So-net無料ブログ作成

現場を見て中二の次女が感じたこと [ ・New_ビオトープのある研究所]

内装仕上げ材のコーディネートをするにあたり、中二の娘に選定を依頼し、
お施主様の評価が高かったため、ブラインドのスラット(羽)色選定
手伝ってもらうことにしました。

とは言え、設計監理者として提案する責任がありますから、娘がどれくらい
分かって色選定しているのか不安だったため、鉄骨建て方を終えたばかりの
工事現場に連れて行き実際の空間を見せることにしました。

DSCF1856.jpg
■ファサード全景
車で現場に近づいたところで「あ、あれだね!」と次女。
「何でわかったの?」と聞くと「お父さんのFacebookで見たから」
だと(笑)

しかし、驚いたのは車を停めてこの場に立った時の娘の「凄い!」
一言でした。


これまでも僕が設計した住宅や公園、道の駅に連れて行っても、娘達から
「凄い」と言う言葉は出なかったからです。

最初は、建物の大きさに「凄い!」と言ったものと思っていました。
少なからず自分が携わったことで、他人事から自分事になったことで改めて
建物の大きさが目に入ったからなんだろうと思ったわけです。



DSCF1833.jpg
この後、図面と実際の空間を対比させながら、その部屋の窓から見える空や
景色を説明し、床、壁の内装、そこで働く人の様子をイメージしてもらう
ようにしました。


帰宅し、内装材と図面を見ながら、窓に合うブラインド色を3色選んでもらい
その中で自分が最も合うと思う1色を選ぶようお願いしたところ、

「これとこれとこれ!お勧めはコレ!」

と言う感じで壁クロスと同様に殆ど迷わずスパスパと選び出していき、最も合う
と思うものも選びます。

そこで、どんな風にイメージしてどう考えて選定しているのか確認したところ、
プロセス自体は間違っていないと思いました。


そして、僕が最も驚いたのが現場で「凄い!」と発した理由でした。

「何で現場を見た時に『凄い!』って言ったの?」

と質問したところ、

「多くの人が関わってモノが出来ていくことにだよ」


建築の大きさを前提として、そこに多くの人間が関わったことを理解できて
いた事でした。
自分が壁クロスや床材を選ぶと言う実体験から、自分と同じように多くの
人間の努力を感じ取ってくれたようです。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

【祝上棟!】研究所棟の鉄骨建て方 [ ・New_ビオトープのある研究所]

基礎工事が終了したため、鉄骨が搬入されクレーンで揚重し柱梁をボルトで留める
鉄骨建て方が始まりました。

DSCF1844.jpg
■高力ボルトによる本締め
現場の指揮は現場監督がすべて行ってくれるため、設計者は監理業務として
施主に代わって各工事の品質確認を行ないます。

鉄骨の梁を現場で接合部はH型鋼同士を鋼製のプレートで挟み、ボルトとナット
で接合するわけですが、日本では高力ボルトを使用する事が多いです。

高力ボルト接合は力の伝え方が、普通ボルト接合と根本的に異なります。
普通ボルト接合の場合は、ボルトのせん断力で力を伝えるのに対し、高力ボルト
の場合は、プレートとH型鋼間の表面摩擦力で力を伝達させるため、ボルト自体
特殊な形状をしています。(何が違うかわかりましたか?)



DSCF1837.jpg
■建て方作業の様子
の現場では工区を2つに分けて行ないました。
言わずと知れた事ですが、建築の基本は「垂直」と「水平」が精度良く仕上る
こと。しかし、こんな大きく重たい構造物に垂直・水平が出る訳ではありません。
仮ボルトで留めたあと、倒れを補正をしたところで高力ボルトに付け替えて
本締めをします。



DSCF1835.jpg
■エントランスの庇梁
柱と梁がシルバーなのは、亜鉛メッキを施してあるからです。
錆び易い鉄を建物の顔となる部分に見えるように使っているため、
溶けた亜鉛に鉄骨を潜らせて亜鉛を付着させた仕様としました。



DSCF1801.jpg
■初日A工区の完了時
定点観測地点の道路交差点から撮影した状況です。
平屋建て延べ面積984㎡の2/3が組み上がりましたが、改めて「大きいなぁ」
と思ったところです。

公園などのランドスケープデザインでは、1ha(1万㎡)とか10ha(10万㎡)
でピンと来ますが、このスケール感は初めてなのでまだ慣れていませんが、
この現場を終えるまでにはしっかりと身につけたいと思っています。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

娘の手作りバレンタイン菓子作り [■我が家の子育て]

今年のバレンタインデーも娘達は友達と交換するためのお菓子作りをしました。
長女は2/14の夜でしたが、次女は学力試験と重なったため遅れて日曜日の午後から
お菓子作りをしていました。

DSCF1821.jpg
私「今年は何を作るのかな?」

次女「今年もベルギーワッフルを作るよ♪」

私「去年も作ったのか?道理で慣れた手つきだな!」


嫁さんから時々教えて貰いながらも、レシピサイトをiPadで見ながら
一生懸命に粉をこねる娘の姿を僕は微笑ましく見ていました(*^_^*)


夜、焼き上がったばかりのベルギーワッフルを誰よりも早く味わう事が
できましたから、お礼にホワイトデーは美味しいスィーツを用意しないと
いけませんね。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

【事前告知】3/15から1ヶ月間主要都市でジャムを販売します [ ・手づくりジャム屋]

まだ正式にご案内できないのですが、来月3/15(金)~4/19(金)の
約1ヶ月間、東京都内の3店舗の他、名古屋、大阪、福岡の主要都市で、ひなた
CAFEのジャム2種類が販売される予定です。

今回お取扱いいただくことになった企業は、主要都市に食品のセレクトショップ
を展開されていて、ホワイトデー翌日から春のイベントに採用いただくことに
なりました。

連絡をいただいたのは先々週末だったのですが、すぐに取引農家さんに原材料の
在庫量を確認し、今回は大型店6店舗分を提供させていただくことでご了解
いただきました。


そんなわけで先週から毎日、ジャム作りを進めています。

DSCF1805.jpg
1本1本が手作りでとても手間が掛かるため、まずは必要数量を納品し、追加
発注にも備えなければいけません。

数が増えても品質は落とせませんから、焦らず無理せず確実に進められるよう、
嫁さんの支援をしていきます。


ちなみに、都内の店舗は「六本木」「有楽町」「品川」の3店舗。
その他も、名古屋駅前、大阪駅前うめきた、福岡天神でいずれも好立地です。
数量も限りがありますからぜひ早めにご購入いただき、できればショップスタッフ
に一言伝えていただき、強い印象を残してイベントを終えたいと思っています。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

大判の床サンプルでイメージ確認 [ ・New_ビオトープのある研究所]

内装仕上げ材のサンプル帳から選んだ品番をゼネコンの監督に伝え、大判の
床サンプルを取り寄せてもらい、施主プレゼンの前に再度チェックをしました。

DSCF1778.jpg
■600角のタイルカーペット
設計図書では、内装仕上げ材は特殊な製品を除き、基本的な仕様だけを定め、
メーカー指定はしていません。

今回、ゼネコンさんが提示した床材メーカーは田島ルーフィング、壁クロスは
サンゲツでしたから、その中から空間のイメージや目的に合いそうな色柄を
選びました。


サンプル帳の見本は3cm角で、全色を俯瞰的に見る分には便利ですが、
床に貼った様子をイメージするには少々不安・・・。
実績や経験があれば確信持てますが、久しぶりに大きな空間を作りますから
今回は少しづつ確認して慎重に決めていくようにしています。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

工場出荷前の鉄骨製品検査 [ ・New_ビオトープのある研究所]

建築が立上る「鉄骨建て方」を今週末に控え、鉄骨工場で出荷前の製品検査
行われたため、設計監理者として立会いました。

DSCF1790.jpg
■主要な柱と梁部材で
工場に到着すると「鉄骨工事 製品検査要領書」を元に加工状況の報告を
受けました。
材料入荷時の受入れ検査で鋼材の種類、寸法を確認して写真に納めている
のは当然で、鉄鋼メーカーからの流通経路、加工過程がすべて追えるように
なっている事にまず驚きました。

仮に偽造されると、どこの誰がやったのかがすぐに分かるようになっています。
違法行為は「どうせ分からないだろう?」と言う仕組みの中で発生します
から、いつでも責任を追及できる仕組みになっているわけですね。


建築は、構造設計を満たさない材料や工事がなされると破損や倒壊により、
人命に関わるため、こう言ったところに見えないコストがかかっています。



DSCF1779.jpg
■溶接部の超音波探査試験
鉄骨の柱部材とベースプレートなどの部材は、JISの鉄骨工場で加工される
事で品質を担保するようになっています。
溶接部は、地震力や荷重を構造体に伝達するとても重要な箇所であるため、
社内検査だけでなく第三者検査を実施します。

設計監理者として、任意の箇所の検査に立ち会ってクライアントに代わって
品質確認をしました。

全数検査に立ち会っているわけではありませんから、手を抜こうと思えば
幾らでも可能でしょう。
今回はゼネコンさんが発注した鉄骨工場での検査ですが、これらの対応や
職人さんが仕事をする時の雰囲気などから察知するようにしました。



正直、僕もここまで厳格な品質管理がなされているとは思いませんでした。
大手賃貸住宅メーカーによる工事不良問題がここのところ、新聞テレビの
ニュース欄を賑わしていますが、実際は真面目にやっている会社さんの方が
多い事をしっていただけたらと思います。

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

基礎コンクリート工事の様子 [ ・New_ビオトープのある研究所]

鉄骨工場で鉄骨製作が進む一方、現場では基礎工事が行われています。

DSCF1703.jpg
■生コンクリート打設作業
形状が複雑で鉄筋が入り組んでいる建築の基礎工事は、土木と異なり、
生コンクリートはより流動性が高いものが使われます。

生コンクリートの柔らかさの指標として、専門用語でスランプ値と言い、
土木では8cm、建築では15~18cmが一般的です。

とは言え、コンクリートプランで練り混ぜられた生コンクリートは、
時間の経過と共に水と反応して固まっていきますから、スピーディーに
型枠へ投入して仕上げて行かなければならないため、多くの職人さんが
関わります。


DSCF1705.jpg
基礎のフーチングを打ち終えた箇所を清掃するのも重要な作業。

コンクリートって型枠にドバーと流し入れれば良いだけだから、重労働
だけど
簡単な仕事だよね!

と思っている人が多いのはとても残念なこと。

コンクリートの硬化は水とセメントの水和反応と言う化学反応ですから、
気温がとても大きく影響します。
気温が高いと硬化はどんどん進んでしまいますし、気温が低い冬期は凍結
しないよう気を付けなければいけないし、強度の発言もゆっくりです。


必要な強度が出るまでは型枠を外せないので、忙しい工事工程の場合は
段取りの見極めがとても重要。

また、水とセメントの水和反応と言うことは、雨も要注意ですね。
多少の雨や打設し硬化が始まった後の降雨は、生コンクリートにとっては
むしろウェルカムです♪


この日の夜はビシッと冷え込みましたが、日中は晴れ間で気温が上昇した
ため、順調に強度が上がり脱型作業が可能なまでに強度発現が進みました。
(生コン受入れ時に採ったテストピース3本で確認します)



DSCF1745.jpg
■基礎工事完了
型枠を脱型したところで、監理者として設計通り以上の寸法があるか
確認しました。これを出来形(できがた)検査と言います。



DSCF1748.jpg
高さも幅も深さも設計値を幾分上回って大きく造っていてすべてクリア。
基礎は鉄骨が建てらると埋め戻されてしまうため、施主様になり替わり、
設計監理者が出来形検査で立会って品質確認をします。

この物件は、設計監理者が施工者とは別会社が客観的な視点で監理するため、
お施主様から安心してお任せいただいているため、ウソや偽装は決して
できません(笑)


週一の定例会で課題が出ると早々に対応を検討し、お施主様に報告の上、
速やかに
対応しているため今のところ大きな問題は発生していません。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

インテリアコーディネートを娘と [ ・New_ビオトープのある研究所]

鉄骨建て方を今月中旬に控え、床と壁の内装仕上げ材を決める段階に
入りました。

「どうやって決めれば良いだろう~?」

とずーと悩んでいましたが、現場監督から大量のサンプル帳を渡され、ふと
思い付いたのはデザインの仕事に関心がある中2の次女に協力して貰うと
言うもの。

私「内装材を決めるんだけど手伝ってみない?」

次女「えっ♪面白そうだけど、やって良いの?」

私「無理だと思ったら頼まないよ。インテリアデザインの仕事が少しだけ
 わかると思うし、責任はかからないから楽しんでやってみれば。」


次女「うん、やってみたい!」

と言うことでこの週末、娘とディスカッションして内装案を作成しました。


DSCF1736.jpg
■作業を終えたところ
最初に設計者である僕が、各所要室の「機能」と「目的」を次女に説明し、
平面図に色鉛筆で着色してもらいながら内装のイメージを共有しました。

その上で娘に床材と壁クロスを選んでもらいました。
少々驚いたのは、娘は想像していたよりも明確に意思表示をしてくれたこと。
思っていたた通り適性があると感じました。



DSCF1737.jpg
床材や壁クロス、扉柄のサンプル長を広げて調和するか確認しながら
進め、お互いに納得のいく案になりました。
これまでのクライアントさんの反応からすると、恐らく殆どの提案は採用と
なるでしょう。



DSCF1738.jpg
■ファーバーカステルの100色色鉛筆
久しぶりに登場。
本プロジェクトでは研究所を、来客ゾーンと研究開発ゾーンに機能分類して
いるため、まずは来客ゾーンから決めていきました。

最初に来客ゾーンのタイルカーペットで大まかな方向性を決めて、床面を着色
していきました。
そこへ、窓の有無、部屋の機能や目的をイメージしながら壁クロスを決めて
行くと言う手順で順次、置いていきました。


こうして来客ゾーンを決めたら、研究開発ゾーンを決めていき、最後に全体を
俯瞰して違和感が無いかをチェックして設計者案を作成しました。

クライアントさんも僕一人で選定するよりも、女性の意見を交えたことを
伝えた方が安心すると思います。
殆どは次女と二人で決めていきましたが、研究開発ゾーンを決める際は次女が
悩んでいたこともあり、妻に助言を求めると突破口が開き一気に進みました。


娘との協働のお陰で僕の負担が減った上、娘にとっても活きた職業体験に
なり一石二鳥でした。
後は完成した空間を確認することで、基本的なPDCAが回せるでしょう。


nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅