So-net無料ブログ作成
検索選択

海獣「セイウチ」と遊べる伊勢シーパラダイス [  ・愛知、岐阜、三重]

お伊勢さんの朔日参りと志摩観光を兼ねた家族旅行記録の最終回は、
海獣と遊べることで子供に大人気の水族館「伊勢シーパラダイス」です。

【参考】伊勢シーパラダイスHP ⇒ https://ise-seaparadise.com/

DSCF6848t.jpg
■大迫力!生きたセイウチとの記念撮影
このセイウチ君(女の子ですが)は2頭いて、水槽の中を気持ち良さそうに
泳いでいたのですが、外に出させてもらうと右へ左へ移動しながら、お客さんに
触ってもらっていました!

 

DSCF6843.jpg
どんな触感かな~?

私も撮影しながら少しだけ触らせてもらいましたが、想像と違って表面は
フワフワと柔らかかったです。

髭も触ることができるのですが、茹でたスパゲティの様な感触だそうです。

 

その他にも、定時で講演されるアシカショー♪ 

DSCF6836.jpg
■アシカショー
警察学校でアシカ君が勉強中と言う設定のショートコントでした(笑) 

「なぜ警察学校なの?」 

と言うツッコミは無しでお願い致しますね。

 

DSCF6833.jpg
警察学校から脱走し遊びに行ってしまったという設定で、インストラクターの
お姉さんによる輪投げ(笑)  

アシカは2頭が出演する他、隠れキャラが2匹出演し、子供達は大喜びでした。 

 

伊勢シーパラダイスのある場所は、伊勢市二見町と言うエリアで3年前の旅行で
宿をとった場所でした。

DSCF6855.jpg
■二見と言えば夫婦岩(めおと岩)
脇には「二見興玉神社」があり(写真右手)、夫婦岩の沖合約700メートルの
海中に沈む、猿田彦大神縁の興玉神石を拝する神社なのだそうです。

ちなみに、この二見興玉神社は三重県内では2番目に参拝者の多い神社で、2013年
には265万7590人が参拝したそうです。(参考:Wikpedia)


旅行者は日本人だけでなく、外国人旅行者も多かったですね~♪

 

以上で、伊勢二見の家族旅行レポートは終了となります。 


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

朔日参りのお目当て、赤福の「朔日餅」 [  ・愛知、岐阜、三重]

3年前の伊勢旅行で知ったのが、赤福さんの朔日餅(ついたち餅)。

「いつか食べたいねー!」

と思っていたところ、四月一日が土曜日で宿の予約が取れたことに加え、
家族にとって一区切りが着く時期と言うことが重なったからでした。

また、子供達も3年前の伊勢旅行がとても楽しかった ようで、

「また行きたい!!!」

と言う声から再訪することになりました。


DSCF6736.jpg
■四月朔日の赤福本店
この写真の撮影時刻は、午前5時過ぎ頃。
「朔日餅」を求めて早朝から長蛇の列でした。

 

DSCF6741.jpg
■行列の様子
五十鈴川を渡る橋の対岸まで行列は続いています・・・。

僕たちは、早朝参拝ツアーに参加するため一度宿に戻り、早朝参拝を終えて
宿をチェックアウトした後、11時頃に赤福本店に向かったところ、まさかの
完売(涙)
早朝参拝ガイドのお兄さんから、

「四月の朔日餅は売り切れることないですよ!」

と聞いて安心していたのに・・・トホホのホ(涙)

 

しか~し!

DSCF6885.jpg
ちゃんとゲットしましたよ~♪
6個入りを2箱と10個入りを1箱。包装紙は伊勢千代紙でこれも月ごとに
デザインが変わります。
(10個入りは次の宿泊先で緑茶と一緒にいただきました!)


コレ、なぜ手に入れることが出来たかと言うと、しっかり者の嫁さんが
事前に予約をしておいてくれたから(笑)
残念だったのは、お店でいただきたかったからですが、次回の楽しみに
とっておきましょう♪

 

で、肝心の中身はと言うと。

DSCF6886.jpg
箱を開けるとこんな感じ。

 

DSCF6887.jpg
お餅の姿はこんなのです!
桜の葉は、思っていたよりも塩味が強目ですが、家族全員ペロリと
食べてしまいました。

 

次回は、海獣がウリの二見シーパラダイスのレポートで最終回となりまーす!


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

大人気!すし久さんの「朝粥」 [  ・愛知、岐阜、三重]

伊勢神宮「朔日参り」旅行記の2回目は、すし久さんの「朝粥」です。

DSCF6728.jpg
■四月は「筍粥」
朔日参りの日は、早朝の参拝者だけが体験できるレアな朝食とお菓子が振る舞われ、
ここ「すし久」さんでは、朝4時45分から朝粥が提供されます。

朝粥のメニューは月ごとに変わり、四月は「筍粥」でした。

 

DSCF6719.jpg
■すし久さんの朝粥
メインの筍粥は丁度いい塩加減で、冷えた身体を内側から温めてくれます。

その他、卵焼きにカマスの干物、切干し大根、お新香のお膳ですべてがとても
美味しく、一人前ナント600円!
これはハマりそうです♪ 

 

店内は言うと、

DSCF6711.jpg
玄関入って右手のかまどで、大忙しでお粥を器に盛っていました。
これを見たところで、いやでも期待が増してきます。

 

DSCF6714.jpg
お食事は2階の座敷でした
すし久さんは、 とても大きなお店で100人が座れるそうですが、僕たちは
80番目あたりだったことから、2階のお座敷となりました。

お客さんは、シニアのご夫婦から会社の同僚など様々ですが、小さなお子様は
殆ど見かけませんでした。

実際、うちの娘たちもあまり興味を示さず、伊勢うどんのお店に行ってしまい
ましたしね(笑) 

 

DSCF6726.jpg
■食事を終えた朝5時頃の様子
実は僕たちがお店に並んだのは、子供達を伊勢うどんのお店に連れて行った
後の朝3時45分頃。

春四月とは言え、まだ冷たい雨の中45分以上待って店内に入れたのは、4時半過ぎ
でしたから、ダウンを着ておいてよかったです。

 

DSCF6740.jpg
■行列はお店の裏まで
今回の旅行プランは、殆ど妻に任せていましたがとても納得しました。

 

ちなみに、早いお店は朝3時半から。

DSCF6705.jpg
■3時35分頃の練り物屋さん
若松屋さんの茹でたてはんぺんを買う行列で、伊勢うどんを食べ終えた
子供達が代わりに購入してくれました(笑)

 

次回は、伊勢の名物♪ 赤福さんの「朔日餅」のご紹介です。
お楽しみに~。


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

念願だったお伊勢さんの朔日参り [  ・愛知、岐阜、三重]

式年遷宮の翌年、2014年11月に家族全員でお伊勢参りをしたわけですが、
子供達はとても楽しかったようでした。

その後も機会をうかがっていましたが、今年は家族全員が新しい出発をする
年になることもあり、念願だった朔日(ついたち)参りを致しました。

DSCF6757.jpg
■宇治橋の橋詰より
伊勢神宮内宮は、五十鈴川を渡った場所にあり、内宮はこの宇治橋を
渡らないと参拝できません。

朔日参りとは、いつもよりも早く起きて前の一か月を無事に過ごせたことの御礼と
この一か月を無事過ごすことを願って行う参拝のことだそうです。

今回は、朝6時半からの早朝参拝ツアーに参加することで、正しい参拝の
作法や言われなどを学びました。

 

DSCF6765.jpg
■御稲御蔵(みしねのくら)の屋根と鰹木(かつおぎ)
この日はあいにくの冷たい雨空となりましたが、その分、自然と共にある
伊勢神宮を垣間見れた気がします。

「自然と共にある伊勢神宮」と書きましたが、日本の神道(しんとう)は
自然そのもの、つまり万物に神様が宿るという考えですから自然と共にある
と言う表現は正しくないでしょうね。


式年遷宮に代表される伊勢神宮の仕組みや考え方は、非常に奥が深くて訪れる
度に感動します。
もし、これまで一度も参拝されたことが無いのであれば、一度じっくりと
時間をかけて参拝に訪れることをお勧めします。

 

今回は朔日参りを経験し、赤福の朔日餅を購入するのが主な目的でしたが、
新しいスタートを切る決意をした自分にとってはまるで必然だったかのような
お伊勢参りとなりました。

「朔日参り」の様子と「朔日餅」については後日レポート致しますね~♪


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

父親の一周忌 [  ・家族のこと]

3/26(日)は父親の一周忌でした。

一昨年の年末に脳梗塞で再入院してから、年明けに一時帰宅したものの
症状の進行により病院を転院し、リハビリ治療を行なっている最中に急変し、
他界しました。

私「サクラは見れないだろうなぁ?」

医師「当たらずも遠からじだと思います…。」 

と明確に宣言されたこともあり、家族全員心の準備は出来ていましたから、
慌てず騒がず葬儀の段取りを進めたのが昨日のことのように思い出されます。 


葬儀は神道(しんとう)で行ったものの、家族で「樹木葬」のできるお墓探しを
始めたところ私の妻が自宅近くで気に入ったお墓を見つけてくれ、立地、景色、
予算の面で母親、家族が納得できたことから、四十九日には無事に納骨を
済ませることができました。

この時の判断は一年経った今でも、「正しかった!」と確信しています。

近くですから足を運びやすく、何かのついでにお墓参りができます。
なおかつ、景色や雰囲気が良いため、お墓参りが苦になりませんから、散歩がてら
足を運ぶことができました。

 

樹木葬のため、いわゆる立派な墓石はありませんが、骨壺の納まった黒御影石の
墓碑板があり、デザインは自由にできるためこの一年じっくり考えてシンプルな
墓碑板をデザインし一周忌直前に完成させました。

DSCF6654.jpg
一周忌の様子

 

DSCF6656.jpg
我が家の長女も色々と報告しています♪

 

家族全員でお墓参りをした後は、父親が好きだった浜名湖へ行き、お食事会。
お店とメニューは僕と妻で決めました。

DSCF6661.jpg
コレ何だかわかりますか?

スッポン鍋です♪

浜名湖周辺は知る人ぞ知るスッポンの産地でして、スッポン1匹で4人分の
コース料理が楽しめます。

我が家は3回目ですが、弟家族は初めてだったものの「美味しかった!」
と喜んでいましたよ。 

食事後は浜名湖畔を散策したのですが、アメフラシをたくさん見つけて
子供達はもちろん、嫁さんにとっても初めて見るアメフラシに大興奮で、
思い出に残る一周忌になったと思います。 

 

今年は色々と変化の年ですから、毎年この時期は報告に訪れることになるん
だろうなぁ~(*^_^*) 


nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

断熱性能の見える化とエアコン能力の提案 [  ・Now_薪ストーブのある家]

昨年2月の初回面談から始まったプロジェクトも1年を過ぎましたが、設計も
佳境に入り、工務店さん2社へ合見積りをお願いしていたものが出揃うため、
クライアントさんとの打合せに入ります。

しかし、予算がなかなか厳しいこともあり、同時にコスト調整要素を検討中。。。

今回のクライアントさんは、当初から「性能が欲しい」とハッキリ要望されて
いることから、耐震性能はもちろん省エネ性能についても意識した設計を
心がけていました。

DSCF6674.jpg
■省エネ性能検討資料
今回は、Ua値0.6を超える性能を目標に据えて設計しているわけですが、
その理由はもちろんですが、その結果どのような住まいになるのかを一般の方が
わかるように意識した資料を作成しました。

 

DSCF6676.jpg
■部位別の熱損失構成比
例えば、こんなのです。
Ua値で求められるのは「家全体の平均値」ですから、屋根や天井、東西南北の
壁の方位別で熱損失の割合を示してみました。

こうすることで、どこが寒いのか、どこが暑いのかが判るはずです。

 

DSCF6677.jpg
■空調設備の能力算定
これまで空調設備は感覚的に選んできましたが、外皮性能が算定できる
ことから、空調設備の適正な能力を算定してみました。

理論的には、10畳用エアコン1台で全館空調が出来る外皮性能があることが
わかりましたが、最も小さな6畳用のエアコンを各階に1台づつ設けることで
済みそうです。


積算段階では、Ua値0.56としていましたが、コストダウン案として断熱性能の
低減案として更に2案の比較設計を行ないました。
もし、予算を超える場合は外皮性能をどこまで下げるかが課題になることから、
あらかじめ試算をしておくこととしました。
 


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

高校生になる娘に教える3つのこと [■我が家の子育て]

この週末は長女の高校入学準備で明け暮れました・・・。

二人親でもこれだけ大変なのに、シングルマザーさんの場合は本当に大変だなぁと
思いました。

僕の子育ては、大きな方針は基本変えずにその時の成長具合や周囲との状況を
見ながら対応するようにしています。


その中で、中学までの義務教育を終えて、高校生になるという事はどういうことか
を常々考えてきました。

特に進路を決めるあたりから、娘の代わりに最初に自問した上で仮説を用意し、
それを娘に問うことで娘の考えを整理させるように仕向けました。


人間の脳は、質問を受けると「考える」ことを始めますから、僕がそのトリガーを
引いてあげるイメージになりますね。

 

今回、妻共々もっとも意識したのは、「スマホ」の扱い方。

スマートフォンは、「電話」と言う形を取っていますが、パーソナル・インターネット
端末ですから、自由に使わせるとネットにつながるものすべてとつながる大きな
利便性を獲得すると同時に、大きなリスクの海に身を委ねることになります。


まだ社会経験の未熟な子供には、少しづつ「リスク」「メリット」を体験させる
ことが重要と考えました。

また、大きな利便性を獲得するには「対価」を支払わなくてはならないため、我が家では
通信費を毎月のお小遣いの中から支払う方式としました。


スマホを与える際、その目的や狙いを十分に説明し、両者が納得することや僕らが娘に
対し、どう思っているかもくどい位伝えました。 

 

今回、高校入学にあたり娘にもっとも強く意識して教えたことは、

・高校生は「大人の入口」

・大人になると言うことは、お金と上手に付き合うこと

・問題を認識したら、手に負えなくなる前に相談すること 

の3点。

 

次女はこのやりとりを脇で見聞きしているだけに、きっと対応も早いでしょうね~(笑)

 


nice!(10)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「津波被害」を想定した地域防災訓練 [  ・耐震強度、地震対策]

3/12(日)は南海トラフ地震(旧、東海地震)を想定した地域防災訓練でした。

特に遠州灘沿岸域では「津波被害」を想定した避難訓練で、朝10時3分に津波警報
が発令したことを受けて一次避難場所へ避難すると言うものでした。

DSCF6509.jpg
■一次避難場所
3.11の津波被害を受けて、一条工務店からの寄付金100億を原資として、
県と浜松市は市内沿岸部にあった津波防潮堤嵩上げ工事に着手しました。

現在も工事中ですが、私達の住む地域をカバーする堤体は既に完成。

仮に津波が堤体を乗り越えたとしても、大幅に減衰されるはずですから
避難に対する切迫感はかなり解消されたと思います。

 

今回、娘たちと避難訓練をしましたが、防潮堤が嵩上げされたことを
知らなかったため、訓練の後で見学に連れて行き、津波は第一波よりも第二波、
第三波の方が波が重なりあって増幅することが多いことを教えました。


しかし、、、あまり関心を持ってくれなかったのと、ピンと来ていなかった
ようなので、時々学ぶ場を設けないといけないなぁと思った次第です(笑)
 


nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

もし中3の娘が友達だけで、TDLに行きたいと言ったら [■我が家の子育て]

電子書籍を加えるとビジネス書としては異例の270万部超えのベストセラー
「もしドラ」をもじったタイトルにしてみました(笑)

今年4月から高校生になる長女から、中学の卒業記念に仲の良い友達4人だけで
TDL(東京ディズニーランド)へバスツアーに行きたいと言う相談がありました。

バスツアーには、浜松駅からTDLまでの交通費と入場チケットが含まれており
1万5~7千円。

その他にも駅までの交通費、飲食費、お土産代が必要となりますが、長女の
預金はほぼゼロ。

 

相談は、最初に妻(母親)にしたわけですが、

「お父さんが『良い』って言ったらね!」

と言うことで、妻から相談がありました。


この時点では、長女も妻も僕が反対すると思っていたようですが、
僕の答えは1発OKでした。
反対されると思っていただけに、長女はとても喜んでいました。

所詮は国内旅行だし仲の良い友達だけで遠方への旅行体験は初めてですから、
日帰りだろうが1泊だろうが、ぜひ行くべきだと思いました。

 

ただし、条件を2つ付けました。

1つめ 旅行費用は、親から借りて返すこと。 

2つめ  そのための「予算計画」と「返済計画」を考えて「承認」を得ること。

たったこれだけです。

 

TDL旅行を快諾した一番の理由は、友達との楽しい体験をさせたいと言うよりも
この条件を飲ませることができる方が大きかったです。

 

今回のカテゴリーは、子育てです。

僕は瞬間的に、今回の件であることを教える良いタイミングだと考えたわけですが、
今回のことをfacebookで記事にしたところ、大きな反応がありました。

facebookでは、「僕が出した条件が何か考えてみませんか?」と言うもので、
「レポートを書かせてプレゼンさせる!」とか「ディズニーキャラクター全員と
写メを撮って送らせる」と色々な案が出ました。

 

しかし、僕が考えていることはまったく違うことでした。

昨日、長女が作った予算書を元に話し合いをしたところ、

「え~!そこまでする?こんなに厳しい家無いよー!」

と天を仰いで嘆いていましたが、それで僕が考えを変えることは無い
ことを娘は知っていますから、途方に暮れていました。


ここに至るには長女が産まれた時からの戦いがあったことで、決して突発的な
思い付きで言い始めたことではありません。

今回、僕がなぜこのような条件を出したのか、一度考えてみて下さい。
僕の考えが正しかったかどうかは、早ければ半年後、遅くとも10年以内には
わかると思っています。
 


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ZEH入居後2年間の実績 [  ・ホームシアターの家]

住まい見学会&ホームシアター鑑賞会をさせていただいた際にHEMS画面で
2015年~2016年の電力量推移のグラフを見せていただきました。

なかなか見事なものだったこともあり、今年は各地でセミナー開催をすることに
なることを予想し、エクセルデータをいただいたのでグラフにしてみました。

浜松市ZEH電力量推移2016-2017年.jpg
■2015年1月~2016年12月までの月別推移
青い棒グラフが「太陽光発電量」、赤い棒グラフが「電力消費量」です。
データはHEMSが日々計測したもので、電力会社からの請求書とは若干異なります。

建設地や住まい方、人員等で数字は大きく異なりますから、ここでご覧いただき
たいのは、季節による変動とすべての月において発電量が消費量を超えている
ということ。

 

僕は決してZEH礼賛者ではありませんが、外皮の断熱性能をZEH並みにし、
設備を予算に応じて選択すれば、快適に住みながらも低ランニングコストな
生活ができることを知っていただければと思いました。 


これまで「施主さんが住まいの性能を選択する」と言う考え方は、殆どされて
いなかったと思いますが、プランが決まり基本設計に進む過程で、生活の質を
考えてみては如何かと思っています。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅