So-net無料ブログ作成
■カメラ、写真のこと ブログトップ

初春の佐鳴湖で家族撮影 [■カメラ、写真のこと]

3月末から4月にかけて大小のイベントに出店することと、各種柑橘類が出回り始めるため、
ジャムマーマレードを作りだめ始めています。
 
この日も終日、ジャムと格闘するため朝食を食べに出たついでに早春の佐鳴湖を散策しがてら、
家族の写真を撮影してみました。 
 
DSCF2909.jpg
タイトル「丘の向こう」
これまでタイトルを付けて写真をアップしたことがなかったため、0.02秒ほど悩みましたが、
タイトルを考えながら撮影したわけではありませんから、写真を見た時の思いつきです(>_<)
 
 
 
DSCF2913.jpg
タイトル「仲の良い姉妹」
いつもケンカや諍いが絶えない姉妹ですが、お互いに大好きな存在です。
 
先日、地上波初オンエアだった「そして父になる」は、とても良い作品ですから、
娘達と一緒に観ようとしたのですが、 あらすじを聞いたところで観たくなくなった
そうです(#^^#)
 
「お姉ちゃんが変わるとか考えたくない!」
 
だそうで、強制的に観させたところ雰囲気がとても怖いようで、途中で断念・・・。
 
 
 
DSCF2923.jpg
タイトル「嫁さん」
嫁さんが仕事の後輩として入ってきた時は弱冠20歳。
付き合いだした当初は初々しさがありましたが、2人の娘を育てるうちに
しっかり浜松のオッカサと言う貫禄が出てきました。
 
 
 
DSCF2937.jpg
タイトル「こども」
意味もなく坂道や階段を登ったり下りたがるのが「こどもらしさ」と言えるかも。
急こう配の坂を長い階段を見つけると、「登って良い?」と言うと同時に駆け出します。
 
 
 
僕らはこの後、終日ジャム作りでしたが、子供達は遊び疲れたようで昼寝してくれた
お陰で家の中が静かでしたから、ジャム作りに専念できました(^_^;)
 
撮影機材:FUJIFILM X-T1+XF50-140R LM OIS WR 

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

望遠レンズで撮りたかったモノ [■カメラ、写真のこと]

レンズ交換ができる一眼レフを購入したのなら、色々なレンズを試したくなるもの。

CONTAX時代は超広角(18mm)、標準(50mm)、ポートレート(85mm)の単焦点
だけでしたが、子供が成長するに連れて望遠レンズが欲しくなり、自分へのクリスマス
プレゼントとして望遠ズームを購入した昨年末。

娘だけでなく撮ってみたいと思っていたのがあったので、様子を見るために一度
行ってみましたよ(#^^#)

DSCF2797t.jpg
■中等練習機 T-4
決してミリタリー趣味ではありませんが、機能が上手くデザインされているので
やはりワクワクしますね~。

撮影場所は航空自衛隊浜松基地ですが、どういうスケジュールで飛んでいるのか
まったくわからないため、取り敢えず昼前に出掛けて撮影ポイントを考えながら
待つことにしました。


今回購入した望遠レンズは、35mm換算でせいぜい210mm程度ですから、実際は
こんなに大きくは写せませんからこの写真はトリミングしたものです。 

 

DSCF2722t.jpg
少し下側から

撮影した写真を後で調べてわかったことですが、撮影した機体は戦闘機ではなく、
練習機のようです。
http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/renshuuki/T-4/

上記、航空自衛隊HPによると、T-4中等練習機と言うそうで、信頼性、整備性に優れた
2人乗りの純国産練習機だそうです。


約1.7トン
推進力を発生するエンジンを2機搭載し、装備重量5.6トンの機体を
最高速度マッハ0.9(約1,040km/h)で飛行させ、1,300kmの航続距離
有するようです。

 

これ、実際に撮影してみるとかなり楽しいです♪

DSCF2721t.jpg
こんな感じで東の上空から基地に向かって飛んでくるのを見つけると
テンションがメッチャ上がります\(^o^)/

視界に入るとグングン近寄ってきて、「アッ」と言う間に着陸してしまいます。 
今回は初めて秒間8コマの連射モードで撮影してみましたが、ミラーレスと言えども
連射撮影中はファインダーが見れないんですね~。


被写体が高速で動いている場合、次の動きを予測しながらレンズを動かさないと
フレームアウトしてしまいます(^_^;) 

 

半日ほどノンビリ構えていましたが、こうしてパイロットは日々練習していることが
わかりました。
仮に平均時速700km/hで飛んだとして、1.5~2時間の飛行時間であれば、浜松から
四国辺りまで行って帰ってくる感じでしょうか?

 

今回は機体の側面しか撮影できませんでしたが、 帰りに移動しながら撮影場所を
探していると最後と思われる機体が上空を通過しました。

DSCF2830.jpg 
慌ててカメラを構えるもフォーカスが間に合わず・・・(+_+)

でも、雰囲気だけは伝わるでしょう?

次回は後方からジェットエンジンの赤い噴射孔を狙ってみたいですね(^^)v


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今年一年の自分へのご褒美 [■カメラ、写真のこと]

2014年もあと2日と少しになりました。

今年はカフェをオープンして初めての役員報酬をいただくことができたので、
(この一年間の報酬であって給料ではありませんよ。給料は一切ありません!)
今年の成果をまとまった形に留めることにしました。

DSCF2536.jpg
何だかわかりますよね~♪

デジカメのレンズですよん!

 

DSCF2532.jpg
生まれて初めてのズームレンズ♪
一眼レフでは単焦点レンズしか持ったことがなかったので、 買おうかどうか悩み
ましたが、娘の運動会や演奏会の瞬間を撮りたくて現物を見ることも触ることも
なく購入してしまいました(^^)v

 

娘の空手昇級試験に持ち込んで、試写を兼ねて使ってみましまたよ♪

DSCF2389.jpg
何だかスポーツカメラマンになったような気分で望遠レンズの楽しさが少しだけ
わかった気がします。
FUJIFILM X-T1+XF50-140 f2.8 R LM OIS WR

 

一つだけかなり気に入らない点がありますが、それ以外は想像以上で
これからおおいに活躍してくれそうです。 


nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

FUJIFILM X-E2でカメラ女子デビュー [■カメラ、写真のこと]

長年連れ添った愛機コンタックスRTSⅢを下取ってもらい、ミラーレス一眼のX-E2
購入した嫁さんがいよいよカメラ女子としてデビューします(#^^#)

DSCF1165.jpg
■FUJIFILM X-E2
イベント出店を頑張った自分へのご褒美としてね。
ボディカラーは「ブラック」と「シルバー」があるのですが、カメラ女子としては
「シルバー」なんだそうです(笑)

愛着持って積極的に使って欲しいので、僕の要望は抑えて。 

 

DSCF1160.jpg
僕のX-T1とレンズを共用できることもありますが、この7月から始まった

2万円キャッシュバックキャンペーン

に踊られされたのは言うまでもありません・・・(>_<)

 

ただ、買うだけで満足されては困りますから、意図通りに撮影できるよう、
毎日撮影の練習をしてもらいます。

まずは、毎日5枚撮ること。

それを見せてもらって、フレーミングや露出、被写界震度について助言させてもらい、
翌日からはそれを意識して撮影してもらいます。

そうこうしているうちに、マクロレンズや望遠レンズ、広角レンズに交換することで
軽い驚きを感じるはず。

 

今は嫁さんの希望で購入した、最もシンプルな標準レンズで あれこれ試し撮り
してもらっています。

DSCF2047.jpg
掛川産キウイのジャム山梨産プラムのジャム ※XF27mmf2.8R

 

DSCF2054.jpg
DUNDEE MARMALADのクラシック瓶 ※XF27mmf2.8

今後はレフ板や三脚を使って撮影することも覚えてもらわないとね。 

これまで新商品の撮影は僕の担当だったため、週末しか撮影することができず、
天気が悪くても撮影するしかありませんでした。

 

今後、基本の撮影技術を覚えてくれれば、光のコンディションが良い時に撮ることが
できますからね。


ひなたCAFEのジャムは、「フルーツの旬を閉じ込める」がコンセプトですから、
美味しいときに作って、美味しいうちにお届けするために、早い情報提供が必要です。 
結果、安い投資になるよう続けてもらわないといけませんね~(^_^;)


nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

さよなら、愛機コンタックスRTSⅢ [■カメラ、写真のこと]

結婚によりお互いの資産を一つにするため、貯めていたお金で何かまとまった形に
しておこうと思い、彼女(今の嫁さん)に相談しました。


「50万の予算でパソコンを買うか、一眼レフのカメラにするか悩んでいるんだけど・・・」

「カメラにしなよ。パソコンなんてすぐに価値無くなるから!」


と言われて、期待していた方向の助言をもらい、購入する意思が決まり大枚を支払って、
当時、憧れていたコンタックスの最上位機種、RTSⅢボディとレンズ2本を購入したのが
今から19年前(>_<) 

この話をしたところ、嫁さんは「そんなこと言ったっけ?」とまったくもって無責任な発言。
「重大な意思決定を人に任せてはいけない!」
と悟った瞬間でした。

 

増税前の駆け込みで思わず購入した、FUJIFILMX-T1が期待以上の働きを
してくれているため、嫁さんも同じFUJIFILMのミラーレスで統一すれば、レンズを共用
できると考え、結婚前に購入したコンタックスRTSⅢをいよいよ手放す決意をしました。

DSCF1049t.jpg
■コンタックスRTSⅢ+Planar f1.4/50mm
メッチャ重いんですけど、旅行にイベントに重要な時に活躍してくれた、
お気に入りのカメラです。

僕にとっては一財産ですから、他のレンズと合わせてカメラ保管庫で大事に大事に
保管していましたから、今でも当時と同じ動きをしてくれます。

 

DSCF1048t.jpg
無骨なポルシェデザインがお気に入りでした♪

 

DSCF1045t.jpg
■縦位置ハンドグリップ付き
重いカメラでしたが、縦位置ハンドグリップがあるため、安定感があり
一枚一枚じっくり被写体に向かって作品撮りをすることができました。 

 

DSCF1046.jpg 
この操作性がRTS(リアルタイム・システム)と言う明確なネーミングにもある様に、
ファインダーの情報からダイヤル操作で変更できるのがとても便利でした。

 

その操作性にとても近いミラーレス一眼に出会い、とうとう手放す決断をするに
至ったわけですね(>_<)
 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

FUJIFILMのミラーレス一眼 X-T1 [■カメラ、写真のこと]

2001年にコンデジのIXY200aを購入するまでは、銀塩フィルムのマニュアルフォーカス
一眼レフ コンタックスRTSⅢが愛機でした。

交換レンズは超広角のディスタゴン18mm×F4.0、標準レンズのプラナー50mm×F1.4
の他、ポートレート用にプラナー85mm× F1.4の3本を持っています。


これまでもここ一番と言う時はカメラ保管庫から出して、リバーサルフィルムで撮影して
いましたが、CAFEオープン後にキヤノンPowerShot G9を購入してからは殆ど使わなく
なったもののカメラ購入に投じた費用が優に50万は超えるため、デジイチが良くなっても
今一つ購入を決めるに至りませんでした・・・(-_-)

 

しかし、、、

この春、愛機コンタックスに近い造形のこのカメラに目を奪われてしまい、
消費税増税前に思い切って購入することにしました。

IMG_5153.jpg
■富士フィルム製/ミラーレス一眼X-T1+18mm×F2.0
ミラーレスだから一眼ながら軽くてコンパクト♪ 
ボディはマグネシウム製で、ズームレンズを付けても軽くて機動力に優れている
ことが実感できます。

 

IMG_5154.jpg
装着しているレンズは35mm(フルサイズ)換算で27mm広角単焦点

他にも91mm×F2.4のマクロレンズも一本購入。
お陰で適当に撮ったスナップ写真も一気に変わりました(@_@)
抜けが良くて発色が鮮やかな僕好みの絵作りですね。

 

IMG_5155.jpg
■ダイヤル式の操作部分
「さすが!」と思ったのは、富士フィルムと言う会社。
写真好き、カメラ好きな人間の価値観を良く研究されています。

アルミ削出しのダイヤルは本体の電源を入れなくても、設定がわかるし、
ファンクションボタンは6個あり、それぞれを好みに割り当てることができます。 

 

僕はアスペクト比を変更することが多いため、正面のファンクションボタンに割当て
たところ、4:3と1:1の選択がとても便利になりました♪


また、有機ELを使用した電子ビューファインダーがとってもリアルで、表示タイム
ラグを感じられないため、実使用でもまったく違和感がありません。
それどころか、モニターと同じ情報がファインダー内に表示されるため、日中の
撮影でもストレスフリーです♪

むしろ、電子ビューファインダーにデジカメの良さが現れているように思います。
僕はデジカメだからと言ってやたらと撮らず、じっくりと被写体に向かって撮影する
スタイルのため、このカメラは本当に僕に合っていると思います。


嫁さん用もいずれは富士フィルムにして、
「レンズを共有して使おうかな~?」
と考えています。 


nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今後、Blogの写真が少し変わるかも~? [■カメラ、写真のこと]

「いつ報告しようか?」と思っていましたいましたけど、facebookではもう書いてしまい
ましたからBlogでも報告することにします。

報告と言っても大したことではありませんよ。


えっと、、、久しぶりにカメラ買いました。 

DSCF0028.jpg
■試し撮り(その1)
朝食時に本当に気軽に撮影したものです。
作ったジャムを実際の生活シーンで試しているのですが、その時の一コマです。 

ガラス独特のヌメッとした透明な質感を撮りたかったのですが、それがやっと表現
できました。 

 

DSCF0021.jpg
■試し撮り(その2)
被写界深度が浅い、ボケボケ写真。 
所有している銀塩フィルムのCONTAX RTSⅢであれば造作もない撮影ですが、
現像しないでその場で確認できる便利さはやはりデジイチ。

 

DSCF0064.jpg
■試し撮り(その3)
庭のヤマモジが目覚め始めので外で撮影してみましたが、単にボケている
だけの写真でダメダメですね。 

発色とかコントラスト、被写界深度のチェックとして。

 

DSCF0065.jpg
■試し撮り(その4)
ヤマモミジの芽吹き。 
愛機のキヤノンPowerShot G9でも何度もトライしましたけど、出来なかった
のに気楽に3~4ショット撮影しただけでできました。

 

今回使用した機材は、センサーがAPS-Cサイズミラーレス一眼に、35mm換算で
91mmF2.4マクロレンズの組合せです。

僕は報道カメラマンではないですし、写真コンテストに出すようなことも考えていません。


商品本来の魅力を引き出すことが出来て、家族のポートレート建築の写真が撮れて、
Blogfacebookにタイムリーに使用できれば良いですから、色々と調べて先々を
考えてもフルサイズは必要ないと判断しました。

それよりも嫁さんが写真の基礎を覚えることができて、メニュー画面から設定を調整
しなくて済むマニュアル機に近いものが必要と考えました。

 

今後も日常撮影はPowerShot G9がメインとなるでしょうけど、じっくり構えて撮る
場合は新しい機材が活躍するでしょうから、そんな目でご覧いただければと思います。
新しい機材の紹介はまたの機会にさせていただきま~す。 


nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
■カメラ、写真のこと ブログトップ