So-net無料ブログ作成
 ・浜松近郊の川遊び ブログトップ
前の10件 | -

自然の川に安全な川は無い! [ ・浜松近郊の川遊び]

毎年、梅雨が明けて暑くなり出すと「川遊び」の過去ログへのアクセスが急増します。

これまで、田舎暮らしや川遊びの楽しさを伝えたくて、川遊びの記事を更新していますが
昨年、僕らの目の前で女子高生が流されてしまい、慌てて救助した時の様子を見ていた
娘達が川遊びに対し恐怖心を抱くようになったため、「警告」として頭に置いて川遊びに
望んでいただきたいと思います。

タイトルを「自然の川に安全な川はない!」としたのはそのためです。


僕は自分の娘をO歳児の頃から毎年、高校生になるまで川遊びに連れて行っていますが、
それは楽しさを教えると同時に川の怖さ、水の怖さを教えるためでした。

自然の川での川遊びがなぜ楽しいかと言うと、最も大きな理由は変化に富んでいるからで
あり、裏を返すと危険と背中合わせだと言うことです。


昨年の事故(かすり傷程度で済みました)は、ホンのちょっとの増水と流れの変化を
読めていなかったことに加え、ライフジャケット等の安全装備を用意していなかった
事が大きな理由でした。

そして、この事故は陸側で見ている親には分からなかった(分かり難かった)事に起因
しています。


僕は小学校5年生の頃から、天竜川本流に立ち込んでアユ釣りをしていたため、水流の
抵抗力や川底の不安定さを知っていますから、「ヤバイ」と言う領域を感じ取って
引き返す判断が出来ます。
そのため、僕自身が流された経験はありませんが、娘達は僕の目の前で川に流されたり
水中に沈んだ事があり、それから僕も娘達にもライフジャケットやボディボードなどの
浮力体を装着して川遊びをさせるようになりました。

そんな娘達ですが、いざ目の前で川に流されていく同年代の子の様子を見て、川に
恐怖心を持ったとしても不思議ではありません。


今年の夏も川遊びをしますが、残念ながら娘達は「怖くて今年は行けない!」と言って
います。
とても楽しみにしていた親子行事でしたが、来年に期待して一人で楽しんできます(笑)

nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

令和になっても宜しくお願い致します [ ・浜松近郊の川遊び]

仕事は8連休となりましたが、普段出来ない事にじっくり取り組もうと
思っています。

今日から「令和」。
おめでとうと言うのも何となく納得いかないので、いつもと変わらぬ日々を
過ごしております。

DSCF2439.jpg
■自然の中でリセット
そんな中、十数年ぶりにFacebookで発見した古い友人から

「ムラマツさんの記事で見る視点にはいつも驚かされます。
 今度、お話しを聞かせて貰えませんか?」
とお声がけをいただいたため、深い自然の中でお弁当をいただいた後、
喫茶店に場所を変えて、多様なお話しをさせていただきました。


案の定、「そんなこと考えた事もありませんでした!」と言われ、
情報と情報が関連付けられない様子でかなり混乱している様子でした(笑)

最初の場所を豊かな自然の中にしたのも理由がありました。
と言うのも、一見すると別々の事柄の様に見える物も根底ではすべて
繋がっているという事を知ってもらいたかったから。

DSCF2446.jpg
この写真の中に何が見えるのか?

目に見えるモノだけがすべてでは無いということ。
最初に伝えたのは、人間を含むすべての生き物は何を考えて生きているのか?
と言うこと。

僕らが生きてきた時間は、せいぜい数十年。
しかし、地球上の自然は何百年と変わらずにあり、古来から営々と受け継がれて
いる時間軸の中に偶然居合わせているだけ。


仕事とは、お金とは、働くとは、考えるとは・・・

その答えは自然と対峙すると自ずと判ってくるのではないでしょうか?

新しく「令和」の時代に入り、とんちの様な問いかけで新たにスタートを
切ってみることにしました。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

今回は一人で 気田川の川下り [ ・浜松近郊の川遊び]

今シーズン最初の川遊びは、生憎の大雨とトラブルでじっくり楽しむことが
出来なかったため、今回は一人で楽しんできました。
(娘達を誘ったものの、今回は来てくれなかったのが正しいですが)

DSCF0264.jpg
■コンパクトタープで休憩スペース設営
まずは定員2名の小さなタープを張り、食事と休憩スペースを確保します。
最初の頃は炎天下の中で遊んでいましたが、遮光性の高いタープを試したところ
とても快適で妻からも「今まで使わなかったのが不思議ね」と言われたほど。

日陰が確保できたところでイス、クーラーボックス、テーブルを配置し、
本格的に川遊びを楽しみます。


川のコンディションですが、この1週間にも降雨があったようで、増水気味の
笹濁りでした。
気温が下がったせいか水温はやや低めで、最初は冷たいと感じますが、一度
水に入ってしまえばすぐに慣れてしまいますから、ライフジャケットを着用し
川の流れに身を任せて何度も何度も川下りを楽しみました♪



街中から1時間程度で川下りが出来るのは恵まれていると思いますから、
暑い時期は時間さえあれば可能な限りこうして過ごしたいですね(笑)


DSCF0268.jpg
■今回の昼食
川の水が冷たいと思ったため、今回はおにぎりだけでなく、熱いカップラーメン
で身体を温めました。


こんな感じで、ケガさえしなければ、食事の世話が不要で一人で勝手に遊んで
くるため、嫁さんにすれば便利な趣味のようです(笑)
今シーズンはあと1~2回は行きたいと思います。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

娘達の優しさに触れた川遊び [ ・浜松近郊の川遊び]

残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ残暑厳しいですから、水分をこまめにとって体調管理して下さいね。

さて、僕はと言うと今週初めまで役所対応がありましたが、ようやく夏期休暇が
取れましたから、娘二人と今シーズン初の川遊びをしました。

DSCF0199.jpg
■2018年8月の気田川
浜松市の平野部は晴れ間でしたが、川に到着した時は大雨が降り始めたところ。
事前の週間予報通りでしたが、二人の娘達は僕の川遊びに付き合うため、部活や
友達からの誘いを調整してくれたため、多少の雨程度なら決行しようと決めて
いました。

二人の娘達はそれこそ0歳児の頃から、川遊びに付き合わせてきましたから、
その楽しさは知っているため、嫌々ながらも付き合ってくれたようです(#^^#)


着いた当初はかなり雨量でしたが、空模様から通り雨と思ったため車内でお弁当
を食べながら雨が止むのを待ちました。



DSCF0208.jpg
■次女はいつものボディーボードで
ここ2年程は次女と川遊びをする機会の方が多く、遊び方も慣れたもの。
とっとと水着に着替えてボディーボードに乗り、川下りを楽しんでいます。


長女は高校生になった昨年から、あまり泳ぐ事には意欲的にならなくなって
しまいましたが、それでも付き合いで来てくれるだけでも嬉しいものです。



DSCF0220.jpg
■足だけ浸かる長女(笑)
外出する際はお化粧をするようになったこともあり、遊びたい気持ち
よりも、面倒な気持ちの方が勝っているようです(+o+)
長女が中学生になった年から、「来年はもう一緒に来てくれなくなるかも?」
と考えながらも、高校生になった今年までは着いてきてくれましたが
それも本当に今年で終わりと思えるような事がこの後起こりました。



と言うのも、この写真を撮影した直後、この川で一人の若い女性が増水した川で
流されるのを目撃したからです。


その一部始終を僕は見ていましたが、ほんの数十分前までは対岸に渡れた場所を
同じように歩いて川を横切ろうとしていたところ、10cm程度水かさが増し
それに伴って水流が増したため、そのまま急流に流されてしまいました。

ライブジャケットは着用していませんでしたが、気田川は深い場所は少ないため
流されながらもゆっくり泳げばすぐに浅瀬に辿りつけます。


しかし、その様子が見られないため「これはヤバい!」と思ったのと、周囲が
少しざわつき出したため、僕がダッシュで追いかけて川に入り、手を伸ばして捕まえて
無事引き上げる事ができました。

これまで、うちの娘達も何度か危険な目に合っている事から、僕は常にライブ
ジャケット着けているのと、川の様子はある程度知っている場所だったため今回は
冷静に対処できましたが、川遊び用のライブジャケットには二人分の浮力は無いため
本当に溺れてしまっている場合は助けに行くのはかなり危険が伴います。


その女性に近づいた時、怖さからか顔は多少引きつっていたものの、溺れている
様子は無かったため、僕は川底に足が着く位置を取りながらの救助をしました。



近くのお母さんらしき女性が血相を変えて飛んできましたが、川底の岩に足を
ぶつけた程度で済み、大事に至らなくて本当に良かったと思いました。


実はこの日の前日、この川にアユ釣りに来ていた男性が一人亡くなっています
新聞の記事で知っただけですから、場所も状況もわかりませんが

川遊びの楽しさは危険と常に隣合せだという事

を知って欲しいと思います。


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

今年最初の気田川キャンプにて [ ・浜松近郊の川遊び]

例年、GWは家族で袋井のデンマーク牧場に行くのが恒例でしたが、
娘達も大きくなった事と昨年6月から僕のライフステージが変わったため、
今年から辞めて別の事に時間を使うことにしました。

その一つとして、7月にコンクリート診断士試験が控えているため、試験
勉強を始めました。
まともな試験は一級建築士試験以来のため、まずは勉強する習慣を持つ事を
GW中の目標にしました(笑)

その他は、たまった家の雑用をまとまった自由時間を使って、一つ一つ処理
していました。
「戦略策定」の基本は「やらないことを決めること」だけに、丸1日の外出を
辞めただけで色々な事が片付きました。


それでも一年の中で最も気持ち良い季節に自然に触れないとあまりに辛いので、
午前中勉強をした後、急遽、今シーズン最初の気田川キャンプを楽しみました。

DSCF9962.jpg
■超低空を旋回する猛禽類
15時にサンストリート浜北で食材を仕入れた後、いつもの気田川へ。
装備は超シンプルですから、15分程で設営を終えたら食事の支度をして辺りが
暗くなるのを待っていると、トビと思しき猛禽類がゆっくりと旋回しながら
獲物を狙っていました。



DSCF9963t.jpg
フワフワと気持ち良さそう~♪
実際は獲物を探すための本能からの行動ですから、気持ち良いとかの感情は
無いでしょうけどね。

彼らは誰かに言われたわけでも自分の意志で動いているわけでもなく、自然の
節理に従って本能的に生きているわけで、そんな無欲な生き方(?)を見て
また気持ちを新たにできた気がしました。


明日からまた地味な作業が待っていますが、それも5年後、10年後のためと
頑張って一日一日を積み上げていこうと思いました(#^^#)

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

2年ぶりに天竜川本流で鮎釣り [ ・浜松近郊の川遊び]

今年の秋は2年ぶりに天竜川本流で鮎釣りをしました。

僕が天竜川本流で鮎釣りを始めたのは小学5年生の10月。
(天然遡上が豊富だった当時は、10月末まで鮎釣りが出来ました)

矢口高雄原作の「釣りキチ三平」を読んで、秋の落ちアユ釣りに憧れて、
仕掛けを自作し父親に連れて行ってもらいましたが、まったく釣れず。


周りでは野良仕事帰りのおばさんもガンガン釣っていましたから、
かなり残念でしたが、優しいおじさんが声を掛けてくれて4匹の鮎を
分けてもらったのが始まりでした(笑)

それから、40年。
川の調子が良い時だけ、竿を出すようにしています。

今回は2年ぶりに川に出た訳ですが、1日前にまとまった雨がありましたから、
川の調子が良ければ釣れるだろうと思って、行くと久しぶりの大当たりでした。

DSCF8509.jpg
■3時間で14匹
型は少々小さめでしたからまず素焼きした後、甘露煮に仕上げました。
高校生の頃は自分で釣った鮎を甘露煮にして、お弁当のおかずにするのが
何よりの楽しみでした。

今年は久しぶりに美味しい鮎の寒露煮を食べられそうです。
長女のお弁当にも入れてあげようと思います。

nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

2017シーズン最初で最後の川遊び [ ・浜松近郊の川遊び]

今年はまったくと言って良いほど川遊びが出来なかった年でした(+_+)

一緒に遊んでくれる娘が高校生になり、中学生になったことで長女は父親離れ、
次女は部活優先の生活となったからですが、娘の都合が良くても天気が悪くて
川遊び出来ませんでした…。

この日曜日の朝もジャム作りから始まりましたが、昼食を食べ終えたところで
夏の名残りの空模様になったため、居ても立っても居られなくなり15分で
準備を済ませて独りでいつもの気田川へ向かいました。


自宅を出たのが13時前。
暑さのピークとなる14時から15時半の1時間半も泳げば十分ですからね。
身体が冷えたら近くの「すみれ湯」で身体を温めるのが何よりの
リフレッシュになります。
DSCF8116.jpg
■いつもの場所(上流側)
暑かったこの日も、多くの家族連れが川で過ごしていましたね~。

最初にカメラを持って、川の中を散策。
同じように見えて川の様子は毎日変化しますから、どこがどんな風に変わったのか
見ています。



DSCF8121.jpg
■いつもの場所(下流側)
下流側では、鮎釣りをする方達が多くいました。
いつもの場所は、家族連れが多くて釣りになりませんから、自主避難的に
遊ぶエリアが決まってくるのでしょうね。



一通り散策を終えると、いつものようにライフジャケットとゴーグルを着用し
流れに身を任せながら水中観察。

どこにどんな魚がどれだけいるのかを見るのが楽しいのですが、この感覚を
常に持ち続けるのが僕にはとても大切なので、やはり行って良かったので
「次はキャンプにする!」と嫁さんに宣言しておきました(笑)

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

今シーズン最後の川遊びかな? [ ・浜松近郊の川遊び]

9月に入り、朝夕はすっかり秋の気配になってきましたね♪

しかし、まだ日中はしっかりと残暑が残っていますから、晴れて暑くなればまだまだ
川遊びが楽しめますから、小6の次女を誘って二人で川遊びに出掛けました。

DSCF5291.jpg
■タープ設営完了
この日は鮎釣りの人が3人ほどいただけで、川遊び組はたった3組。
偶然にも1組はいつも「森のたまご」に参加下さっている、Nさんご家族でしたが、
9月に入ったとは言え、残暑厳しい土曜日の状況です。 

たった数人だけでこの景色とフィールドを堪能できるのが何とも言えないんですよね♪

 

DSCF5303.jpg
■Nさんの長女とうちの次女
やはり女の子ですから、小さい子供は可愛いらしく面倒をみてあげながら
楽しく遊んでいました。

 

DSCF5289.jpg
みんなで仲良く流れる~♪
ご覧のように手前側は水深が浅いですから、小さな子供でも比較的安全に
遊べます。

また、それなりに流速もありますから、流れる遊びは十分に楽しめました。

 

DSCF5309t.jpg
大人も流れる・・・
男女でいらしていた3組目の方は、交互に川に流されて自然を堪能している様子。

私と同じように楽しんでいる大人もいるものなんですね(笑) 

 

こんな遊びやすい場所ですが、そこはやはり自然の河川です。

楽しくなったNさんの長女さん。

ちょっと冒険してみたくなったのか、私の次女がいる対岸に向かおうとしたところで、
浮き輪のまま流されてしまいました・・・。

「ママー!ママー!」

と泣き叫ぶ娘さんをお母さんが追いかけますが追いつけません。

あのまま浮き輪のまま流されていけば、すぐに浅瀬に流れつく状況でしたが、
幸いにも鮎釣りの方に捕まえてもらい事無きを得ましたが、かなり恐かったようで
それからは流芯には入ろうとしませんでしたね。

 

お父さんも、「これも経験ですから!」とおっしゃっていましたが、 安全な状況で
恐い思いをしておくことも重要な経験なんですよね。

しかし、僕の経験上、溺れるときは「一瞬」と言うことを体験していたため、
ライフジャケットの着用をお勧めしました。

丁度、もう小さくなった子供用ライフジャケットが余っていたことから、後日差し上げる
ことに致しました。 


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

子供との夏の正しい楽しみ方 [ ・浜松近郊の川遊び]

子供達も中学、小学校高学年になると一緒に何かをやろうと思っても、なかなか
スケジュールを合わせるのが難しくなってきます。

我が家の子育ては、「子供は子供らしく、今しか出来ない体験をするべき」との考えから
本人が希望しない限り、習い事を強制させることはしていません。

それでも、希望して始めた学校の部活動や空手は、自発的に取り組んでいますから、
邪魔しないように配慮しているつもりです。 

そんな中、僕も夏休みをとれたことから、

「暑いから川に泳ぎに行こうよ~♪」

と小6の次女を誘って、 父と子の二人で川遊びに行ってきました。

DSCF5018.jpg
■絶好の川遊び日和
今回は二人だけでしたから、いつもとは違う場所を選んでみましたが、原は広く、
流れる水も澄んでいて水遊びするには絶好の場所。

昨年夏から小さな遮光タープを持参するようになり、川原で休む際もとても快適に
なりました。 

 

DSCF5067.jpg
■午後2時過ぎの様子
昼食後で最も人が多い時間帯でこの状況(笑)

子供を遊びに連れて行くとは言っていますが、こういう生活を日常からしたくてUターンを
決めたわけですから、夏は時間さえ許せば出かけて山と川を眺めることができる場所に
出向いていますね~。

 

DSCF5025.jpg
■水遊びを楽しむ次女
次女も小学校高学年になりましたから泳ぎも上手になった上、自己判断もできるように
なってきたため、 こういう場所であれば付きっ切りと言う必要も無くなってきました。

それでも深い場所もありますから、慣れるまでは念のため僕か娘にはライフジャケットを
着用して遊ぶようにしています。
(小学生と言えども溺れたら、私でも助ける自信はありませんから)

 

DSCF5114.jpg
■嫁さんの「ボディボード」をビート版替わりに
水深が浅い場所では、「浮き輪」や「ライフジャケット」よりも、「ボディボード」や
SUP(スタンドアップパドル)などの方が遊びやすいですね。

こんな風に川上に向かって泳いだり、流れに身を任せて流れていったりなど。

 

DSCF5063.jpg
■山側は水深が深い
山側は川底が水流でえぐられますから、流れが緩くなり深さが増します。
川遊びを通して、自然の摂理を体感的に学ぶことが重要なんですね。

この時も、山から流れる小さな沢を発見したため、水に触れて水温が低いことを
確認させました。
湧水量が多い場所があると、同じ川の中でも急に水温が変わったり冷たい流れに
当たることがあることを知って欲しいためです。

 

DSCF5087.jpg
■淵でプカプカ浮かんで
嬉しそうな娘の顔を見ているだけでも幸せな気持ちになれることに気づきました。

僕自身が川遊びをしたいと思っていたのですが、遊んでいる時間は娘の方が圧倒的に長く、
食べるか休憩する以外はずーと水の中で遊んでいました。

一方の僕は、娘が遊ぶ写真を撮ったり、山や清らかな川を眺めていることの方が
多いことに気付きました。


近くで遊んでいたお父さんらしき方も

「夏は川だね!」

と子供に言っているのがとても印象的であると共に、大きく頷いた次第です(笑)

さて、今年はあと何回行けるかな~? 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

「山の日」を山で過ごしてみた♪ [ ・浜松近郊の川遊び]

今年の夏休み初日は妻の勧めもあって、独りでキャンプをさせていただきました。
それも子供が健やかに成長してくれているからですね!

DSCF5003.jpg
■キャンプサイトの前は山・ヤマ・やま~♪
朝起きてテントから見えるのがこの景色です。
しかも、この日は偶然にも新たに国民の祝日として制定されたの「山の日」。

 

DSCF4987.jpg
■トイレに行きがてら軽い散歩(朝5時半)
これまで8月の夏真っ盛りにキャンプしたことはありませんでしたが、
「この場所なら涼しいかな~?」と思ったことと、ソロキャンプなら家族を不快に
させることもありませんから、まずは独りで試みることにしたわけです。

就寝時は暑く感じましたが、幸いにも明け方は涼しいと感じるほどでした(#^^#)

 

DSCF4997.jpg
■朝食の様子
朝食は、ひなたCAFEのジャム&バタートースト、ベーコン・エッグ、スープに
ドリップコーヒーですが、この写真を撮ってふと気付いたこと。

左の青いクーラーボックスは、僕が中2の時に購入したダイワ「SNOW LINE160」で、
実に37年前のモノ(笑)
大事に使っていることもありますが作りがしっかりしているため、今でもまったく問題なく
使用できます。

その他、焼き網の上にあるコッヘル(鍋)は、スノーピークの「初代フィールドクッカー」で
独身だった1993年に購入したもので23年間
ガスストーブは、EPIガスで1994年のGWに嫁さんと福島へキャンプに行く際に購入した
ものですから22年経っていました。


DSCF4974.jpg
■夕食の様子
こちらは前の夜に作ったもので、厚揚げを軽くあぶって生姜醤油でいただいた
時のもので激ウマでしたよ。

メインは、コッヘルで炊いたご飯にレトルトカレー、サラダ、インスタントスープと言う、
自宅キッチンで出したら「手抜きだ!」と叱られるようなものですが、アウトドアでは
ご飯が美味しく炊けただけでも最高に幸せを感じられるんですよね~(^^)v

 

DSCF4988.jpg
■川の様子
少々渇水気味でしたが、いつものようにライフジャケットを着用して対岸側の深みを
流れに任せて水中を泳ぐアユを眺めているだけで癒されます。 


さて、今シーズンはあと何回川遊びができるでしょうか?
少なくとも娘ともう1回は行きたいところですね~(#^^#)
 


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -  ・浜松近郊の川遊び ブログトップ