So-net無料ブログ作成
検索選択
  ・映画 ブログトップ

【お勧めです】海賊とよばれた男 [  ・映画]

出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにした小説「海賊とよばれた男
実写映画です。
明治から戦後にかけて、イチ日本企業が世界の大手石油メジャーを相手に
独自石油を輸入するまでの激しい道のりがたった2時間強で学べます。

公開を待ちわびていたこともあり、公開初日に観て参りました。

映画『海賊とよばれた男』公式サイト.jpg
■映画「海賊とよばれた男」公式ウェブサイトから
かつて石油資源は、石油メジャーによって独占的に採掘、精製、販売されて
いましたし、未だにそれは続いています。

ただ、その慣例にたった1社の民間企業が風穴を開けたのが出光興産であり、
社員(店員と呼ばれています)を率いた、店主 出光佐三でした。

その歴史を小説として仕上げたのが、百田尚樹氏による「海賊とよばれた男」 

 

国岡商店の創業者である国岡鐡三役を岡田准一が30代から90代までを一人で
演じ切ります。

「国岡のもんよー!油もってきたけー!

漁船への燃料販売を邪魔された国岡は、他の誰もやらなかった強引な方法で
売りまくります。

 

個人的には、元GHQの通訳で鐵三の人間性に惚れ込んで店員になった武知
甲太郎
役の鈴木亮平さん。

国岡鐵三の人間性を深く理解し、店員のまとめ役として難題に向かわせる
国岡商店の番頭役 甲賀治作役の小林薫さん。

国岡商店の資金難を自宅を売って支えた、木田章太郎役の近藤正臣さん。


この3人の他、ピエール瀧、吉岡秀隆、染谷将太など若手からベテランが
重厚なストーリーをしっかりと支え、感動を演出してくれました。

 

国内の石油販売企業が軒並み、石油メジャーの資本傘下に入る中、

国家の血液となる石油流通を外資に委ねるわけにはいかない!

と言う理念を曲げず貫き通した店主に、男が惚れ込むのも分かります。

 

日々、困難と戦っているビジネスマン、ビジョンを実現しようと孤軍奮闘
している方には、勇気とエネルギーをもらえる作品だと思います。
 
ストーリーだけなら自宅テレビでも楽しめますが、これはぜひ映画館の
ビスタサイズのスクリーンで堪能したいところです。


【おすすめ】庵野秀明監督作品「シンゴジラ」 [  ・映画]

8/1(月)映画の日に「シン・ゴジラ」を観てみました。

結論から言って「おすすめ」ですが、いわゆる怪獣作品を期待されているなら
辞めておいた方が良いでしょう。 

シン・ゴジラ.jpg
浜松にはIMAXシアターはございません・・・。

正直、観るか観ないか悩んでいましたが、あの「エヴァンゲリオン」を世に出した
庵野秀明監督作品と言うことで、期待を持って観てみたわけですが、良い意味で期待を
裏切られました。

これはいわゆる怪獣映画ではありません。
2014年公開のハリウッド版「ゴジラ」も観ましたが、今回の「シン・ゴジラ」は純粋な邦画
として創られていて、断然今回の方が面白かったです。
子供や外国人には、ちょっと難しいと思います。


面白かったのは、現代にゴジラが初めて出現する言う設定。
今この時代に突然ゴジラが出現したら、一般人はもちろん日本の政府や諸外国はどういう
反応をするだろうか?と言う点をリアルに想定したところです。

これまでの怪獣作品は、仮想の科学特捜隊(?)が各種兵器を駆使して出現した怪獣を
倒すわけですが、科学特捜隊が存在しない現代でその役割をするのは自衛隊です。


その自衛隊はもちろん国家公務員ですから法の下でしか活動できません。

そのために、政府の閣僚や官僚が何度も会議を行ない、有害鳥獣駆除(確か)と
言う名目でゴジラを駆除(笑)しようと作戦を練るわけですね。

 

庵野秀明監督は、現代日本における諸問題を「ゴジラ」に見立ててストーリーを
組み上げたのではないでしょうか?

ゴジラ駆除のためのプロセスを客観視することで、日本と言う国を風刺している
わけですが、庵野監督らしいカメラワーク、ビジュアル表現に集中して見入って
しまいました。


Blu-Rayディスクが出たら、もう一度じっくり観て、理解を深めたい作品です。 


クリエイターのための映画観賞法 [  ・映画]

私は年間に20本程度、映画館で映画を観るようにしています。

そんなことから、これまでも何度かお勧めの映画を紹介しているわけですが、
今回は僕がなぜ、わざわざ映画館で映画を観るのか、その理由を説明したいと
思います。

それは、新しいモノを産み出すことを仕事にしているからです。

そのためのインプット(情報仕入れ)とアウトプット(アイディア出し)のトレーニングに
映画がとても役立つためです。


僕が映画を観る時は、ストーリーに埋没することはまずありません。

エンタテイメントとして純粋に映画を楽しむ一方、10%程度は客観視していて、
制作サイド(供給側)から考えるようにしています。


どういうことかと言うと、ある印象的なシーンを観たとします。

その際、そのシーンの表現意図は何なのか?

どういう撮影手法でその映像を作ったのか?

その時にお客さんはどんな反応をしたのか?

そして、その映画が興行的に、ビジネス的に成功したのか?

などを分析します。 

 

映画の制作者は、興行を行う映画館の環境でストーリーが持つ魅力を最大化するよう
「映像」と「音響」を作っていますから、もっとも制作意図が反映される場として
映画館で観賞をします。

同時に観るのは、お客さんの客層と入り具合、反応(プログラムの購入率)などを
見て、自分が映画で得た感覚とのチェックを通して、自分なりの仮説を立てます。

 

映画はビジネスですから、何十億、何百億もの投資をかけて創られたコンテンツを
映画館での興行、DVDやブルーレイなどのパッケージメディア、テレビ放映権、
キャラクター使用権として販売して、収益を期待するものになります。

それを、2時間程度の非日常体験を通して楽しんだ後で、企画書の構成要素を想定
することで、映画プロデューサーの疑似体験をするわけです。


これがよりリアリティを持って出来るようになれば、新規ビジネスであれ、商業建築であれ
住宅であれ、「無から有を産み出す」プロセスのある仕事すべてに応用できます。

実際、僕の企画はまず映像化から入ります。 

これがリアリティを持っていると、人に伝搬しやすく、具現化もしやすいため、結果的に
ビッグビジネスにつながる可能性が大きくなるためです。

 

さらに、歴史を知ったり、他国の文化を知ることにもつながり、人間としての深さを
深めることが可能で、結果的に安い投資だと思っています。 


スピルバーグ監督作品「ブリッジ・オブ・スパイ」 [  ・映画]

昨年から楽しみにしていた、トム・ハンクス主演、スティーブン・スピールバーグ監督による
アカデミー賞最有力候補の「ブリッジ・オブ・スパイ」を観ました。

ノルマンディー上陸作戦で、オマハビーチの上陸シーンを20分間の衝撃的な映像で再現した
あの「プライベート・ライアン」を撮った2人によるもの。 

結論から言うと、下馬評通り素晴らしかったです\(^o^)/ 

DSCF2767.jpg
プログラムも買っちゃいました♪

僕は余程のことが無い限りプログラムを購入することはありませんが、より深く知りたいと
思った作品の場合は買ってしまいます。他の方も同じだったようでこの作品のプログラムは
購入率が高かったように思います。

ちなみに前回購入したのは、「アメリカン・スナイパー」でしたね。

映画鑑賞中にあった疑問、ドノヴァンが東ドイツに入るために乗った列車は何だったのか?
その解説を読み、ベルリンや東西関係の歴史について知る切っ掛けとなりました。 

 

あらすじ解説は他の方に譲るとして、僕自身、 東西冷戦真っただ中の昭和生まれですが、
水面下で何が起き、西ベルリンがドイツの中でどのような位置づけで、ベルリンの壁
どのようにして建設されたのかはまったく知りませんでした。


トム・ハンクス演じる民間弁護士ジェームズ・ドノヴァンが、米国の擁護を得られない
東ドイツでソ連に捕えられた米国人捕虜とソ連の捕虜を交換すると言うシンプルな話では
ありますが、それを困難にする社会的背景をものともせずに、交渉を行ない誰もが納得
する形で交渉を成立させたのが、事実とは思えない程凄い仕事でした。 

そして、エンディングがまた楽しませてくれ、難しいストーリーをたったの140分に
凝縮させた、スピルバーグ監督はさすがです。


これは文句なく、2016年お薦めの一本です。 


映画『アメリカン・スナイパー』を観た [  ・映画]

アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズにおける伝説のスナイパー、クリス・カイル
自身の著書を映画化した作品『アメリカン・スナイパー』を観ました。

人を殺す仕事を選択すると言うことはどう言うことか、考えさせられます。DSCF3181t.jpg
■アメリカン・スナイパーのカタログ
映画のカタログなんて購入するのは20数年ぶりでした。

ネイビーとは海軍のことで、イギリス海軍の制服の色が濃紺だったことから、
濃紺色のことをネイビーブルーと呼ぶようになったわけです。


シールズとは、SEALs=SEa(海)、Air(空)、Lands(陸)と言う、陸海空のイニシャル
にアザラシ(Seal)を掛けたネーミングで、陸海空軍のスペシャリストのこと。

これまでにネイビー・シールズに関する映画作品は、

ネイビー・シールズ(2012年・・・シールズ隊員役に現役シールズ隊員が出演。

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年)・・・ウサーマ・ビン・ラーディンを追い詰めたCIA女性分析官。 

ローン・サバイバー(2013年) ・・・200人のタリバン兵に囲まれながら、たった一人だけ生還した
                      シールズ隊員の実話。

を観ましたが、英雄視したものが中心です。

1986年公開のトム・クルーズ主演「トップガン」では、空軍のリクルート作品として
映画館の出口で多くの新兵を獲得したそうです。 

 

映画「アメリカン・スナイパー」では冒頭、イラク内で進軍する米軍の戦車に向かって
対戦車手りゅう弾を投げようとする母子を狙撃することが、最初の任務となった
クリス・カイルのフラッシュバックで始まります。 



味方からは「伝説の狙撃主」として英雄視される一方、イラクの反政府武装組織からは
「ラマディの悪魔」と恐れられ、2万ドルもの懸賞金が掛けられたそうです。
 
戦争は、生まれながらの殺し屋(ナチュラル・ボーン・キラーズ)以外は、事帰還した後も
何かしら精神を病むそうで、クリス・カイルがPTSDに苦しんでいる様子がとても痛ましい。
 
 
また、スナイパー(狙撃者)は安全圏から敵を撃つものと思っていましたが、
一度発砲すれば、居所を突き止められて無数の敵から包囲されたり、砲撃を受けて
危険に晒されるわけで、その描写もとても参考になりました。 
 
 
映画だけでは判らないことを知りたくなり、出口で販売していたカタログを思わず
購入したわけです(^_^;)
 
クリント・イーストウッド監督による、英雄視しないことで反戦を訴える作品として
また、何度も観たい作品だと思いました。

  ・映画 ブログトップ