So-net無料ブログ作成
検索選択
  ・コンセプト ブログトップ

「良い家」ってなに?(私見) [  ・コンセプト]

先日、都内での打合せの後、新幹線までの時間に軽く飲み会となったのですが、
飲み会の終了間際、具体的に家作りを考えている方からこんな質問をされました。

 

「家作りをする上で、『ここは大事!』って言うところは何ですか?」

「例えば、『基礎工事』が一番重要だとか、『構造』だとか、、、
 それと、『外断熱』ってどうなんでしょうか?」

 

誰にとっても素朴な疑問であり、本質を突いた質問だと思います。
外断熱についての質問も、住宅相談でほぼ毎回聞かれることです。
住宅業界関係者、家作りを経験された方はどうお考えになりますか?

 

これについての正解はないと思いますが、私見ながら僕の考えを述べたいと思います。

 

戸建てを所有するという前提となりますが、
僕が考える『良い家』とは、次の3つの視点を満たしたものと考えます。



①住まい手の視点  オーナーが望む使い勝手と価値観が実現されていること。

②地域住民の視点  その町の景観に調和し、町の価値を高めるデザインと品位。

③経済的視点  ①と②を満たした上で、オーナーのマネープランを満たしていること。

 

なぜか?

 

①は、建築とは住まい手であるあなたが、思い描いた生活が手に入る手段であり、
②は、建築の外観は社会資産であり、良いコミュニティを育むものでありたいから。
それら2つを、オーナーの許す予算の中で達成できたものだと考えます。

 

 

こう言ってもなかなかピンと来ない方も多いかもしれませんね。
日常において僕らが使っているモノは、メーカーや企業が作った製品の中から
予算に応じて選んだものですよね?
建築ももちろんその制約を受けますが、家の機能性や使い勝手は施主であるあなたが、
自由に空想して手に入れることができる唯一のものなんです。

 

基礎構造と言うのは当たり前品質(必要条件)であって、
良い家であるための十分条件ではありません。
姉歯氏の事件は、この「当たり前品質」を悪質な偽装により意図的に低下させたため、
大きな問題となったわけです。

 

繰り返しになりますが、
その家の主役である、住まい手が求めるライフスタイルが実現できる家
良い家なんだと思います。

 

例えば、浜自カフェ自邸を例にあげましょう。
僕ら夫婦は、自分達の住まいを企画するに辺り、以下のような3つの夢を描きました。

■夢(目標)
1)例え小さくとも、僕らが行きたくなるようなカフェを作り、お客さんに利用してもらいたい。

2)地元の木材を使い、丈夫かつシンプルな飽きのこない空間にしたい。

3)自然を感じられる日常環境で子育てをしたい。

 

そのための手段として、

①建物そのものがカフェの広告塔として機能するようデザインをし、

②吹抜けを設けて、狭くともゆとりを感じられる店内空間を作り、

③地元天竜の杉を中心に、建築材料の種類を極力少なくダイナミックに使うようにしました。

④また、庭には食べられる実がなる木と、自然樹形の中高木をたくさん植えました。

 

 

僕らは住まいを手に入れるためだけに、毎日の生活を犠牲にすることは求めません。
そのため、年間を通じ無理のない支払い額から借入れ額を計算し、総事業費を算出しました。

設計及び工事の段階では、次々と増額になるような決断に迫られましたが、
最初に決めた天竜杉で作る、浜松自宅カフェと言う基本コンセプトに照らして、
涙を飲んで切り落としていきました
(本当、この一つ一つの決断には施主の立場としては、毎回揺らぐんですよ~

 

これは設計者としての意志ではなく、施主としての意志です。
すべては僕らオーナーの頭の中で思い描いた空想なんです。
それを設計チームの3人で共有し、知恵を出し合い、浜自カフェ自邸が完成しました。

 

ですから住み始めから、違和感なく生活できるんですね。
もちろん、良くも悪くも想定外のこともありましたけど、
上位3つの目標はクリアしていますから、取るに足らないことだと思っています。

 

図面の前にまずコンセプトと言う記事を過去に書きましたけど、そんな理由からです。

 

 

さて、夜も更けてまいりました。
「外断熱」に対するコメントはまたの機会にさせていただくことにします。

 


nice!(12)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:住宅

浜自カフェは実験住宅 [  ・コンセプト]

初夏の訪れとともに、浜自カフェにも明るさが戻ってきたように思います。
いえ、、、決して暗かったわけじゃなかったのですが、やはりまだ心の底から明るく振舞う
ことができていなかったと気が付きました。

 

「どこか、気持ち良いところに行きたいなぁ・・・。」

 

ふと、、、嫁さんが言ったその言葉から、改めてそんなことに気が付きました。

気持ち良いところと言っても山へ遊びにに行くにはちょっと遅い時間だったし、思いついた
場所があったのでこう提案しました。

 

「浜北の緑花木センターで、グランドカバーを購入してこない?」

 

「そうだね!庭の手入れをして気分転換をしよう!」

 

そんな会話の後、浜北のJA緑花木センターへ下草類を物色しに行きました。
静岡県西部地域は花木の生産が盛んなんですが、旧浜北市は植木の産地として
有名です。
浜北の緑花木センターは広くて樹種も多いので、散策しているだけでも楽しいんですよ。

 

今回は、庭に手を入れることで、気分をリフレッシュしようと考えました
今回、購入したのは、、、

 ・ブルーベリー×2株(種類はホームベルとラビットアイ)

 ・ギボウシ×6株(4種類)

 ・タマリュウ×25株

 ・ピートモス×1袋(ブルーベリーの植付け用)

タマリュウは25株で1700円、鈴なりのブルーベリーは1500円と1800円でした。
植栽材料しめて、7050円(ピートモスは除外します)は安くない?

 

昨年、播種したシロツメクサ(クローバー)の勢いが凄すぎて、他の下草類を圧倒して
しまったので、一部除去することに決めていたんです。
で、そのシロツメクサを除去した空白部分に植えるのがこれらです。

 

雷雨の合間に植付けをしたのですが、雨上がりは植物達にが生き生きする気がします。
カフェへのアプローチは、気持ち良くて超お気に入り。

まだまだ未完成なんですけどね~


というか、浜自カフェは庭といわず、店内といわず、永遠に完成しないと思います。
樹木の生長だけでなく、子供達の成長やカフェの状況に合わせてガンガン変えて
いくからです。

カフェに来店いただけるお客さんがよりお寛ぎできるように。。。
それと、ここで暮らす僕らがより快適になるように。

 

浜自カフェは、生活する上ではまだ未完成の状態で竣工しました。
住みながら、また自分達の経済状態や気分に合わせて作りたかったから。

 

庭の樹木は、来年もっと元気になって生活を潤してくれるでしょう。
子供達が大きくなれば、色々と要望が増えてくるでしょう。
浜自カフェの延べ床面積32.5坪と言うのは、家族4人が住む店舗併用住宅としては、
決して広い建物とは言えないと思います。
そのためには、常に生活を見直していかなければ快適に住み続けることは
不可能ですからね。


浜自カフェでの実験生活は、まだまだこれからです。

 


nice!(13)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

浜自カフェが伝えたいこと [  ・コンセプト]

 ご自宅の建て替えを検討中のMさんと言う女性が、浜自カフェを訪れました。
昨年見学に来られた友人のIさん(女性)から、

「小さいけど、合理的に考えられた機能的な家」

と言う話を聞き、見学を希望されたようです。

 

 MさんとIさんをご案内しながら、浜自カフェにおける設計の考え方、果ては
僕らの購買行動にまで興味を持って話を聞いていただきました。
 Mさんは国際経験もあるロハス(LOHAS)で知的な方でしたから、僕の説明に対する
理解も早く、とても話が弾みました。

 お茶を飲みながら、住まいに対する疑問に答えていると「あっ」と言う間に2時間が
過ぎてしまいました。

 

 Mさんからは、お土産として手作りのバナナケーキをいただいたのですが、
これがまたメチャクチャ美味しくて、子供達と争っていただきました
 かなりにツボにはまったので、ずーずーしくもレシピもお願いしちゃった。。。
浜自カフェのメニューにして欲しいんだけど・・・。
駄目かい?おっかー。

 

 

 さて、訪問から二日後、Mさんから直筆のお礼状をいただいたのですが、とても嬉しい
コメントが書かれていたので、少しご紹介させていただきます。

 

「浜自カフェ様

 昨日は、ありがとうございました。
素敵なお宅を拝見するだけでなく、ゆったりとした豊かな時間を過ごさせて
頂いたことに感激しました。

 庭から実を摘んで口に運ぶ、子供らしく可愛い2人のお嬢さんの姿に
浜自カフェ家の生活の場となる家そのものよりも、
その生活を選び、組み立てられた御二人の価値観を思いました。

 再考する事がたくさんありそうです。
もう少し具体的に考え、固まりましたらお力、お知恵をお貸し下さい
ありがとうございました。

 

 

 正直、建物を誉めてもらった事より、僕らの価値観を認めてもらったことが
何より嬉しかったです。
 そもそも浜自カフェは、「カフェ」を主目的として作っただけで、「住まい」だけを
目的とするなら僕はもっと違う建物を作っていましたから。

 

 しかし、僕が浜自カフェを通して伝えたかったことを即座に理解し、共感して
いただけたわけです。

 Mさんが今後、どういう家作りを選択されるか判りませんが、きっと理想的な住まいを
手に入れるだろうと想像できます。
 そういう建築主としての条件を揃えているように思えました。
そして、僕らががその協力者であればもっと良いんだけどなぁ。なんて・・・

 


nice!(8)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

コンセプト(3/3)●住宅のコンセプト決定 [  ・コンセプト]

住まいのコンセプトを作るシリーズ、最終回は住宅のコンセプトについてです。

 

浜自カフェの住宅コンセプトは、

●四季と自然を感じ、ローコストながら本物素材を使った、シンプルで新しい住まい。

です。

 

これまで、たくさんの住宅を見てきて思ったことですが、
建築である住宅が物を買うのと同じ扱いになってきたこと。

 

ハウスメーカーは、消費者のニーズをキチンと汲み上げてきたからこそ、これまでの発展を
なした訳ですから、それを頭から否定するつもりは毛頭ありません。

 

ですが、、、

 ☆「施主」「施工者」「設計者」がお互いの役割を守り、一体となって作れば

   ローコストでもこれだけのことができる。

  ☆国産材がイメージほど高くないこと。また、とても気持ちが良いこと。

  ☆緑豊な庭が、どれ程生活に潤いをもたらし資産価値をあげるか?

  ☆省メンテナンスでも、自然を感じる庭を作ることが可能であること。

を示したいと思いました。

 

これらは、コンセプトを作る際の僕らの思いでしかありませんでしたが、昨年暮れに完成し、

見学に訪れた知人、友人、家族の反応を見るにつけ、確信に変わりつつあります。

 


コンセプト(2/3)●立地はカフェ・コンセプトから [  ・コンセプト]

第二回は、ストアコンセプトについてお話します。

 

浜松自宅カフェは、「住まい」の前にまず、「カフェ」ありきです。
土地探しは、カフェの視点から考えました。

 

●ストアコンセプトは、「お客様」へのお約束。

 

と前回申し上げました。

 

と言うことで、まず「お客様」を想定しました。
ん?「お客様」を想定する???

 

大手は潤沢な資金で、色々な客層にあらゆるサービスを提供できます。
仕入れる量も半端じゃないですから、価格でも太刀打ちできません。

 

ですから、私たちのようなパパママカフェは、サービスするお客様を絞り込んで、
そのお客様にとって無くてはならないお店にしなければ、継続的に
お店に足を運んでいただくことはできません。

 

そのため、妻と二人で企画会議を開きました(笑)

 

私「ターゲットは誰にしようか?」

妻「子供が出来て思ったんだけど、小さな子供と行ける店が少ないのよね!」

私「あっ、確かに!あってもせいぜいファミレスかファーストフードだもんね?」

妻「センスが良いお店って、小さな子供を嫌がること多くない?」

私「そういう人達の気持ちって僕らは良く判るよね?じゃー、そうじゃないカフェを  作ろうよ!決定!」

 

この間、実に10分程度だったでしょうか?
忘れもしない、2003年8月の事でした。

 

それで産まれたコンセプトの芽が、

 

『小さな子供と行ける、小じゃれたカフェ』

 

これが、私達のお店のお客様に対する存在意義です。

 

小さな子供連れで、ランチを食べたくなった時に、
マ○ドでも、ガ○トでも、ミ○ドでもなく或いはうどん屋さんでもなく、
一番に思い出して欲しい!

 

そんなお店にしたいと考えています。

 


コンセプト(1/3)●プランの前にまずコンセプト [  ・コンセプト]

我が家は、建築用語的に言えば「店舗併用住宅」です。

 

でも、これでは余りにも無機的ですよね?

 

僕はプランを作る際、いきなり図面を描くことはしません。
いや、正確に言うと十分な話し合いをしないで、プランを提案しないと言う意味です。

 

実は、これまでお見せしたスケッチ、模型の前にコンセプトがあります。
コンセプトと言うのは、

 

「一言で言うとどういうものか?」

「どんなウリを持ったものか?」

 

と言うものです。

 

コンセプトは、非常に重要ですよ!
これがしっかり固まっていないとプラン、デザイン、使い勝手の判断基準なくなるため
判断の際グラグラと揺れて、結局訳の判らないものになってしまうからです。

 

自分は一体何を一番、大事にするのか?
これが表れていることが大切です。

 

浜松自宅カフェは、住宅+カフェ店舗。

 

そのため、「住宅のコンセプト」とカフェの「ストアコンセプト」を決めました。

 

●住宅のコンセプトは、住まうための「施主」としてのこだわり。

●ストアコンセプトは、お店を利用してくださる「利用者」へのお約束。

 

これらが、建物のデザイン、使い勝手、予算、サービスへ一気通貫されていることが
繁盛店になるための必須条件となります。

 


設計コンセプトは「雑木林の中のカフェ」 [  ・コンセプト]

嫁さんと打合せをしながら、外構プランのスケッチを作成しました♪
スケッチを元に造園屋さんと打合せ。
浜松の空っ風に耐え、カフェのイメージに合う樹種を選択しました。

 

「カフェ店内からどう見せたいか?」


「どうしたら居心地が良くなるか?」


「道路からどう見せたいか?」


をまず考え、ゾーニングと動線を決め、スケッチを仕上げました。

デザインのイメージは、 河原のランドスケープです。
だから、余り手を入れていない自然を感じるようなランドスケープにしたいと思っています。

カフェのデザインコンセプトは、

 『樹木の変化で四季が感じられる、雑木林の中のカフェ』

 
シンボルツリーは、樹高4mのジューンベリー(西洋ザイフリボク)です。
美味しい実がなるのに手間要らず!

その他、ビックリグミ、ユズ、ブルーベリー、ゲッケイジュなど目でも舌でも
楽しめる
樹種を選定。

第一期分の工事予算は90万円!
カフェオープンに向けて、最低限必要な植栽工事がメインとなります。


  ・コンセプト ブログトップ