So-net無料ブログ作成
検索選択
  ・家族のこと ブログトップ

父親の納骨式 [  ・家族のこと]

この日曜日は、今年3月26日に亡くなった私の父親の納骨式でした。

DSCF4757.jpg
■お寺の本堂と枯山水の庭
この本堂は1330年代の創建されましたが、南北朝時代は武田方に味方したことから
徳川家康に攻め入られて全山焼き出されたそうですが、御本尊だけは持ち出すことが
出来たようで今でも祀られているそうです。

元禄(1680年~1704年)に入るとようやく徳川から許されるところとなり、この本堂が
再興されたそうです。

その後、第二次大戦では浜松も大空襲に会ったのですが、当時、このあたりは野原だった
ことから幸いにも戦火は手前の町までだったそうで、本堂は焼けずに済んだとのこと。


11時半から、本堂で住職から説法が始まりやがてお骨や位牌にお経をあげていただき、
樹木葬による納骨式が始まりました。

 

DSCF4759.jpg
■納骨式
村松家代々のお墓が無いため、ゼロからのお墓探しでしたが、妻が良いところを
見つけてくれて僕も母親も気に入ったことから、「樹木葬」による永代供養を選択
することになりました。

お墓石プレートのデザインは僕に任されていますが、気に入った案が出来ていない
ため、今回は無地のままで納骨を済ませることにしました。

孫であるうちの娘達や僕の弟の息子で墓石プレートをお掃除してあげて、骨壺を
入れたのは僕の長女と家族全員で納骨を済ませることができました。

 

うちは無宗教だったことから、葬儀は神道で執り行ないましたが、お墓参りのし易さ
と行きたくなる場所、予算から家族全員で決めました。


お墓は我が家から比較的近くですが、緑に囲まれて自然豊かな場所ですから、
これからは早朝散歩を兼ねてお墓参りをしたいと思います。 

僕達親は、子供達をお墓参りに連れて行くことで、お墓を維持することや人の死に
対し尊厳を持たせることができると思いますから、これからは心を入れ替えて
定期的にお墓参りをしようと思いました。


nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

父親のお墓が決定 [  ・家族のこと]

早いもので父親が亡くなって既に5週間が経ちました。

母親は父親名義の契約関係を切り替えたり、解除したりしていましたが納骨を控え、
僕と弟達、息子家族はお墓探しを担当していました。

これまで何ヶ所かの候補地を巡り、先週末に第1回お墓会議を開催し、満場一致
で決定したことから、この週末はお墓の申込みに伺いました。

DSCF3776.jpg
■佐鳴湖一望
長いこと汚濁度ワースト1の汚名を着せられてきましたが、毒や重金属に汚染
されているわけではなく、周辺住民にはとても愛され利用されている公園です。

ワースト1から脱しようと管理する県と市、市民の努力により、水質改善は進んで
きていますし、公園整備により利用者は増えているように思います。


父親、そしていずれは母親が永眠することになる、お墓はこの佐鳴湖に程近いお寺に
決め、お墓の仮予約を致しました。 

DSCF3772.jpg
■築700年の本堂
浜松には軍需工場があったこともあり、第二次大戦ではかなり空襲で焼かれて
しまいましたが、幸いなことにこのあたりは野原だったことから、築700年の本堂は
焼けずに残ったそうです。

 

DSCF3774.jpg
■枯山水の庭
このお寺さんがあることは何となくは知っていましたが、 こんなに立派で歴史がある
お寺とは思いませんでした。

南北朝時代後二条天皇の皇孫で光厳天皇皇太子である木寺宮康仁親王がより下向し、
居を構えた場所だそうですが、ナルホド気持ちの良い場所でした。


父親のお墓を探す中で嫁さんが偶然見つけ、樹木葬が出来て近いことから見学したところ、
自然豊かなのに明るいことが気に入ったようで、家族会議で提案しました。

お墓決めの条件は、 1.永代供養、2.予算、3.永続性、4.景観、5.利便性

の5点。

中でも上位3点が絶対条件で、もともと景観と利便性は二の次でした。 

 

でも、予算の許す限り「一番良いなぁ~♪」と思えるところになるのは建築と同じで、
結局のところ人が決めるわけですから、自分の気持ちに向かって判断しました。 

弟夫妻も連れてきたところ、これまでの候補地とは格が違うことを納得し、
母親の予算にも合うことから、満場一致となったわけです。  

 

DSCF3771.jpg 

この場所なら、自宅からも近く、頻繁に訪れる場所ですから、お墓参りもしやすいし、
僕と嫁さんも「ここなら(お墓に)入っても良いなぁ~♪」と心から思ったため、
弟家族を説得できました。 

 

DSCF3769.jpg
■樹木葬
コンセプトは明確で「死んで桜になる!」(笑)
実際、お骨は殆どがカルシウムのため、時間が経つと結露した水に溶けてしまう
そうです。

先祖代々のお墓が無く、次男だった父親は新たにお墓を探す必要があったわけですが、
まったくそういった活動をしていなかったため、残された家族があたふたとしました。


しかし、そのお陰で僕らが納得行くお墓にめぐり合えたわけで、結果オーライ
となりました(笑)

 

次は神道による50日祭の供養を経て、仏式に切り替えて納骨と言う節操の無さですが、
そう言ったことも柔軟に受入れてくれることも、決定の要因になりました。
知らないことばかりでしたが、嫁さんと義妹が良くやってくれたから、ここまでこれた
わけで出来た嫁さん達に感謝するばかりですね。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
  ・家族のこと ブログトップ