So-net無料ブログ作成
検索選択

【古い町並み研究】中山道「妻籠宿」前編/長野県南木曽町 [  ・山梨県、長野県]

「土地に価値無し、エリアに価値あり」

誰が言ったかは定かではありませんが、この格言を実感するために今でも残る古い
町並みを体験する企画を、古い町並み研究と称した小旅行を始めました。

いわゆる町観光ですが、そこには多くの人を引き付ける何かがある!
それを体感し、論理構築するための自主的な取組みです(笑)


これまで行なってきたことを、この機会に(←何の機会だ?)意識的に取り組む
ことにしました。

第一弾は、旧中山道の宿場町「妻籠(つまご)宿」です。
DSCF7342.jpg
■妻籠宿 町営中央駐車場
東海中部エリアも入梅しましたが、天気予報とにらめっこしながら晴れ予報の
日を狙って、一人で向かいました。

今回は、空間を「体験」することを目的とし、宿泊はしないでお弁当を持参し、
ガソリン代だけで日帰りすることにしました。


朝9時に浜松の自宅を出発。
途中で電話対応したり、道の駅「信州平谷」で休憩しつつ一般道を走って辿り着いた
のが町営駐車場。駐車料金は1台500円です。


駐車場に到着したのが、13時10分頃。
ナビ通りにノンストップだと3時間20分程のドライブですが、途中で塩モナカ
買ったり、馬刺しを購入したりで到着時点で既に約束を守れていません(笑)


駐車場で嫁さんが握ってくれたオニギリをいただいて腹ごしらえをしてから、
街歩きに入りました。

DSCF7343.jpg
■蘭川を渡す尾又橋
木曽川の支流、蘭川の右岸側に「妻籠宿」があります。
つまり中山道はこの川の向こう(右岸側)にあるわけですが、自動車社会になってから
整備された国道256号に沿って駐車場が作られていました。



DSCF7344.jpg
■尾又橋から見る蘭川上流
見慣れた旧東海道とはやはり景観が異なりますね。
この橋の先に今回お目当ての「妻籠宿」が待っています。

ガッカリするのか?感動するのか?

それは次回にしたいと思います。


【次回予告】
DSCF7346.jpg
■妻籠宿の案内板

nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【大好評で終了】第7回 森のたまご(後編) [  ・「森のたまご」イベント]

今回も引き続き、「第7回 森のたまご」のレポートをお送り致します。

終了後のアンケート結果で、初回から参加されているリピート参加者さんからの
コメントにスタッフ一同、微妙な嬉しさが漂いました。

「これまでの中で一番、満足したワークショップでした」

うーん、、、
草木染めや木作り小物、クリスマスリース作りもかなりイケているワークショップ
だと自認していただけに、スタッフ一同で

「この違いはなぜだろうね~?」

と話し合いました。
負担いただいた費用もこれまでの2倍以上ですから、満足度はそれを大きく上回るもの
だったと言うことになるわけですが、その他のコメントから色々と推察をして
いるところです。

DSCF7284.jpg
■紫蘇シロップの瓶詰め作業
嫁さんが実演をしているところですが、ナント子供さん中心に黒山の人だかり
になっていました(@_@)

僕はOMソーラー内の別の展示場に出店していた嫁さんの代役に行っていたため、
梅シロップや紫蘇シロップ作りの様子に立ち会えませんでしたが、そう盛り上がる
ものではないと踏んでいましたから、それだけに驚きました。

聞くところによると、紫蘇シロップの瓶詰めを始めたところから子供達が
群がってきて「きれい!宝石みたい!」と表現していた子もいたそうです\(^o^)/



DSCF7286.jpg
■作った梅シロップを眺める
自分達で収穫した青梅を洗い、氷砂糖と一緒に瓶詰したものです。
手前のガラス瓶は、わざわざ自宅から持参されたものだそうで、さすが
毎回参加されているだけあって良くわかってらっしゃいます(笑)




DSCF7288.jpg
■紫蘇シロップ
参加テーブル毎に配っておいた赤紫蘇の葉から作った紫蘇シロップです。
ひなたCAFEで用意したガラス瓶に詰め替えて、一組に1本づつお渡ししました。
梅シロップは完成まで2~4週間かかるため、この場では紫蘇シロップを水で希釈
して休憩タイムに飲んでいただきました。



DSCF7291.jpg
■ワークショップの成果物
 左)自分で収穫した青梅で作った梅シロップ
 右)赤紫蘇のシロップ
皆さん、こんな感じでスマホで写真に収めていましたね。



DSCF7296.jpg
■恒例の記念撮影
すべて終了後、最後に記念撮影をさせていただき解散となります。
今回は13時半から16時までの2時間半、スタッフ6人ですが安全に楽しく
終えられたことに「ホッ」としました。



後ほど、これをご覧になられて「行きたかったー!」と言う方がいらっしゃい
ましたら、メッセージいただけましたら次回11月に予定しているイベントの
ご案内をさせていただきますので、お気軽にどうぞ♪

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【大好評で終了】第7回 森のたまご(前編) [  ・「森のたまご」イベント]

2月末からスタッフ5人で打合せを重ねてきた、第7回「森のたまご」。
募集10組に対し12組32名の申し込みをいただきました。
せっかくですので、すべての方に参加していただけるように致しました。
DSCF7267.jpg
■OMソーラー本社「地球のたまご」に自生する梅の樹
ワークショップは定番のコナラ苗植え替えの他、メインイベントとして「地球のたまご」
の敷地内に自生する梅の樹から、青梅を収穫し梅シロップを作ると言うもの。


終了後のアンケートでは、収穫から梅シロップ作りが最も評価が高かったようで、
常連さんの中には「過去最も良かった!」と答えて下さった方も(笑)



DSCF7251.jpg
■オープニングトークの準備
毎回、約15分間のオープニングトークでイベントの開催目的をお伝えするのが
僕の役目。
その他、運営スタッフの紹介、注意点、開会、閉会の宣言も担当しています。



DSCF7271.jpg
■梅シロップワークショップの説明
オープニングの後は、ワークショップを進めてくれるOMスタッフにバトンを
渡し、フォローに回ります。
通常、10時集合し段取りの確認をすると、搬入、セッティング。
会場準備を終えるとほぼ12時。
昼食をいただきながら、最終確認をして持ち場につくわけですが、当日は誰言うと
無しに各自が動いてくれます。



DSCF7275.jpg
■青梅の収穫体験
収穫しやすいように、危険が無いように事前に準備をしてくれていました。
一組10粒を目安に青梅を収穫してもらいました。



DSCF7292.jpg
■OMスタッフが収穫した青梅
「栽培」と言うほど管理はしていないのに、こんなに立派な青梅がたくさん収穫
できましたよ\(^o^)/


打合せしている時、

「そんなにたくさんの量のシロップを作れるわけじゃないけど大丈夫かな~?」

と気になっていましたが、それを承知の上だったこともあり、楽しんで
いただけたようです。




思っていた以上に長くなりましたので、続きの様子は後編で・・・(笑)

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

着工、コンクリート基礎工事 [  ・Now_薪ストーブのある家]

「(仮称)薪ストーブのある家」がいよいよ着工となりました。

DSCF7207.jpg
■鋼製型枠
翌日にコンクリート打設のため、この日はJIOによる鉄筋の検査でした。
コンクリートで見えなくなる前に実地で検査を行ない、所定量の鉄筋が
入っているかなどを確認します。
計画通り施工されていることで、保険が適用になると言うわけです。


DSCF7205.jpg
■スラブ配筋とスペーサー
コンクリートスラブと砕石基礎の間には樹脂フィルムを施工し、コンクリート中の
水分が基礎に抜けてしまうことを防止します。



DSCF7220.jpg
■コンクリート打設開始
生コン工場で製造されたレディミックスドコンクリート(あらかじめ工場で厳密に配合
管理されて練られたコンクリート)がコンクリートミキサー車で現場に運ばれます。
コンクリートポンプ車に投入し、基礎屋さんが指示した箇所にコンクリートを
投入していきます。



DSCF7219.jpg
■叩いてコンクリートを締める
生コンクリートには投入作業をしやすいよう、微量の空気が入っています。
また、水分もやや余分に入っているため、叩いて空気や余分な水を追い出して
締め固めて、密実なコンクリートを形成させます。

そのため、「コンクリート打設」と言う表現になるわけです。
バイブレーターなど無い時代は、それこそ竹棒で突いたり型枠を叩いたりして
して固めに寝られた生コンクリートを液状化(流動化)させて、型枠の
隅々まで行きわたらせていたそうです。



DSCF7229.jpg
■コテ押さえ
コンクリートは、砂と砂利、セメント、水、混和剤を練り混ぜたものですが、
乾燥させるものではなく、水とセメントによる水和反応を正しく行なわせることで
固く密実な基礎を形成させます。

水和反応は、気温によって速度が異なりますから、夏はまさに時間との闘い。
打設後は、4週間近い時間をかけて反応が進み所定の強度が出るため、必要な強度が
発現するまでは型枠内のコンクリートを動かさないことが重要です。


コンクリート表面が落ち着いてきたところで、コテで押さえて平にしていきます。
社長自らコテを使って、仕上げていきます。



DSCF7224.jpg
■コンクリートカスの除去
基礎の立ち上がり部分は、基礎梁として基礎の剛性を司る重要な役割を担っている
と同時に、土台と柱が乗りますから建物の水平と垂直を決めます。

そのため、基礎の天端は水平であることが望ましく、誤差が少ないほど良いわけで
レベル出しのためにセルフレベラーを流して天端のレベルを調整します。


その時に接着不良を起こさないよう、コンクリートのカスを丁寧に除去している
そうです。
ここまでやっていることをお施主さんに報告して、説明することも僕らの役割だと
思っています。

nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

第9回「まるたま市」の報告 [  ・手づくりジャム屋]

ひなたCAFEが、喫茶事業から手作りジャム屋に変わる大きなターニング
ポイントとなったのが、今から3年半前に始まった「まるたま市」への出店
でした。

そんな経緯と言うか恩義もあり、「まるたま市」への参加は第一優先に考えて
取り組んでいます。


そんな、まるたま市も今年5月で第9回目を数えるまでになり、手作り雑貨市
としては一定の認知を得てきているようです。
DSCF7151.jpg
■駐車場を利用した屋外店舗の様子
オープンする10時前に写真を撮っていると、近隣の方と思しき高齢の
ご夫婦が「まだ入れないの?」と運営スタッフに聞いていました。



DSCF7154.jpg
■ひなたCAFEの出店会場
今回も、肴町の老舗乾物屋「丸喜屋商店」さんが管理する旧「三米商店」さん
をお借りできました。
ひなたCAFEはジャムの試食やドリンク販売があるため、こちらをお借りできる
のはとても助かります。



DSCF7157.jpg
■午後の様子
今回のまるたま市は小学校の運動会と重ならず、また両日ともお天気に恵まれ、
例年とはことなって終日、平均してお客様が回遊していたように思います。

また、この日は他にもカギヤマーケットなどのイベントも同日開催されていた
ことも、お客様が集まりやすかったのではないでしょうか?



駅前中心市街地の魅力を向上させ、街中に少しでもにぎわいを生むための
お手伝いができればと思い、これからも協力させていただけたらと思います。


nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

6/4(日)第7回 森のたまご開催 [  ・「森のたまご」イベント]

どんぐりから、小さな森と創造力をはぐくむ

このコンセプトに共感した会社3社、担当者5人による手作りワークショップ
「森のたまご」も第7回目を数えるまでになりました。

僕にとってもライフワークになりつつありますし、初回参加者のどんぐりも
成長し、昨年はドングリを実らせるようになったそうで、蒔いた種が
少しづつ形になってきたことを実感しています。

今回の開催は、2017年6月4日(日)13時半~16時半

会場は、OMソーラー㈱「地球のたまご」です。

今回のワークショップは、季節の梅シロップと紫蘇シロップ作りです。
しかも、梅は地球のたまごに自生している、青梅を自分で収穫したもの。
会費は、1組1,200円、定員は10組まで。
お申込みは、info@omsolar.jpまで。
既に、6組のお申込みをいただいていますから、参加希望の方はお早めに
お申込み下さい。

DSCF7149.jpg
■スタッフ会議の様子
いつもは、浜名湖畔にある村櫛町のOMソーラー本社で行なうのですが、
この日がノー残業デーになったことから、ひなたCAFEで行いました(笑)



なお、「森のたまご」イベントは午後からの開催ですが、同日10時半より
「地球のたまご」内のモデルハウスで、第3回わいガヤ交流会が開催されます
から、時間が許す方は午前からお越しになってはいかがでしょうか?

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

良き日の地鎮祭! [  ・Now_薪ストーブのある家]

梅雨明けのような暑さの日曜日の正午前。

昨年2月からお打合せを始めていた、住宅の地鎮祭を執り行ないました。

DSCF7163.jpg
■地鎮祭の様子
計画地は四方をお茶畑に囲まれた長閑な静岡らしい場所。


チャノキの栽培に適した土地 ⇒ 水はけの良い土壌 ⇒ 砂礫質の良好な地盤。


盛土地盤だと必ずしもこの通りではありませんが、SS試験の結果も良好。
と言うよりも、礫に当たるためスクリューが中々貫入していきません(@_@)


地の神様に、工事の安全を祈願する地鎮祭は滞りなく終了。
その後は、近隣の方へ工事着手のご挨拶をし、建物の位置と高さについて現場で
お施主様の確認を得ました。



「薪ストーブのある家」もいよいよ工事着手!
楽しみが増えます♪

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

終わりと始まりのはざま・・・ [■日々のこと]

ブログの更新が出来ないくらい立て込んでいます。


「終わりと始まりのはざま」


と言うことに行きつきました(笑)



6月に入ったら落ち着くはずなので、もうちょっと待っていて下さいね♪

nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今シーズン最初の生シラス [  ・浜名湖周辺]

4月の最終週の週末は、友人と2人で浜名湖サイクリングでした。

私の家を集合場所にして、朝9時出発。
遠州灘海岸沿いのルートで西へ走り、弁天島にある和菓子屋「菊屋」さんでお茶菓子
として柏餅を購入し、湖西市の今切口側にある「海釣り公園」でティータイム。


無風、晴れのお天気で、暑くなく寒くもなく、絶好のサイクリング日和でした。
仕事の話や色々な話をしながら走ると「アッ」と言う間に目的地に着いてしまう。


帰りはちょっと寄り道して、地魚だけを扱っている魚屋さんへ。
「へー、こんなお店あるんですね!」
「おっ!(舞阪産の)生シラス発見♪」

DSCF7036.jpg
その日の朝、水揚げされた生シラス

生食の場合は、水洗いする際に鮮度が落ちないよう、キンキンに冷えた氷水で
洗って汚れを流し、生姜醤油でいただきます。
これをいただくと「あー、いよいよ春から夏になるなぁ!」と身体が実感しますね。
たくさん食べるモノではありませんが、季節を感じることができ、その土地だけの
豊かさを感じられる瞬間です。

nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

GWを利用して初回プラン作成 [  ・New_お姉さんの小さな家]

旧知の友人からご家族の方の住まいについて相談をいただき、初回提案として
GWの休みを利用して1案作成しました。
DSCF7119.jpg
■1stプラン
スタディ模型と庭のスケッチ。



正直なところ仕事になるかどうかなんてこの時点ではまだわかりませんが、現状で
困ってらっしゃるのは事実ですから、「僕ならこう考えます」と言う感じで
いつも提案をしています。
それで打合せを重ねていると、プランがリアリティを持ち出して、実現に向かって
行くと言う感じでしょうか?





DSCF7117.jpg
■述べ面積19坪
とっても小さな住まいの提案ですが、小さな住まいは各部を詰めて考えて
いかなくてはいけませんから、設計力を試されるんですよね~(^_^;)


今回はまだ実際に住まわれる方とお会いしていませんから、友人の話から僕なりに
イメージを膨らませて、家で過ごすのが楽しそうな提案を考えてみました。
さて、このプランはどういう反応でしょうか?
打合せが楽しみです。

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅