So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

「墜落遺体」御巣鷹山の日航機123便 [ ・本]

先週3連休は図書館にこもって、コンクリート診断士の勉強をしていましたが、
生来の勉強嫌いのため、すぐに現実逃避してしまう癖があります。

この日も9時の開館直後に入館したものの、座席の近くの書架を見渡したところ、
このタイトルに目が止まって、パラパラと流し読みを始めたところ心臓を鷲づかみ
されたような衝撃的な事実に、1時間半近く勉強そっちのけで読みふけってしまい
ました。
DSCF0189.jpg
■墜落遺体/飯塚 訓著
ずばり申し上げてすごい内容です。
絶対に地上波TVでは放映できない、飛行機事故の現実が描かれていました。

映画「クライマーズハイ」や「沈まぬ太陽」とは違う立場、違う視点です。

当時、群馬県警の刑事官として、遺体の身元確認班長として指揮した飯塚氏に
よるもので、退官されたからここまで書けたのだと思います。


ジャンボ機が山に正面衝突した時の遺体がどれほどのものか?

数多くの不審死を検死したベテランの警察官、医師、看護師の誰もが想像を
絶する521人分の「ご遺体」が遮光カーテンで閉め切られた、真夏の体育館に
運び込まれ、2000を超える検視(「死」の文字を変えています)の現場が
如何に凄まじかったかがリアルに描かれていました。


絶対にメディアでは書けない、指揮した人間にしか書けなかったであろう
この本は携わった人に報いて、後の大事故に関わる人への想いを込めて
書き記す事にしたのだと思いました。



安全に関わる方、事故処理に関わる方に限らず、事故を忘れないためにも
是非この事実を知って欲しいと思いました。

新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/06/22
  • メディア: Kindle版
新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

  • 作者: 飯塚 訓
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/06/23
  • メディア: 文庫

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

コンクリート診断士試験ラストスパート! [ ・公共事業の仕事]

ようやくまとまったお休みでした。
平日は帰宅が遅いく、殆ど勉強ができないため休日はほぼ終日勉強に
充てるようにしています。

DSCF0188.jpg
■コンクリート診断士試験のテキストと問題集
本試験は選択問題40問と記述試験AとBがあります。
受験資格は一定の実務経験か、技術士、一級建築士の他、研究者に
限られます


さらに、あらかじめ丸二日間の講習会を受講するのが必須となっていて
コンクリート構造物に関する歴史から始まり、材料の知識、劣化メカニズム
調査の手法、劣化の段階、劣化状況の判定、劣化進行の予測、劣化抑止の
手法を駆使して、ライフサイクルコストの観点から補修・補強の対策を策定
できるようにならないといけません。

2017年度末には、築40年となる公共施設の躯体劣化診断と改修計画立案を
担当し、責任の重さを実感しただけに今後も仕事として行うなら取って
おきたい資格と思っています。


本試験まであと5日間。

択一問題が終わり、ようやく記述問題Aに入りました。
模範解答を読むと「今ならもっと面白い提案できるのに!」と思いますが、
択一問題でも多大な知識が必要になりますから、今年はどうなるかは
わかりませんが当たって砕けろの精神で望もうと思います。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

子供自身で自分の設計図を作る [ ・家族のこと]

「自分の人生は自分のもの」

「自分の人生は自分で決める」

を信条に子育てと言うか子供と接しています。

来年受験を迎える娘達にとって、今年の夏休みはその準備の年になります。

人生と言う道程には、ところどころに分岐点があり、若い娘達にとって学校の
卒業と進学がそれにあたります。

産まれた時点では分岐点での選択肢は無数にありますが、年齢を重ねるに
従って選択肢は限られ、いずれにしてもどれかの選択肢を選ばなくては
いけません。


これを何のビジョンもなく、何の考えも無く安易に選んでしまうと、修正には
莫大な時間とお金、エネルギーが必要になります。

「戦略の失敗は戦術では返せない」

と言われるのはまさにこのこと。


それを知りながら、子供にアドバイスをしないのは親としても大きな損失に
なりますから、逐一教えているのですがどう考えれば良いのかわからない様子。

そのため、今回、こんなものを作って夏休みの宿題としました。

DSCF0174.jpg
■(仮称)村松家の人生設計図
ある程度大きな企業で経営企画や商品企画を担当すると、ほぼ例外なく
会社の中長期計画に関わります。

僕も商品計画の観点から意見を求められ、「こうじゃないっすかー?」って
感じで提案していましたが、まず計画がその通りになったことはありません。

なぜかと言うと、それを実現するための実行施策に落とし込まれていない
からで、その殆どがリソース(資源)の配分が適切になされていないこと
によります。


そのため、戦略を策定するためには「何をやらないか」を決める事が最も重要
ですが、あれは捨てられないこれも捨てられない…と言う感じで、結局は
リソース不足で実行できなく、思った成果に結びつかないと言うことになります。


娘達にはまだここまで教えていませんが、いずれその時が来たらじっくり
教えてあげようと思っていますし、大人として教えてあげられると言う事を
知ってもらうつもりです。


で、今回の夏休みの宿題ですが、考えやすいようにこのように作りました。

DSCF0179.jpg
■5W1Hで考える人生設計図
良い替えれば、娘達の未来予想図なわけですが、図と言いながらもテキスト
なのはちゃんと意図があります。
その考え方も説明しましたが、まず本質的な理解は出来ていないでしょう。

そのため、今回は5W1Hで考えさせてみようと思い、なぜこれをやるのかを
説明した上で、書き方、考え方を教えました。


その年(When)、どこ(Where)に誰(Who)と住んで、何(What)を
しているのか?

これを書いて提出してもらいが、それはなぜ(Why)なの?とインタビュー
する事で娘達の思考を深めていき、それはどうやって(How)やるのかに
落とし込んでいきます。


「夢」や「目標」を実現すると言うことは、限りある資源をどう上手く使って
達成していくかに他なりません。
大きな結果を出したアスリート、有名になった芸人やタレントさんも基本的に
すべて同じ。


今回は、スタート時点での立ち位置の違いについては説明していませんが、
一般論としてはこのように考えると取り組みやすいと思います。

ただ、これが完成してもしょせんは絵に描いた餅。


どんな優れたアイディアも設計図も、実行する事でしか実現はあり得ないから。
娘達のコンサルタントとしてこれからもしつこくサポートしていこうと
思っています。

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:住宅

ささやかながら誕生会 [ ・家族のこと]

今年も健康で誕生日を向かえることができました。

出勤日でしたが仕事を17時半で切り上げていつもよりも早い帰宅。

夕食では家族全員がささやかな誕生祝いをしてくれました♪

DSCF0166.jpg
■次女が手作りしてくれたとろろプリン
長女からはLINEでお祝いメッセージを貰いましたし、こういう何気ない
のが一番嬉しいですね。


一年前は、人生初の無職。
その時点ではどうなるかまったくわかりませんでしたが、幸いにも建築設計者
として、またランドスケープデザイナーとして「ビオトープのある研究所」の
設計を担当させていただくことになり、実り多き一年となりました。

本当、あきらめなければ人生って何があるかわかりませんね~。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

夏にエアコンが売れる理由 [ ・リフォーム工事]

タイトルをこのようにしたのは、
「本格的な夏の訪れでエアコンの出荷がピークに」とTVや新聞で報道される
理由が、実はまったくわかりませんでした(笑)

自分自身、これまで2回エアコンを購入する機会がありましたが、いずれも
暑くなる前だったから。
(暑くなって冷房を運転してはじめて不具合に気づくからですね^_^;)


関東甲信越で梅雨明け宣言がなされた先週末は浜松も猛暑となり、この夏初めて
冷房運転をしたところ、室内機から水がポタポタと落ちてくる。

「あー、きっとドレーン詰まりだな?」

と思ったため、取り敢えず妻にお掃除の指示をしました。


しかし、症状からすると室内機の内部からになるため、専門のお掃除業者さんに
お願いしないと難しいので電気店に勤務する実弟に「どこか紹介できる?」
相談したところ、「できるけど、20年だと経年劣化が進んでいると思うから、
お掃除しても次々に問題出てくると思うよ」との回答。


何となく自分でも思っていたところもあったので、弟のコメントからようやく
踏ん切りがつき、20年ぶりに主寝室のエアコンを買い替えることに決定。

DSCF0164.jpg
■メーカーと機種検討
「いずれこの日は来る!」と思っていたのと、昨年までの仕事内容からエアコン
メーカー各社の動向をここ数年チェックしていたため、ある程度メドはつけて
いたので、見積り依頼は超具体的にできました。

妻からは、「最近CMでやっているお掃除機能が気になる」と言う要望があり、
一気に検討を進めて発注しました。


住宅設備家電って、販売ルートにより様々な派生機種が存在します。
各メーカーごとにその年にもっともアピールしたい特徴(他社との違い)を基軸に
微妙な機能を付けたり減らしたりして、バリエーションを用意しています。

ですから、家電量販店に置いてあるカタログには一部の情報しか掲載されて
いないことは、昨年までの仕事で身に染みてわかっていました(笑)


そのため、ある程度機種を絞ったところで各メーカーの業者向けサイトにアクセスし、
比較したい機種(型式)の納入仕様書をダウンロードしてスペックを調べました。

DSCF0165.jpg
■M社エアコンの納入仕様書
我が家の耐久消費財選択の基本方針は、

気に入ったものを選んでより長く使用する

なので、価格だけでは絶対に決めません。

自分達のライフスタイルや価値観、使い方から、必要と思われる性能や
使用感、インテリア性の観点から機種を絞り、あとは予算に見合えば
決定となります。


H社の新製品に搭載された機能は、理論的には合理性があり試してみたい
思いもありましたが、M社が特徴としている技術もかなり熟成されてきて
信頼性がうかがえ、それだけでも20年間の大きな技術の進化を享受できそう
でしたから、今回はM社で決定としました(笑)

今回はスマホ操作の機能もわざわざ付けたので、それも楽しみです。

この記事が少しでも設備家電選びの参考になれば幸いです。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

ビオトープパンフレットを作る目的 [ ・New_ビオトープのある研究所]

基本、週末はコンクリート診断士の試験勉強をする事になっているのですが、
苦手な分野になると思考停止したり、別の事に現実逃避してしまいがちです(笑)

先週もボツボツと問題集を解いていたところ、兼ねてから考えていた
アイディアを形にする作業をしてしまいました。

それをもっとわかりやすい形にしたのがコレ。

IMG_1147.jpg
■ビオトープのガイドブック(案)
これはパンフレットのラフと言いますがデザイナーやライターさんに説明するために
パワーポイントで作成したものです。

長年、メーカーで商品企画や新規事業の企画をやっていましたが、新商品の特徴や訴求
ポイントを明確にし、どうやって売るかを考えるために商品企画とセットで考える癖が
ついていました。



IMG_1148.jpg
■ビオトープとは…
「ビオトープ」と言う言葉を聞いたことある、知っている人は大勢いますが
それを具体的に説明できる人は意外に少ないです。
多くの人で物事を進める時に大切なことは、まず言葉の定義をすること。

それを面倒くさがる人が多いですが、事業の責任者がまずやるべきはコレ。
特に人に仕事をさせようとする場合は、最初にコレをやらないと手戻りややり
直しが多くてロスコストにつながるし、事故に発展する事もあります。


その上で、このビオトープはどういう仕組みになっているのかを解説しています。

ここまでで、表紙を入れて3ページ。


IMG_1149.jpg
■生息する生物の紹介
4~7ページは、このビオトープに生息させようと思っている動植物の
紹介になります。
1ページに4種類として、合計で12種類。
当然、すべての動植物を紹介する事はできませんから、Vol.2、Vol.3で
紹介するようにします。


このパンフレットラフは、完成後に設計事務所の仕事として請けるための
提案用として作成しましたが、完成引渡しの1年前の今、コレを作成したのは
もう一つ大きな理由があります。


それは、近々、お施主さんとゼネコンさんとで工事契約を結ぶわけですが
最初に申し上げたようにビオトープを正しく理解している人は少ないため、
共通の認識を持ってもらうための説明資料として使用します。

また、秋頃に工事着手となりますが、現場監督や職人さんにも「目的」を
理解してもらうための設計趣旨説明として利用します。

今回のビオトープを構成する要素は、「湿地」「池「水路」「雑木林」です。
それらの「構造物」が目的のためにどんな役割りをするのかを本質的に理解して
工事の作業を進めて貰いたいと思っているからです。


日産自動車の名車「スカイライン」を世に出した事で知られる桜井眞一郎氏も、
スカイラインの開発にあたり「コンセプト」を1本の小説にして設計者全員に
読んでもらう事から、ユーザーを明確にし、どのようなシーンで使用され、
車がどんな役割りを果たすかを説明した事は有名な話。

このパンフレットラフを元に、ストーリーをご説明して目標に対して一体的に
進む現場になったら楽しいと思っています。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

1年前は失業者でした(笑) [ ・ランドスケープデザイン]

昨年の6月は社会人になってはじめての失業者でした(笑)

中高生になったばかりの娘2人と妻に住宅ローンを抱えながら、無職となった
のが今から1年前のこと。

無職となった最大の目的は人生の岐路を前に自由時間を創る事。
資金が尽きたらどんな仕事でもやるつもりで自由時間を許してもらい、今後20年間の
準備に充てるために必要な時間を作るのが目的でした。

やるべき事は山ほどあり、失業後の営業活動の傍ら、インプットのための旅先として
選んだ中の一つがココ。

DSCF7607.jpg
■ラ・コリーナ近江八幡  撮影日:2017年6月23日
和菓子で有名な「たねや」グループのフラッグシップストアと言う位置づけで、
写真の建物(通称「草屋根」)の奥に広がる広大な敷地には本社建屋があります。
参考記事 ⇒ https://todays-cafe-pre.blog.so-net.ne.jp/2017-07-10
藤森照信氏設計の建築を見学するためにラ・コリーナ近江八幡を訪れましたが、

「自分がやろうとしていることは公共事業よりも民間企業の方が実現する
 確率が高い!」

と気づきました。
今の自分であれば、経済合理性と市場原理を視野に

「企業価値が向上するよう建築設計者としてクライアントを支援できるはず」

と言う結論に至ったものの

「そもそもそんな施主はどこにいるんだ?」


と思っていたところ

「ビオトープを作りたいと言うプロジェクトがある」


と言う話が運よく目の前に降ってきました。


近江八幡旅行からわずか2ヶ月後の8月末で、僕の中のすべての歯車が噛み
合った瞬間でした。


こうして建設コンサルタント時代から持ち続けてきた理念はビジョンとなり、
試行錯誤から温め続けてきた30年来のアイディアを手描きイラストにし、
クライアントとの共有認識を経て実施設計図となり、先週末にはゼネコンさんが
積算をして工事価格が提示されました。


クライアントさんからは

「ここまで来たらお金を用意するのが施主の仕事だ」と言っていただけた。


ここまで来たのはクライアントさんがこういうプロジェクトを企画できるまでに
地道に準備をされてきた事が最大の要因ですが、その他にも本当に多くの人の
支援と実行があってのこと。

デザイナ―と言う立場としてはあくまで演出家であり、このあとは実際に施工を
するゼネコンさんの力量で決まる。

どのゼネコンさんに委ねるのか?
クライアントさんと良く話し合い、成功確率を上げるための判断と取組みが求め
られている。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

ショウガの芽生えとライム [ ・家庭菜園]

2018年度のコンクリート診断士試験まで4週間を切りました。
週末は仕事やイベント出店が無い限り、地味に勉強をしているためあまり
話題がありません(笑)
(ビオトーププロジェクトは順調に進んでいますが、まだ詳しく書けません)

試験勉強はやっているものの、あまりに地味な勉強で進捗が悪く、すべて
終わる前に試験本番を迎えそうな様相でちょっと焦っています。


それでも、季節は移り変わりますから、勉強の合間に庭の管理をして気分転換を
はかっています。

ショウガ_180624.jpg
■ショウガの新芽
毎年、浜松産の無農薬ショウガを使ってジンジャーシロップを作って販売
しています。
とても人気で毎年、待ってくれているお客様がいる商品ですが、自分でも作って
みようと思い、3月に種ショウガを植え付けました。

しかし、春になってもGWになっても芽が出ず、「失敗したかな?」と思って
いたところ、6月に入ってようやく元気な芽が出てきて安心しました。


7月頃に芽ショウガの収穫が出来るようですが、根ショウガの収穫は9月~11月。
水を好む植物のため夏場の水管理は重要ですし、収穫しても使用するまでは
寝かせる必要があり、とても時間がかかる農作物のようで、高価な理由が
何となくわかってきました。

どれほどの収量が望めるかわかりませんが、ジンジャーシロップに使用できる
程は収穫できそうにない気がします(笑)


それと、3年前からようやく実を結ぶようになったライムも順調に育って
くれています。

ライム_180624.jpg
■ライムの幼果
樹自体がそれほど大きくないのもありますが、そもそも大量に花をつけても
殆ど落ちてしまい、収穫できる実は例年5個程度です。

それでも、国産の無農薬ライムは殆ど流通していないのと、独特の芳香が好み
なので、家で楽しめるよう頑張って育てています。


庭仕事は無限にやることがありますが、楽しいので一日やっていても飽きません。
これだけやって生きていけるならそれも幸せな人生かもと思います(笑)

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

認定こども園の設計コンペ [ ・公共事業の仕事]

先週は幼稚園と保育園を統合した「認定こども園」の設計コンペがあり、
20分間のプレゼンを行ないました。

要求をそのまま形にすると色々な問題が生じることが明確だったため、問題提起をし
解決策を提示致しました。

「来週、月曜日に結果報告します!」

との事なのに何の連絡もなく、ようやく今日、文書で連絡が届きました。

結果は「落選」でしたが、「この案が通らないなら仕方ない!」と思って
いましたから残念と言う思いはあまりありませんが、負けたと言う結果には
純粋に悔しいですね。


設計者1社はかならず選ばれる設計コンペですから、何をどう言い訳しても
クライアント側の真の要求を満たせていなかったことは事実です。

ひたすら前を向いて進歩することでしから、道は開けないですから、
今後も精進していこうと思います。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

静岡新聞朝刊の記事になりました [ ・New_ビオトープのある研究所]

昨年10月から設計を担当させていただいている「ビオトープのある研究所」ですが、
5月末の開発審査会を無事通過したため、クライアントさんが記者発表を行ないました。

これまでも情報を聞きつけた新聞記者さんから何度も取材依頼があったようですが、
ようやく情報公開となりました。

DSCF0140.jpg
■6/13付け静岡新聞朝刊 経済欄
使われている鳥観図は設計者が作成、提供したものです。
その他にも完成直後、10年後の雑木林の成長の様子がわかる、パースや
ビオトープのイメージがわかる手描きイラストも作成しました。


これまでの記者発表はクライアントさんだけで行っていましたが、今回は
「設計者も同席して欲しい」と要望いただき、私からビオトープの説明を
させていただきました。


先週は、記者発表の他にも保育園のコンペプレゼンがあり、その追い込みと
工事見積りの質疑回答が重なり中々大変でしたが、何とか乗り切れました。

今週末には、建設会社各社から見積書の提示があります。
予算に合うのか(通常はオーバーする)かなり心配ですが、鉄骨工場がひっ迫
していて、早く業者選定をしないといけないため今週も追い込まれそうです。

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -