So-net無料ブログ作成
検索選択

「津波被害」を想定した地域防災訓練 [  ・耐震強度、地震対策]

3/12(日)は南海トラフ地震(旧、東海地震)を想定した地域防災訓練でした。

特に遠州灘沿岸域では「津波被害」を想定した避難訓練で、朝10時3分に津波警報
が発令したことを受けて一次避難場所へ避難すると言うものでした。

DSCF6509.jpg
■一次避難場所
3.11の津波被害を受けて、一条工務店からの寄付金100億を原資として、
県と浜松市は市内沿岸部にあった津波防潮堤嵩上げ工事に着手しました。

現在も工事中ですが、私達の住む地域をカバーする堤体は既に完成。

仮に津波が堤体を乗り越えたとしても、大幅に減衰されるはずですから
避難に対する切迫感はかなり解消されたと思います。

 

今回、娘たちと避難訓練をしましたが、防潮堤が嵩上げされたことを
知らなかったため、訓練の後で見学に連れて行き、津波は第一波よりも第二波、
第三波の方が波が重なりあって増幅することが多いことを教えました。


しかし、、、あまり関心を持ってくれなかったのと、ピンと来ていなかった
ようなので、時々学ぶ場を設けないといけないなぁと思った次第です(笑)
 


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

もし中3の娘が友達だけで、TDLに行きたいと言ったら [■我が家の子育て]

電子書籍を加えるとビジネス書としては異例の270万部超えのベストセラー
「もしドラ」をもじったタイトルにしてみました(笑)

今年4月から高校生になる長女から、中学の卒業記念に仲の良い友達4人だけで
TDL(東京ディズニーランド)へバスツアーに行きたいと言う相談がありました。

バスツアーには、浜松駅からTDLまでの交通費と入場チケットが含まれており
1万5~7千円。

その他にも駅までの交通費、飲食費、お土産代が必要となりますが、長女の
預金はほぼゼロ。

 

相談は、最初に妻(母親)にしたわけですが、

「お父さんが『良い』って言ったらね!」

と言うことで、妻から相談がありました。


この時点では、長女も妻も僕が反対すると思っていたようですが、
僕の答えは1発OKでした。
反対されると思っていただけに、長女はとても喜んでいました。

所詮は国内旅行だし仲の良い友達だけで遠方への旅行体験は初めてですから、
日帰りだろうが1泊だろうが、ぜひ行くべきだと思いました。

 

ただし、条件を2つ付けました。

1つめ 旅行費用は、親から借りて返すこと。 

2つめ  そのための「予算計画」と「返済計画」を考えて「承認」を得ること。

たったこれだけです。

 

TDL旅行を快諾した一番の理由は、友達との楽しい体験をさせたいと言うよりも
この条件を飲ませることができる方が大きかったです。

 

今回のカテゴリーは、子育てです。

僕は瞬間的に、今回の件であることを教える良いタイミングだと考えたわけですが、
今回のことをfacebookで記事にしたところ、大きな反応がありました。

facebookでは、「僕が出した条件が何か考えてみませんか?」と言うもので、
「レポートを書かせてプレゼンさせる!」とか「ディズニーキャラクター全員と
写メを撮って送らせる」と色々な案が出ました。

 

しかし、僕が考えていることはまったく違うことでした。

昨日、長女が作った予算書を元に話し合いをしたところ、

「え~!そこまでする?こんなに厳しい家無いよー!」

と天を仰いで嘆いていましたが、それで僕が考えを変えることは無い
ことを娘は知っていますから、途方に暮れていました。


ここに至るには長女が産まれた時からの戦いがあったことで、決して突発的な
思い付きで言い始めたことではありません。

今回、僕がなぜこのような条件を出したのか、一度考えてみて下さい。
僕の考えが正しかったかどうかは、早ければ半年後、遅くとも10年以内には
わかると思っています。
 


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ZEH入居後2年間の実績 [  ・ホームシアターの家]

住まい見学会&ホームシアター鑑賞会をさせていただいた際にHEMS画面で
2015年~2016年の電力量推移のグラフを見せていただきました。

なかなか見事なものだったこともあり、今年は各地でセミナー開催をすることに
なることを予想し、エクセルデータをいただいたのでグラフにしてみました。

浜松市ZEH電力量推移2016-2017年.jpg
■2015年1月~2016年12月までの月別推移
青い棒グラフが「太陽光発電量」、赤い棒グラフが「電力消費量」です。
データはHEMSが日々計測したもので、電力会社からの請求書とは若干異なります。

建設地や住まい方、人員等で数字は大きく異なりますから、ここでご覧いただき
たいのは、季節による変動とすべての月において発電量が消費量を超えている
ということ。

 

僕は決してZEH礼賛者ではありませんが、外皮の断熱性能をZEH並みにし、
設備を予算に応じて選択すれば、快適に住みながらも低ランニングコストな
生活ができることを知っていただければと思いました。 


これまで「施主さんが住まいの性能を選択する」と言う考え方は、殆どされて
いなかったと思いますが、プランが決まり基本設計に進む過程で、生活の質を
考えてみては如何かと思っています。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

2年ぶりの住まい見学会&映画鑑賞会 [  ・ホームシアターの家]

現在、設計中の住宅は、外皮性能のUa値0.6以下になるように計画
しています。

なぜ、0.6以下を目標値としたかと言うと経産省補助のZEH採択基準が、6地域で
0.6以下だから。

平成28年度のZEH実績報告によると、4~7地域においてはUa値0.42~0.48
領域が最も多かったようですが、クライアントはZEH性能を求めているわけでは
ないことと、国交省によるZEH補助金を得て2014年7月末に完成した
「ホームシアターの家」が0.6を目指して設計され、一定の評価をいただいている
ことからコストパフォーマンスの観点から目標値に定めました。


また、高性能な省エネ設備を採用せずにBELS★4以上を狙うことも意図
しています。

ただ、その効果をまだ実感していないこともあり、まだ寒い内に断熱性能の
効果を体感しておきたいと考え、2年ぶりの住まい見学会を兼ねた映画鑑賞会を
させていただきました。 

DSCF6433.jpg
■リビングシアターでの映画鑑賞会
今回参加したのは、20代~30代の男女4人+お子様3人。
小さなお子様連れには、ディズニー映画を30分程度上映し、一旦終了。

その後でメインの映画を1本、映画館を超える体験をしてもらいました。

 

今回上映した作品はこれ。

映画『ローン・サバイバー』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=IX-Mue5vDRo

 

ローン・サバイバー Blu-ray

ローン・サバイバー Blu-ray

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray

 

 

 

 

映画館で一度鑑賞し、ストーリーも結末もわかっていながらも、激しい
銃撃戦シーンでは、鉛玉が「ピュン!ピュン!」と耳元をかすめる臨場感に
思わず身体が硬直してしまいました…。

やはり戦争をしてはいけないですね。

 

終了後、参加者の皆さんに簡単なアンケートとして、

1)住まいについて

2)ホームシアターについて 

感じたこと、思ったことままに書いてもらいましたが、施主の想いと
設計意図がキチンと伝わっているようで良かったです。

 

「ホームシアターの家」を希望される方は是非、お声掛け下さい!

本物のシアター空間を体験してしまうと、もう戻れなくなりますから(笑) 


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

高校受験、ガンバレー! [■我が家の子育て]

明日はいよいよ長女の公立高校受験です。

部活動に打ち込んでいて勉強はもう一つおろそかになっていたため、
3年生になった4月にハッパをかけたのが効いたのか、自身で「ヤバい!」
と気付いたのかはわかりませんが、特に夏以降の追い上げは我が娘ながら
目を見張るものがありました(笑)


併願の私立には受かっているとは言え、第一志望は公立ですから、
ぜひ緊張しないで普段通りの力を出し切って欲しいと父は願っています。

 


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

喫茶店での経営会議 [  ・手づくりジャム屋]

1月中旬に都内本社のある企業の商品企画担当の方から、ジャムの
お取扱いについて打診をいただきました。

3月に朝食フェアイベントを企画しているそうで、まだ情報収集の段階
とのことでした。
早速、試食していただいたところ、とても気に入っていただけました。


採用の可否はまだわかりませんが、お見積り書を要望されていたため、
ご要望の数量を供給できそうなラインナップを見極めて、価格を試算
することになりました。

DSCF6363t.jpg
■PCを喫茶店に持ち込んで
たたき台を作ったのは妻ですが、 卸販売の場合の価格の考え方に今一つ自信が
ない様子でしたので、いつものように僕がコンサルティングすることに。

担当者さんの立場と企業のお客様を想像しながら、お互いに受け入れられると
思われる価格帯を探っていきます。

安すぎると継続できないし、高すぎても採用の見込みがありませんからね~。

 

そんな感じで売価、粗利率、供給ロットなどから試算して、提示価格を決定し、
2時間程度のコンサルティング終了♪


現時点では企画の状況はわかりませんが、これで一度打診してみましょう! 


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「戦略」とは何をしないかを決めること [■仕事のこと]

今日、僕の人生にとって大きな決断をしました。

その判断のよりどころとなったのが、

「戦略とは何をしないかを決めること」

と言うもの。

 

戦略の定義は、目標達成のシナリオと資源の適正配分であり、

1.すべての人や組織には、達成すべき目標がある。

2.目標を達成するための資源(=人、モノ、金、情報)は常に不足している。

それゆえ、目標達成に最も近いことに資源を集中させ、それ以外のことは
やらないことを決めなくてはならない。 

 

何でもかんでもやろうとするから、中途半端で失敗するわけですから、
持っている時間、予算は必要なことだけに集中投下することで、成果が
生まれる(はず)と言うわけです。

 

ひなたCAFEはカフェ(喫茶店)として創業したわけですが、カフェ経営を辞めることで
すべてのリソースを手作りジャム工房に集中させたことで次のステージに上がれたと
思っています。


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

無垢材インテリアの家 [■建築探訪]

今週は雪がチラつく岐阜市内に完成したばかりの住宅を訪問しました。

お施主さんは、某木製建材メーカーにお勤めの方と言うことで期待しながら
訪問させていただきました。

外観は一見すると見過ごしてしまいそうなほど、コンパクトで素っ気ない意匠
ですが、小さいながらも良くまとまったプロポーションを醸していました。


地場工務店の設計担当者の方に促されて、無垢の木製玄関ドアを開けると、
上質なオークの床材が張られた玄関ホールにハンス・J・ウェグナーの
名作椅子が待ち構えています♪

期待に胸を躍らせながら、室内ドアを開けると、、、

DSCF6330.jpg

大きな木製システムキッチンとダイニングテーブルが置かれた居心地の良い、
LDKが待っていました。

2階に上がる階段の手すりはフラットバーの製作で、華美ではなく木への強い
想いが感じられました。

 

今回訪問したお住まいには直接携わっておりませんが、私が企画した製品が
採用された物件で、使い方に一工夫がいるためご説明にあがあることに
なりました。

結局、ちょっとした配線工事の手違いだけでしたから、設計担当者さんに
幾つかご説明をし現場を後にすることになりました。

 

世の中には、お施主さんと設計者の組合せの数だけプランがありますから、
それを拝見するだけでも楽しいし、参考になりますね。
 


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

フキノトウで春の兆しを知る [  ・家庭菜園]

我が家の庭では、1月末頃からボツボツとフキノトウが芽を出し始めますが、
2月の立春(節分)を過ぎる頃から、目に見えて増えてきます。

この週末は、浜松市内でも雪がチラつく寒い日でしたが、多くのフキノトウが
春の訪れを知らせてくれています。

DSCF6322.jpg 
■フキノトウ
たくさん食べるものでもないため、知り合いで欲しいと言う方々に少しづつ
収穫して春の訪れを体験してもらっています。

フキは、繁殖力が強く食卓に彩りを添える食材にもなりますから、庭のある方
にはお勧めの植物です。 


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

自転車のリノベーション [■自転車のこと]

プロフィールのアイコンには、14年前にフレームをオーダーしてパーツ
から組み上げたロードバイクを使用しています。

フレームは、ブリジストンのスポーツバイクブランド「アンカー」のもので、
軽量なアルミやカーボンが主流の時代において、クロモリ鋼と言う「鉄」素材
を選びました。

僕はそんなにガシガシと追い込んで走る乗り方ではなく、ポタリングと言って
自転車散歩を楽しむ乗り方ですから、軽量化を追求するのではなく、末永く
楽しむスポーツとして耐久性のある「クロモリ鋼」を選定しました。


そんな自転車でも14年も経つと、変速機などのメカ類の老朽化とデザインの
古さが気になるようになりました。

先月の浜名湖サイクリングでは、後ろの変速機が不調になったのが切っ掛け
となり、イメージチェンジしたい気分だったことも重なって、メカ類一式を
総交換してしまいました。

DSCF6282.jpg
■全体
サイクリストには当たり前のことなんですが、スポーツバイクは屋内保管
が常識で、僕の自転車も1階のダイニング(元カフェスペース)に置いて
あります。

幸いにも理解のある家族のお陰で文句を言われることはありませんが、
そうでないご家庭の場合は、色々と苦労されているようです(笑)

 

この記事は、自転車オタクに思い入れのある方向けに書いているわけですが、
住宅のリフォームやリノベーションに置き換えても通じるところがあります。

オーダー自転車 = 注文住宅

パーツ交換 = 営繕・修理

メカの総交換 = リノベーション

買った自転車と言うよりも造った自転車ですから、ライフスタイルの変化に
合わせて、手を入れることでより愛着がわき、今後10数年も楽しめるという
わけです。


建築は、買うモノのではなく、オーナーに合わせて造るもの。


大変ですが、体験した方にしか味わえない喜びだと思いますよ♪


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅