できませんでした)

2つめ あらかじめ芽出ししておいたドングリを植え付ける方が失敗が少ないから。

3つめ 準備期間をとり、3社であらためて告知を行なうため。

 

参加申込みはしていなくても、予定されていた方もいらしたと思います。
大変申し訳ありませんが、以上の理由で日程を変更させていただきたいと思います。


12/9(日)はスタッフだけで集まり、種の採取と仕分け、イベントの段取りや日程を
決めることに充てさせていただきますので、日程が判り次第、あらためてBlogで告知
させていただくと同時に、OMソーラー、四葉社、ひなたCAFEにてご案内致します。

IMG_2449.jpg
開催1週間前の直前の延期案内となりましたが、来春にはこんな苗を各ご家庭で
育てていいただきたいと思っていますので、どうかご容赦下さい<(_ _)>


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【イベントの告知】10年先を考えた緑の勉強会 [  ・家づくり勉強会]

7月28日に開催されたQuinka,with a yawnさん、HARCOさんご夫妻による、
エコと音楽のイベント「きこえる・シンポジウム2012夏」が終了した直後、
OMソーラーの村田さんより、


「次は僕らでまた何かやりましょうよ!」


とお声掛けをいただいたため、何ができるか考えていたわけですが、
元々、ひなたCAFE単独でやろうと思っていた企画があり、1人でやるよりも志しが同じ者が
2人、3人と集まった方が、


「より大きなパワーができるんじゃないか?」


と考え、提案してみたところ、


「面白そう!やろう!やろう!」


とほぼ即決でコンセプトが決定♪


目標は『10年先を考えた緑の勉強会』


勉強する内容はまだ詳しく決めていませんが、単なる勉強会では面白くない。

第一、勉強だけでは前に進まないよね?


どうしたら緑に興味を持ってもらえるか?

行動に移してもらえるか?


を考えた結果、自分達の手で緑を作ることを組み込もうと考えました。


IMG_2449.jpg
■前年採取したドングリが発芽したコナラの苗
これは、昨年暮れにひなたCAFEの庭にあるコナラからこぼれたドングリを拾い、
水に浸して発根させたものをジフィーポットに蒔き、春に植え替えたもので、
ひなたCAFEのトイレの窓枠に置いてあります♪

これは、今年住まいを新築した名古屋の建築士、plusgateさんにプレゼントするもの
ですが、こんな風に自らの手で木を作って育ててもらおうというイベント企画です。


今年、家を建てた方には、今年実ったドングリで苗を育て、

来年、家を建てる方は、来年発芽したドングリで苗を作る。


同じように、来年赤ちゃんが生まれる予定の方が、子供と同じ年齢の木を育て、
庭に植えてもらう。

それも、遠州の在来種です。

 

遠方からお越しになる方は、勉強会で種の採取、苗の育成を学んでいただき、
家に帰って同じようにやってみることもできるようになって欲しいですね。

詳しいことはこれから詰めて参りますが、取り敢えず、日程と会場は決めましたから
今から告知しておきますので、興味のある方は是非ご参加下さい。

 

(仮称)10年先を考えた緑の勉強会&苗作り 


日 程:2012年12月9日(日)PM2時~4時頃 ※多少、前後するかもしれません

会 場:OMソーラー㈱「地球のたまご」 浜松市西区村櫛町4601

費 用:大人1,000円~2,000円程度 (資料、育苗資材、1ドリンク付き)
     同伴のご家族は別途考慮する予定です。

定 員:20組40名程度まで大丈夫ですが、規模よりも10年以上続けることを
     目標としたいと思っています。
     そのためには、お互いに楽しくないとね!

樹 種:コナラ、クヌギ、シラカシ、ウバメガシ、センダンやナンキンハゼなど

主 催:OMソーラー㈱四葉社、ひなたCAFE

申込み:取り敢えず、ひなたCAFEの村松まで。
     ひなたCAFEスタッフか、okkasa@gmail.com までメールいただければ。

IMG_2451.jpg
■小さいうちは観葉植物として
大きくなったら庭に植え替えて、新緑や紅葉を楽しみ、夏には緑陰を作ってもらいます。

買ってきた木ではなく、種から育てることで愛着が湧くと思うのです。

しかも、それが子供と同じ年齢だったり、亡くなった祖父母と同じ年に生まれたとしたら
どうでしょう?

 

そして、OB、OGが3年後、5年後、10年後の会で


「あの時の種(たまご)がこんなに大きくなったよ~!」


って報告してくれたら僕らもとっても嬉しい♪

そんなビジョンを夢見てこんな企画を考えてみましたので、興味のある方は
ご予約、お申込みをお待ち申し上げま~す<(_ _)>


nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

夏、冷房に頼らないで暮らすための工夫 [  ・家づくり勉強会]

「地球のたまご」で4月28日(土)から一般公開されるモデルハウスを見学したことで
刺激を受け、ようやく記事を書くことを決めました。(イラスト描くの面倒だったし・・・)
IMG_1115.jpg
■2階主寝室に設けられた窓
一枚の木製縦格子が窓ガラスの「外側」を走ります。
いわゆるバーチカルブラインドのようなものですが、窓ガラスの外側に設置したことが
夏、エアコンに頼らずに過ごす上で大きな意味があります。

続きを読む・・・


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「地球のたまご」のモデル住宅見学会(内部編) [  ・家づくり勉強会]

OMソーラーさんの本社研究施設「地球のたまご」見学会レポートその2。
今回は、4月28日(土)一般公開となるモデル棟の「内部」です。IMG_1098.jpg
■1階LDKのダイニングとキッチン
コンパクトながら機能的なLDK空間として上手くまとめられています。
空間に良く合った家具が上手く納められていることもその要因だと思います。

なお、全体的に天井高は低めの設計となっているため、「圧迫感があるなぁ」
感じる方と「落ち着いて居心地が良い」と感じる方に分かれると思います。


ここで一つ知っておいていただきたいのは、この様な場合、設計者の

「建物の高さを抑えて均整のとれた外観にしたい」

と言う意図があるかもしれません。
と言うのも、僕がデザインする際は常に、室内の居心地と外観のプロポーションを
セットで考えるからです。

続きを読む・・・


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「地球のたまご」のモデル住宅見学会(外部編) [  ・家づくり勉強会]

2月27日に告知しました通り、OMソーラーさんの本社研究施設「地球のたまご」
見学させていただきました。

13時に「地球のたまご」駐車場で待ち合わせをしていたのですが、10分前には皆さん
お揃いになったため、OMの村田さんに電話をし見学会をスタートさせていただきました。


最初にカフェテリア(食堂)で、施設や会社の基本的な話を聞かせていただいた後、
3月末にできたばかりのモデル住宅を見学させていただきました。

モデル住宅の一般公開は4月28日からだそうで、OMソーラー会員以外では今回が
初めての見学者なのだそうです。
Blog掲載にも快く承諾いただきましので、3回に分けて見所をご紹介したいと思います。IMG_1092.jpg
■3階フィックス窓からの眺め
全国の会員工務店さん向けに作られたこともあり、見所満載の設計でした!

良く考え(設計)、良く描き(製図)、良く作った(施工)と言うのが僕らの印象ですが、
見学会に参加されたplusgateさんのお子様とうちの娘達にとっても最高に楽しかったようで、
終始子供達の「キャーキャー」言う声が聞こえていました(笑)

 

前編の今回はモデル住宅の「外部」を中心にレポートさせていただきますので、
ぜひ、楽しんでご覧いただければと思います(*^_^*)

続きを読む・・・


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

土台(どだい)にヒビが入る? [  ・家づくり勉強会]

先日、建築業界に関するコラムで読んだことですが、「確かにそうだ!」と思ったこと。

一般の方から「土台にヒビが入ったのですが・・・」と連絡があったとして、建築関係者が
イメージするのは、一般の方がイメージするそれとは違うことがあります。

 

一般の人と建築屋では大きく認識が異なるという例として、木造建築に欠かせない
土台(どだい)が挙げられていました。

SNBH基礎.jpg
これは『土台』? ※参考画像:「サーファーズ・ニアビーチ・ハウス」

Yes!と答えた人は一般の方(に多いはず・・・)


No!
と答えた人は、建築関係者住宅を建てた経験のある方

 

正解は、、、


コンクリート基礎
、もしくは基礎です。


では、土台とは何?

続きを読む・・・


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -   ・家づくり勉強会 ブログトップ