So-net無料ブログ作成
検索選択
  ・講師の仕事 ブログトップ
前の10件 | -

ZEHの問合せが増えた! [  ・講師の仕事]

「ZEH」と言う単語を見たこと聞いたことある方も多いと思いますが、定義を
具体的に説明できる方は少ないようです。

ZEHとは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、「ゼッチ」と呼称されています。

一言で言うと、一年間の消費エネルギーがゼロ以下となる住宅のことですが、

「人が住んでいるのにエネルギーがゼロなわけないだろう!」

と思われるため、理解がされ難いのだと思います。 

 

もう少しわかるように説明すると、

「太陽光発電などでエネルギーを創るエコ住宅」のことで、
厳密には、家庭内(住宅)で使用する年間の総エネルギー消費量分を、自前の
太陽光発電総量でまかなうことができることを言います。

 

経産省の定義では、「年間の一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ね
ゼロになる住宅」とされていますが、分かりやすく言うと、

「自家発電して、自分の消費分をまかなうエコな住宅」

と思って良いと思います。

 

と言うのは、一般の方向けの説明ですが、プロ向けにはそんな簡単な話では
ないため、具体的な仕様を決めるには深~~~い理解が必要ですが、
一筋縄では理解できないため、小学校1年生レベルから徐々に説明して、
やっとイメージができるようになるようです(笑)

ちなみに、本当に小1レベルからと言うわけではなく、ZEHを自身で設計できる
レベルを高校生卒業レベルとすると、義務教育からと言う意味です。 


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

東北で改正省エネ基準セミナー [  ・講師の仕事]

ここのところ新しい企画の立上げやら何やらで立て込んでいて、ブログの更新が
出来ませんでした・・・。

中でも集中して取り組んでいたのが、宮城県栗原市内の建材屋さんからの依頼で
お受けした地元の工務店さん向け勉強会の講師。


今回要求されたテーマは、2020年の省エネ基準適合義務化の解説から始まり、
対応方法ですが、法をネガティブに捉えるのではなく積極的な活用方法に踏み込んで
説明致しました。 

DSCF5503.jpg
■セミナー会場準備中
会場は、商工会議所の大会場室です。
今回は、工務店さん中心に建材屋さん含めて18人。

自己紹介から始まり、住宅省エネ化の今後の方針、省エネ法から建築物省エネ法
変わる話など、初めての方でもわかるように時系列に流れを解説しました。


その後で、本編となる25年基準から始まる「外皮平均熱貫流率」の考え方、計算方法を
中心に解説し、簡単なモデルで実際にUA値を算出してもらいました。

一次エネ計算の実演もやりましたが、このあたりになると理解が付いてこない状況。
しかし、これは電話でもサポートできることですから、サワリだけに留めておきました。

 

DSCF5500.jpg
■会場準備(その2)
求められたテーマは以上ですが、地方の工務店さんや建材屋さんが悩んでいるのは
そこではないと考え、ここからはややお節介ながら「2020年以降の工務店生き残りのヒント」
と題して、3例ほど先進的な事例を紹介して正味3時間のトークを終了致しました。

 

こういう勉強会は、パワポだけで一方的にお話してもなかなか付いてこれるものでは
ありませんから、黒板やホワイトボードを使用しゆっくり丁寧に理解を深めてもらうことで、
不安を払拭してもらえたと思います。


工務店生き残りのヒントや雑学なんかも刺激になったようで、終了後のアンケートでは

「もっと勉強しないといけないと思いました!」

「戦略を学びます!」

「人口減少問題の認識が変わった!」 

など、僕が伝えたかったメッセージが伝わったように思いました。

 

今回は、省エネ基準対応にフォーカスした勉強会にしましたが、マーケティングや
経営戦略についても引き出しを用意していますから、また2度3度とお声掛けを
いただければ、 より理解を深めて具体的な行動ができるようになると思います。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

自由な発想で楽しんだ木(こ)ものづくりワークショップ [  ・講師の仕事]

今回は、「第5回 森のたまご」イベントの続報です。

OMソーラー本社「地球のたまご」の敷地内で集めた枯れた木の枝を使った、
「木(こ)ものづくり」ワークショップは、大人も子供も夢中になって自由な発想で
創作に励んでくれました。

DSCF4555.jpg
■父と娘
一心不乱にサンドペーパーがけをされている父親の姿に感動しました。
こういう父親の姿をお子様に見せることが重要だと思うんです。

 

DSCF4565.jpg
■イメージを形にする小学生
OMスタッフがあらかじめ作ってくれたサンプルから 着想を得て、さらに想像を膨らませて
思い思いの作品を作っていきます。

機械ではなく、また親が作る様子を傍らで見るだけでなく、自らの手で形にするのが
とっても重要なんです。
「創造性」を育むには、遊び方が決まっていない遊びをすることがとっても大事。

 

DSCF4573.jpg
■父と娘2
最初の写真とは別のご家族で、お父さんと娘さんだけでのご参加でした。
対面に座って小さな娘さんも素材を触っています。

 

こんな感じで約1時間半程度で作った作品の一例がコレ。

DSCF4578.jpg
■家族4人の作品
右側のおサルさんがシンプルながらとっても良い味を出していると思いませんか?
娘さんが「これはおサルさん!」と言って選んでくれたそうですよ。

 

DSCF4580.jpg
■作りかけですが・・・
木のボタン用として用意した枝の輪切りを「顔」に見立てたようです。 
何かの幼虫か赤ちゃんにも見えますが、カワイイですよね~♪

 

作品作りが終了したところで一度手を洗っていただき、ひなたCAFEが用意した、
まるい園さんの「うす茶糖」と、菓子巧房ほほえみさんの「利休」をお茶菓子として
いただきながら、OMスタッフ森ちゃんによる材料の説明。

みんなが選んだ木の材料は、元々どんな樹形でどんな花や実をつけるのか、
画像で説明してくれました。

 

16時半にはすべてのプログラムが終了。 

DSCF4596.jpg
■参加者全員で記念撮影
浜名湖をバックに、作品を囲んでの記念撮影大会。
大人も子供も楽しく参加していただけたようで、企画者冥利につきますね。


次回は11月か12月に開催予定。
例年通り、地球のたまごでドングリを拾って種まきをします。
ワークショップでは、一昨年実施して大人気だった草木染めを行なう予定ですから、
ぜひ参加いただけたらと思います。
 


nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

第5回「森のたまご」はワクワクのスタートでした♪ [  ・講師の仕事]

6/26(日)は梅雨の晴れ間の中「第5回 森のたまご」を開催しました。

DSCF4521.jpg
■スタッフは10時に集合し準備 

このイベントは、OMソーラー株式会社、四葉社、ひなたCAFEの3社有志によるイベントで
子供も大人も楽しみながら自然から学べるワークショップです。

第5回目となる今回は定例のコナラ苗の植替え作業の他、「木(こ)ものづくり」と称する
ものづくり系ワークショップとなりました。 

 

冒頭は、いつも通り私が開催意図をお話しした後、オープニングトークのテーマに

「自然には意味がある!」

「当たり前にもワケがある!」

と身近なナゼを問い掛けてちょっと考えてみてもらい、解説を致しましたが
さて参考になったのでしょうか・・・? 


私の後は、造園会社「四葉社」の阿部代表が、コナラ苗の夏の過ごし方を分かり易く
レクチャーし、続けてOMソーラースタッフの村井さんより、本日のメインイベントである
「木(こ)ものづくり」について説明をしてくれました。

DSCF4533.jpg
■受付窓口の木もの

 

DSCF4531.jpg
■窓際の木もの1

 

DSCF4530.jpg
■窓際の木もの2 
これらはOMスタッフの森ちゃんが作ってくれたものだそうですが、OM社内でも

「カワイイ~!」

と人気だそうで、今後は「森のたまご」の妖精キャラクターとして活躍してくれそうです。

この木ものサンプルが出来たお陰で、作り方のイメージがしやすくなり大人も子供も
夢中で制作に励んでくれましたが作業の様子は次回とさせていただきますね~(@_@;) 


nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ミカンの幼果はなぜ『緑色』なのか? [  ・講師の仕事]

拾ったドングリを芽生えさせて森を育てるイベント、「森のたまごvol.5」がいよいよ
今週末6/26(日)に開催されます。

私は冒頭のオープニングトークで、イベントの主旨を説明する役割なのですが、参加者の
半分は常連さんですから、ちょっとしたネタをお話するようにしています。

「今回は何をお話しようかな~?」

と考えていたのですが、毎朝庭の柑橘をお世話していたところある疑問を抱きました。

 

「ミカンの幼果はなぜ『緑色』なんだろう?」 

DSCF4401.jpg
■庭の柑橘の幼果(6/11現在) 
あまりに見慣れた光景に疑問を持つ人はまずいないですよね?

私も同じだったのですが、前にも書いた通りこの子は5年かけてやっと実を結び始めた
こともあり、GWの開花以降毎朝お世話するのが日課になっていて、あることに気づいた
ことが疑問を持つ切っ掛けでした。

私の推測では、2つの理由が考えられました。

 

「森のたまご」では、自然に感心のある大人や子供が多く参加されますから、
この話題を振ってみようと思います。 

ちょっと考えてみれば1つはすぐに分かると思うのですが、もう一つはなかなか
気づけないはず。
でも、あるヒントを与えれば、「あっ!」と思うはずなんですね~。


さて、こんな感じで自然には意味があることを楽しく学んでいただき、もっともっと
自然に興味を持ってもらえたらと思っています。
 


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

日本の四季を楽しんで学ぶイベント「森のたまご」作品編 [  ・講師の仕事]

2015年12月12日(土)午後に開催した、「森のたまご2015秋」のレポートの
完結編です。

DSCF2588.jpg
■自分が作った作品を撮影する少女
何だかとっても良い画だと思いませんか?
狙いを定めて、手振れしないよう息を潜めて撮影しているように見えます。

どんぐりの植替えでもそうでしたけど、2~3歳の幼児が真剣に説明を聞いて
取り組んでくれるんですね。

僕は「お子様向け」と言うのが基本的に嫌いなので、子供の自転車を買う時に
嫁さんから「ミッフィーの自転車にしようと思う」と言われた時に大反対し、子供サイズ
でもちゃんと作ってある、海外ブランドの自転車を与えました。
(しかも、その方が安全性が高い上に安価でした)

 

森のたまご2015秋のメインイベントは、クリスマスリース作りですが、もう一つ
どんぐり講座と言う、自然講座どんぐりの種まき苗の管理について学んで
いただけるようになっています。

DSCF2573.jpg
■どんぐり講座「植物のお勉強」
OMソーラー本社「地球のたまご」を管理する、OMスタッフ森さんによる講座。
クリスマスリースに使われている植物が春夏はどんな花を咲かせているのか
紹介してくれました。

森さんを紹介する際、「ハリーポッターに出てくる森の番人『ハグリッド』みたいな人」
と説明したところ、一番前に座っていた小学生の男の子から
「俄然わかりやすくなった!」とお褒めの言葉をいただきました(笑) 

 

続いて、どんぐり苗の管理について、造園会社四葉社の阿部さんによる解説。

DSCF2575.jpg
■四葉社 阿部さん
汗をかきながら頑張って説明してくれました(笑)  

こんな感じで、頭と手を使って学び、実際にフィールドに出て学ぶことで、
大人も子供も五感を刺激しています。

 

DSCF2586.jpg
■作品展
使用している素材は大きく違わないはずですが、これだけの個性が揃いました。

 

DSCF2591.jpg
■作品展

 

DSCF2593.jpg
■親子で作品撮影
微笑ましいですよね! 

 

DSCF2579.jpg
■最後に記念撮影
自分の作品を手に満面の笑顔で終えることができました。

「2歳だから寝ちゃうかもしれませんよ・・・」

と言って参加してくれたN君ご家族ですが、2歳の女児が終始興奮状態だったようです。
最後にひなたCAFEのキウイジャムを購入いただいたのですが、

「普段ジャムを食べないのに、ジャムトーストを食べたくて朝起きるようになりました!」

と嬉しい報告もいただきました。 


次回は来年5~6月の予定。
植えたどんぐりが芽を出して苗になったものを、一回り大きな鉢に植え替える作業を
レクチャー致します。 


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

日本の四季を楽しんで学ぶイベント「森のたまご」リース制作編 [  ・講師の仕事]

2015年12月12日(土)午後に開催した、「森のたまご2015秋」のレポートです。
今回は最終的に7組17名の参加申込みをいただきました。
うち、3組はOBさんで、2組は皆勤賞のご家族でした。

DSCF2528.jpg
■OMスタッフが作ったウェルカムボード
講師席に置いてあったモノで、参加者の方の目に触れなかったのが勿体無かった
ので、ココでだけ公開させていただきます。

 

今回のメインイベントは、クリスマスリース作り。 

DSCF2529.jpg
■OMスタッフの村井さんにバトンタッチ
当日の打合せ通り、 オープニングトークとスタッフ紹介は僕が行ない、
その後のイベント担当者にバトンタッチして進行をお願いしました。

村井さんがリース素材を集める段取りを説明します。
お宝MAPを片手に、軍手着用、長靴を履き、剪定バサミ、カゴを持って
「地球のたまご」の敷地を散策して、リース素材を集めます。

 

DSCF2532.jpg
てなわけで出発! 

小さなお子様は手をお父さんとつないでね。 

 

DSCF2534.jpg
■最初の収穫ポイント
ここでは、ピラカンサなどの朱色の実がたくさん収穫できました。 
説明を聴きながら各自が必要な分を収穫しています。

 

DSCF2535.jpg
■さりげなく立つ保安要員のOMスタッフ
危険な場所には、念のためOMスタッフが保安要員を配置してくれましたから、
安心して散策を楽しめました。

 

DSCF2538.jpg
■外周部で収穫中
コナラやアラカシのドングリを中心に収穫中。 
子供はどんどんドングリを拾い集めますが、大人は目が慣れるまでなかなか
見つけられないんですね。

 

DSCF2539.jpg
子供達はいつも真剣です。
こういうシーンを見るのが好きなんですよね♪

創造的な思考を養うには、

「遊び方が決まっていない遊びをしなければならない」

と言う、浜野安宏さんから教えられました。

 

DSCF2542.jpg
リース素材集めも終盤!
良くよく目を凝らして見てみると、自然には色々な色があることに気づきます。 
しかも、とても優しい色と形ばかりなんですよね。

 

DSCF2560.jpg
■リース制作の様子
会場に戻ると、OMスタッフ村井さんがリースの巻き方、飾り方を簡単に説明し、
アケビ、クズなどの蔓から好みのモノを選んで、各々好きな太さ、大きさに巻いて
いきました。

 

DSCF2565.jpg
■リース制作の様子
太い蔓でワイルドなリースを作る人、細い蔓で繊細なリースを作る人。 
本当に各自が思い思いに楽しみながら作っていきましたね~♪

 

てなわけで(←どんなわけだ!)、リース制作編はこれで終了!

次回は、どんぐり講座完成した作品を簡単に紹介致しますね。 


nice!(17)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

日本の四季を楽しんで学ぶイベント「森のたまご」準備編 [  ・講師の仕事]

12/12(土)13時半より、第4回目となる「森のたまご2015秋」を開催致しました。

DSCF2517.jpg
■受付の様子
主催は、OMソーラ―本社「地球のたまご」と造園会社の四葉社、ひなたCAFEの3社。
OMソーラーからは、村井さん、森さん、松尾さん、四葉社からは阿部代表、そして私。

大人500円、子供300円の参加費はいただいていますが、ティータイムのお茶代だったり、
どんぐりの苗床などの実費だけで、主催3社によるボランティア事業です。


これまで「森のたまご」のコンセプトを表現し切れていなかったのですが、今回から、

日本の四季を「楽しみ」ながら「学ぶ」イベント

と致しました。

 

また、今回は冒頭のご挨拶で15分程お時間をいただき、私の自己紹介を兼ねて、
「森のたまご」の開催意図と企画者としての想いを説明致しました。

自らの「夢」や「想い」を実現する人間になって欲しい。

との想いから、 強い「想い」を持てる人間になるため、身近な自然から自ら学べる
感受性のある子供に育って欲しいと言う、僕の想いを伝えました。

 

イベントは大人も子供も楽しんで終了しましたが、その様子は次回とさせて
いただくことにし、今回はその準備の様子をお伝えします。

イベント開始は13時半からですが、スタッフの集合は10時。

DSCF2498.jpg
■午前10時の会場の様子
OMスタッフが、この日のために前々から準備をしてくれました。
私一人だったら、とてもここまで出来ません。
精々、コナラの苗を提供する程度でしたが、協力者のお陰でとても楽しめるイベントに
なっています。

 

DSCF2597.jpg
■地球のたまご「お宝さがしマップ」
今回のメインイベントは、クリスマスリース作りです。
リース素材は、OMソーラー「地球のたまご」の敷地を散策して調達するため、
どこにどんな素材があるのかがわかるマップを作ってくれていました\(^o^)/

 

DSCF2513.jpg
■11時頃の敷地内の様子
12月12日と言えば、四季では仲冬
二十四節気では、大雪の次候。
七十二侯では、熊蟄穴(くまあなにこもる)となり、熊はどんぐりを食べて脂肪を蓄え、
冬ごもりを始める時期となります。

冬至を控え、いよいよ冬が本格的になってきます。

 

DSCF2502.jpg
■お宝マップの状況を確認
スタッフ全員で、素材の状況や危険個所の確認をします。 
OMスタッフ 村井さんが来ているオレンジのウェアが紅葉と馴染んでいますね。

 

マップを見ながら歩くとそこかしこにリース素材があります。

DSCF2507.jpg
オレンジ色のピラカンサ

 

DSCF2511.jpg
これはヘクソカズラだったと思います。

 

DSCF2514.jpg
不明

 

こーんな感じで、OMソーラー本社「地球のたまご」の敷地を散策し、リース素材を集める
ところから始めます。

DSCF2515.jpg
■「地球のたまご」エントランス
遠州地方では例年になく、紅葉、黄葉が鮮やかな年になりました。 

 

この日は、OMスタッフによる「地球のたまご」のメンテナンス日だったそうで、
こんな珍しいバッタが発見されました。

DSCF2523.jpg
ナント!紅葉したバッタ!
この時期だけのバッタなのか、夏は緑色だったものが秋に向けて変色しかは不明。
生物は生き延びるために、予測の付かないことをするものですね!

 

次回は、大盛上がりで終了した「森のたまご」のイベントの様子をお伝えしま~す。 


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【募集開始】 12/12(土)13時半~第4回 森のたまご [  ・講師の仕事]

昨夜、「森のたまご」スタッフでの最終ミーティングを行ない、内容と進行について
概ねフィックス致しましたので、正式に参加申込みを開始します。

12月開催の森のたまご、今回のメインイベントはクリスマスリース作りです♪

会場であるOMソーラー「地球のたまご」の敷地を地図を見ながら散策し、リース素材を
各自で集めていただき、カフェテラスで制作致します。

3リース.JPG
■スタッフ試作の参考
左側がアケビ蔓、右側がクズの蔓で作ったものです。
飾りに使用している白い実はナンキンハゼ。

 

完成したリースは、全員分を一旦並べて品評会。
工夫した点や素材の面白い使い方を参考にしてみて下さいね♪

ティータイムを挟みながら、リースで使用した素材の季節変化をスクリーン画面で
「地球のたまご」スタッフMさんがたどたどしくご紹介致し、
後半はどんぐり苗の冬支度についてレクチャー致します。 

 

■第4回「森のたまご」プログラムとお申込み方法
開催日:2015年12月12日(土)13時半~16時

受 付:13時~受付開始

会 場:OMソーラー本社「地球のたまご」
     〒431-1207 静岡県浜松市西区村櫛町4601

参加枠:5~7組 合計20人程度
     ※11/27現在、2組5名様4組10名様からお申込みをいただいています。

参加費:大人500円、子供300円(4歳以上)
     ひなたCAFEのホットドリンク、お菓子をご用意いたします。(お子様はジュース)
     ドングリで苗作りをされる方は、苗床代として+100円 

持ち物:ハサミ(剪定鋏など)、軍手、リース素材を集める容器
     無い場合には、当日貸し出し致します。 

お申込み方法:メール(okkasa@gmail.com)まで、お名前、電話番号、参加者人数を
         お知らせ下さい。

申込み締切:12/10(木)17時まで 


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

建築手法による「想い」を形にする起業支援セミナー [  ・講師の仕事]

11/14(土)夜、ひなたCAFE流、やりたいことを仕事にするための

「想い」を形にする起業支援講座&ワークショップ 

第1期生のための無料ガイダンスを、浜松市中区モール街にオープンしたばかりの
交流スペース「Any」にて行ないました。

DSCF5668.jpg
■会場の様子
こ~んな感じで行ないましたが、今回の受講者は1名のみ。

元々、多人数を対象にしていませんでしたし、1名でも全力でやろうと決めていました。
むしろ独りでも受けようと言う勇気と変えようと言う気持ちに僕も気合が入りました。


さて、今回の講座タイトルですが、ひなたCAFE流と言うのは何かと言うと、

建築手法によるアプローチでの起業設計

と言うこと。

 

DSCF5667.jpg
■自己紹介のパワポ
今まで約25年間で携わった公共事業、建築、住宅プロジェクトを一部とは言え、まとめて
お見せするのは始めてでしたが、中々面白いと思いました。

今回のセミナーについて「Any」スタッフの方から相談を受けたことで、ひなたCAFEを
立ち上げたプロセスを振り返ってみたところ、建築手法によるアプローチだったことに
気付きました。


僕自身、経営や営業について専門的に学問として学んではいませんが、これまでの
経営論や営業論の多くは右肩上がりの経済情勢を前提にしたものばかり。 

人口減少時代の今は、その真逆ですから過去の間違った手法を学んでもあまり意味が
ありませんから、そのことも冒頭でお話ししました。


その上で、僕の立ち位置を説明するために、これまで携わった公共工事、建築、住宅に
携わった事例を元に、大きなものから手の平に乗るものまでゼロイチ思考で、真っ白な
土地に形を創りだす手法
から、起業のご支援をすることを説明致しました。

 

今回受講された女性は、この7月に既に起業された方でしたから、内容を変更し、起業に
必要な3要素と仕事の本質について説明したところで、今の状況を伺うと今後は
スクーリングよりも、クライアントに寄り添って悩みや要望を聞き、客観的に意見を述べ、
自身で方向性を決められる手助けをすることが求められていると感じました。

そんなことから、 次回は今の状況をインタビューし、クライアントの頭の中を見させて
いただくことから始めることになりました。

 

建築設計のプロセスは、クライアント側の散らかった要望を整理統合し、予算と
照らし合わせて重み付けをしてまとめあげる作業ですから、今回もそのアプローチで
クライアントが抱える重荷を少しでも軽減させることができたらと思っています。

 

DSCF5671.jpg
■Anyエントランス
整備前と比べて明るく開放的な空間になって、街並みが良い方向になってきました。
地方都市の再生モデルになるため、今後も出来る範囲で支援したいと思います。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -   ・講師の仕事 ブログトップ