So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
 ・「森のたまご」イベント ブログトップ
前の10件 | -

第9回森のたまご~食べる野の草図鑑~ [ ・「森のたまご」イベント]

先週日曜日は第9回を数える「森のたまご」開催日でしたが、今回も大盛り上がりで
終了しました。

DSCF0133.jpg
■終了後の記念撮影
いつもの事ながら子供の笑顔が素敵です。
今回はいつもと異なり、OMソーラー「地球のたまご」敷地内にある住宅展示棟が
会場となった事もあり、少しコンパクトに行ないました。


今回のワークショップは、恒例のコナラ苗の植替えに加え「食べる野の草図鑑」。
簡単なレクチャーの後、地球のたまごの敷地を散策して花を集めてお菓子を
作りました。
DSCF0050.jpg
■ヨモギのパウンドケーキとクッキー
OMスタッフでお菓子作りが得意な松尾さんによる手作りです。
パウンドケーキは休憩時間にお茶と一緒にお出しし、クッキーに飾りとして
摘んだ野の花を乗せて仕上げました。



DSCF0051.jpg
■野の花キャンディー
これはスタッフが予め作った見本ですが、上白糖を煮詰めて飴を作り、
野の花を入れて完成させます。



DSCF0067.jpg
■野の花摘み
OMスタッフの森さんが先頭に立って散策し、採取する場所にご案内します。
普通なら見落としてしまうような小さな花が、あちこちにあるんですね。


例えば、、、

DSCF0073.jpg
淡い紫が美しいノアザミ
これは人気で多くの人が摘み取っていましたね。



DSCF0087t.jpg
事前レクチャーに則って採取した野の花
上中央の赤い実は、オオヘビイチゴ。
食べられますが、美味しいものではないそうです。



DSCF0091.jpg
■野の花キャンディー作り
熱したホットプレートにシリコン製のお菓子型を並べ、上白糖に少量の水を
加えて溶かして飴を作り、固まる直前に野の花を入れて完成。



DSCF0096.jpg
■野の花クッキー
クッキー表面に溶いた全卵を刷毛で塗り、野の草花を接着させた後
オーブンで焼きました。


クッキーをオーブンで焼いている間にコナラの植替え。
コナラの苗を持っている方が対象ですが、お持ちで無い方のためにこちらで
用意した苗で植替えをしてもらいました。

DSCF0115.jpg
これは5歳の苗ですが、ポットが小さいためこれ以上大きく育ちません。
オープニングトークで僕が説明し、これからは自分達で植え替えて育てたら
地植えして大きく育てて欲しいです。



DSCF0117.jpg
■真剣に取り組む5歳の女の子
通っている保育園が自然教育に力を入れているそうで、大人よりも詳しく
なったことから、「森のたまご」の参加をしてくれたそうです。


僕がオープニングトークで

「コナラは落葉広葉樹と言って、冬になると葉が落ちて棒になってしまいますが、
 死んだわけではないので捨てないで水を与えて下さい。
 そうすれば、来年春には可愛い綺麗な新芽を見せてくれると、大きな感動を
 味わう事ができますよ!」

とお話ししました。
どちらかと言うと小学生以上のお子さんと親御さんに対してお話ししたのですが、
驚いた事にこの5歳の女の子はしっかり理解してくれた上、冬枯れして棒になるのを
とても楽しみにしていると聞き、とても嬉しくなりました♪


その他、植物の形ややっていることはとても理にかなっていて、それを知る事も
とても興味深い事をお話ししましたが、それもわかってくれて、帰宅して
父親に力説してくれたそうです(笑)

やはり、子供の感性は大人が思っている以上に凄くて、それを活かすも殺すも
大人次第だなぁと思った次第です。

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

【告知】6/3(日)森のたまごは「たべる野の草図鑑」 [ ・「森のたまご」イベント]

ひなたCAFE、四葉社、OMソーラー㈱3社の共同PR企画。
第9回目の「森のたまご」が来月6月3日(日)午後に開催されます。

今回のメインワークショップは、

「たべる野の草図鑑」 に決定しました~♪
DSCF0002.jpg
■第9回 森のたまごのフライヤー
土日開催の「まるたま市」から配布しております。


どんぐり苗植替えのレギュラーメニューはもちろんありますが、
OMソーラー「地球のたまご」を散策し、食べられる野の草を採取して
視覚、聴覚、嗅覚、触覚に味覚を加えた五感で自然を感じる新企画。


農薬を使用していない自然に生えている野の草たちを手で採り、
色や形、匂いを嗅いで覚えたら、飴やクッキーにして野の草図鑑を
味わっちゃいます(@_@)


開催日時:6月3日(日)13:30~16:30 受付は13時から

参 加 費:大人 700円、子供(3歳以上) 300円

定   員:10組

会   場:「地球のたまご」内のモデルハウス
     浜松市西区村櫛町4601 OMソーラー(株)

持 ち 物:ざるとボウル(野の草を洗うのに使用します)

服   装:野原を散策するため、歩きやすく、汚れても良い服装でお越し下さい。

申し込み:お名前、参加人数、お子様の年齢を記載の上、
     info@omsolar.jpまで。

お願い:過去に参加されて「森のたまご」をお持ち帰りいただいた、どんぐり苗
    の生育状況も写真など添えて教えていただけると嬉しいで~す♪


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

どんぐり拾いと森ぽっと作り [ ・「森のたまご」イベント]

今回も、第8回「森のたまご」の様子をお伝えします。

DSCF9063.jpg
■準備中の様子
午前10時に集合し、いつものように誰言うとなく自分の準備を始めます。
いつの頃からか、僕はオープニングトークと進行管理を担当するようになって
います(笑)

今回はなぜか常連さんが集まらず、1組以外が新規の参加だったこともあり、
フライヤーやこれまで述べていなかった「想い」をお話しました。

それは、「子供の才能を育てて、幸せな人生を歩める人になってほしい」
と言うもので、冒頭では「天才を育てたい!」と説明しました。
ちょっと大袈裟な表現に思われるかもしれませんが、最近、大真面目に考える
ようになったからです。


長くなりますから、ここでは割愛しますがそのためには、

①自然に接すること

②手でモノを作る体験をすること

がとても重要なため、森のたまごのワークメニューを考えている事を伝えて
ワークショップに入りました。



その一つが、草木染め。
DSCF9066.jpg
■セイタカアワダチソウで染めたトートバッグ
これは昨年秋のモノですが、どこにでもある雑草でこんなに綺麗な黄色に
染まる事を体験して欲しいんです。



DSCF9112.jpg
■参加者の成果品
左から、セイタカアワダチソウ、クサギのミョウバン媒染、クサギの鉄媒染。
染めた色を定着させる媒染(ばいせん)液に含まれる金属成分でこれだけ色が
変わるのが面白いですよね!



続いて、メインイベントの森のたまごとなるドングリ拾いの説明。

DSCF9103.jpg
■OMソーラースタッフの森ちゃん
OMソーラー本社「地球のたまご」の自然をこよなく愛する森ちゃんによる
講座です。
一見すると何でもない枯れた雑草でも、可愛い花や実をつける植物がありますから、
分かりやすく説明してもらいました。


いつもは、どんぐり苗を作るためのポットで終わるのですが、今回はたまごの
容器を使って「森ぽっと」と称する、小さな森のぽっと苗作りにもチャレンジして
もらいました。

DSCF9104.jpg
■玉子の容器を加工中
たまご容器を苗床にするため、水抜き孔を空ける作業ですが、こちらも
真剣に取り組んでくれていますね~(^^♪



そんなこんなで、3時間の楽しいワークも終了。
いつものように、自慢の成果を持ってきてもらって全員で記念撮影。

DSCF9123.jpg
試し取りの時のショットですが、大人も子供も満足気でしょ!
運営は大変ですが、この笑顔がある限りは続けていけそうです。

未来の天才を育てるために、これからも粛々と続けていこうと思います。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

今回も大盛況「第8回 森のたまご」草木染め編 [ ・「森のたまご」イベント]

9月から準備を進めていた2017年秋の「第8回 森のたまご」は、事故も無く
今回も盛り上がり、満面の笑みで終了できました。

DSCF9099.jpg
■草木染めワークショップの成果
OMソーラー本社「地球のたまご」で採取した、クサギセイタカアワダチソウ
使い、絞り染めにチャレンジしてもらいました。

草木染めのワークショップは今回で3回目。
これまでは単に染めるだけでしたが、輪ゴムやタコ糸で部分的に縛って染めない部分
を楽しむ「絞り染め」を取り入れました。


すると、過去に藍染めで父親が染めたものを真似て、小学2年生の男の子が作った
のが中央の手ぬぐいです。

絞り作業も一番に終えて、一番最初に染色に入っていました。


そんなわけで、今回は一組の兄弟が草木染めに取り組む様子を中心に追いかけて
みようと思います。

DSCF9078.jpg
■その時の様子
この写真を撮りながら「どうなるかイメージできているの?」と聞くと「うん!」
と言う返事。

聞くと過去に藍染め体験をしたことがあるようで、今回はこれをやりたかったそうです。



DSCF9085.jpg
■真剣な表情に涙が出そう!
「森のたまご」を開催していつも思う事ですが、男女関係なくどのお子さんも
すっごい真剣に取り組んでくれるんです。

自然に目を向けること、自分の手で作ることを主眼に、メンバー全員でワークショップの
メニューを考えていますが、それはこう言う表情を見たいからかもしれません。



DSCF9088.jpg
■弟も真剣そのもの!
イベントのオープニングでは、これまでの成り行き上、僕がイベントの開催意図や想いを
15分程度話すことになっています。

イベント案内のフライヤーや告知に使用している案内は何も変わりありませんが、
今回はもっと本質的な想いについて述べてみました。
ちょっと小難しい内容だったこともあり、お話する事はかなり悩みましたが10年後に
思い出してくれればと思っています。



DSCF9112.jpg
■どんぐり拾いしている間に乾燥中
草木染めワークショップが終了すると、参加者は「地球のたまご」の雑木林を散策
しながらドングリや種を集めに出ます。

その間に、草木染めスタッフ数人が残って、染めた布を乾燥させました。


いつもながら手弁当で携わってくれる、OMソーラー㈱スタッフの皆さん、四葉社
阿部さんのボランティア精神には本当に頭が下がります。

今回も貴重なお休みを返上し、OM役員の村田さんも陰からのご支援もあり、楽しく
終えることができました。


次回は、森ぽっと作りと完成後の集合写真のご紹介です。

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

【最終打合せ】11/19(日) 森のたまご [ ・「森のたまご」イベント]

ドングリを拾って発芽させ、森をたまご(ドングリ)から育てる自然教育型
イベントの「第8回 森のたまご」も、いよいよ再来週11/19(日)に迫って
きたため、運営スタッフ全員が集まって事前準備と当日の段取りについて最終の
打合せを行いました。

会場は、浜松市西区村櫛町にあるOMソーラー(株)本社「地球のたまご」。

まずは、ドングリ拾いの散策ルートを確認し、どんな植物が生えているか確認し
メインイベントである「草木染め」の準備を行ってきました。

DSCF8934.jpg
■熟したアケビを発見!
葉っぱの下に隠れていたため、野鳥に食べられないで残っていました♪
秋の深まりを感じるこの綺麗な紫色を見ると、テンションが上がります。

イベント当日まで残っていれば、ぜひ生で見ていただきと思っています。



DSCF8944.jpg
■美しい青色に染まるクサギの実の選別作業
OMスタッフが1ヶ月前に収穫して冷凍保存しておいてくれたクサギで
染色液を作るため実を外しました。
後は、イベントの前々日にOMスタッフがこの実を煮出して染色液を
作ってくれます。



DSCF8946.jpg
■試し染め
僕らがクサギの実を選別している間に、もう一つの染色液で「絞り」の
試し染めをしてくれました。

鮮やかな緑色に染まっていますが、実はコレあのセイタカアワダチソウ
なんです!

最初は黄色に染まりますが、金属イオンを含む媒染液に浸すと化学反応を
起こして色素が定着します。その媒染液に含まれる金属イオンによって色が
変わる様子が楽しめます。


そして、今回初の試みが「絞り模様」
白く抜けているところは、輪ゴムや糸で縛っておいた部分ですから、縛り方
でまったく異なる柄に染め上がります!


今回の染色液はセイタカアワダチソウクサギの2種類ですが、媒染液2種類に
加え、絞り行程を加える事で色以外の独自性を出せる内容にしました。

11/5(日)現在の応募状況では、まだ5組までの受付けが可能です。

ご希望の方は下記項目をご記入の上、info@omsolar.jpまでメールでお申込み
ください。

 ・代表者のお名前
 ・参加人数(大人・こども)※お子さまはご年齢も

参加費は、染色用の手ぬぐい1枚付きで1組1,500円です。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

【告知】11/19(土)「森のたまご」開催します [ ・「森のたまご」イベント]

第8回 森のたまご

日 時:11月19日(日)13時半~16時半 ※13時受付け開始

会 場:OMソーラー本社「地球のたまご」 浜松市西区村櫛町4601

参加費:1,500円/1組 ※染め用に下処理した「てぬぐい」1枚付き
   (てぬぐい1枚1,000円で追加できます)

定 員:10組

主 催:OMソーラー株式会社、四葉社、ひなたCAFE
171119_.jpg

今回のワークショップは、昨年秋も開催して好評だった「草木染め」。

鮮やかな青色に染まるクサギの実や、綺麗な黄色のセイタカアワダチソウ。

絞りも入れて自然が生み出す豊かな色を、みんなで楽しみませんか?


もちろん、秋の定番ワークショップである、
紅葉が美しい「地球のたまご」の
敷地を散策しながらドングリ
を収穫し、たまごのパックで「森のポット」を
作ります。

ご家庭で「小さな森」を育むことをぜひお楽しみください。


■お申込方法
下記の項目をご記入の上、info@omsolar.jpまでメールでお送りください。

 ・代表者のお名前
 ・参加人数(大人・こども)※お子さまはご年齢も
 ・これまでに参加された方は、持ち帰って育てている「森のたまご」の状況も
  お書き添えください。(もちろん「枯れちゃった~」でも結構です)

※染め加工をするため、汚れても良い服装でお越しください。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

【大好評で終了】第7回 森のたまご(後編) [ ・「森のたまご」イベント]

今回も引き続き、「第7回 森のたまご」のレポートをお送り致します。

終了後のアンケート結果で、初回から参加されているリピート参加者さんからの
コメントにスタッフ一同、微妙な嬉しさが漂いました。

「これまでの中で一番、満足したワークショップでした」

うーん、、、
草木染めや木作り小物、クリスマスリース作りもかなりイケているワークショップ
だと自認していただけに、スタッフ一同で

「この違いはなぜだろうね~?」

と話し合いました。
負担いただいた費用もこれまでの2倍以上ですから、満足度はそれを大きく上回るもの
だったと言うことになるわけですが、その他のコメントから色々と推察をして
いるところです。

DSCF7284.jpg
■紫蘇シロップの瓶詰め作業
嫁さんが実演をしているところですが、ナント子供さん中心に黒山の人だかり
になっていました(@_@)

僕はOMソーラー内の別の展示場に出店していた嫁さんの代役に行っていたため、
梅シロップや紫蘇シロップ作りの様子に立ち会えませんでしたが、そう盛り上がる
ものではないと踏んでいましたから、それだけに驚きました。

聞くところによると、紫蘇シロップの瓶詰めを始めたところから子供達が
群がってきて「きれい!宝石みたい!」と表現していた子もいたそうです\(^o^)/



DSCF7286.jpg
■作った梅シロップを眺める
自分達で収穫した青梅を洗い、氷砂糖と一緒に瓶詰したものです。
手前のガラス瓶は、わざわざ自宅から持参されたものだそうで、さすが
毎回参加されているだけあって良くわかってらっしゃいます(笑)




DSCF7288.jpg
■紫蘇シロップ
参加テーブル毎に配っておいた赤紫蘇の葉から作った紫蘇シロップです。
ひなたCAFEで用意したガラス瓶に詰め替えて、一組に1本づつお渡ししました。
梅シロップは完成まで2~4週間かかるため、この場では紫蘇シロップを水で希釈
して休憩タイムに飲んでいただきました。



DSCF7291.jpg
■ワークショップの成果物
 左)自分で収穫した青梅で作った梅シロップ
 右)赤紫蘇のシロップ
皆さん、こんな感じでスマホで写真に収めていましたね。



DSCF7296.jpg
■恒例の記念撮影
すべて終了後、最後に記念撮影をさせていただき解散となります。
今回は13時半から16時までの2時間半、スタッフ6人ですが安全に楽しく
終えられたことに「ホッ」としました。



後ほど、これをご覧になられて「行きたかったー!」と言う方がいらっしゃい
ましたら、メッセージいただけましたら次回11月に予定しているイベントの
ご案内をさせていただきますので、お気軽にどうぞ♪

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

【大好評で終了】第7回 森のたまご(前編) [ ・「森のたまご」イベント]

2月末からスタッフ5人で打合せを重ねてきた、第7回「森のたまご」。
募集10組に対し12組32名の申し込みをいただきました。
せっかくですので、すべての方に参加していただけるように致しました。
DSCF7267.jpg
■OMソーラー本社「地球のたまご」に自生する梅の樹
ワークショップは定番のコナラ苗植え替えの他、メインイベントとして「地球のたまご」
の敷地内に自生する梅の樹から、青梅を収穫し梅シロップを作ると言うもの。


終了後のアンケートでは、収穫から梅シロップ作りが最も評価が高かったようで、
常連さんの中には「過去最も良かった!」と答えて下さった方も(笑)



DSCF7251.jpg
■オープニングトークの準備
毎回、約15分間のオープニングトークでイベントの開催目的をお伝えするのが
僕の役目。
その他、運営スタッフの紹介、注意点、開会、閉会の宣言も担当しています。



DSCF7271.jpg
■梅シロップワークショップの説明
オープニングの後は、ワークショップを進めてくれるOMスタッフにバトンを
渡し、フォローに回ります。
通常、10時集合し段取りの確認をすると、搬入、セッティング。
会場準備を終えるとほぼ12時。
昼食をいただきながら、最終確認をして持ち場につくわけですが、当日は誰言うと
無しに各自が動いてくれます。



DSCF7275.jpg
■青梅の収穫体験
収穫しやすいように、危険が無いように事前に準備をしてくれていました。
一組10粒を目安に青梅を収穫してもらいました。



DSCF7292.jpg
■OMスタッフが収穫した青梅
「栽培」と言うほど管理はしていないのに、こんなに立派な青梅がたくさん収穫
できましたよ\(^o^)/


打合せしている時、

「そんなにたくさんの量のシロップを作れるわけじゃないけど大丈夫かな~?」

と気になっていましたが、それを承知の上だったこともあり、楽しんで
いただけたようです。




思っていた以上に長くなりましたので、続きの様子は後編で・・・(笑)

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

6/4(日)第7回 森のたまご開催 [ ・「森のたまご」イベント]

どんぐりから、小さな森と創造力をはぐくむ

このコンセプトに共感した会社3社、担当者5人による手作りワークショップ
「森のたまご」も第7回目を数えるまでになりました。

僕にとってもライフワークになりつつありますし、初回参加者のどんぐりも
成長し、昨年はドングリを実らせるようになったそうで、蒔いた種が
少しづつ形になってきたことを実感しています。

今回の開催は、2017年6月4日(日)13時半~16時半

会場は、OMソーラー㈱「地球のたまご」です。

今回のワークショップは、季節の梅シロップと紫蘇シロップ作りです。
しかも、梅は地球のたまごに自生している、青梅を自分で収穫したもの。
会費は、1組1,200円、定員は10組まで。
お申込みは、info@omsolar.jpまで。
既に、6組のお申込みをいただいていますから、参加希望の方はお早めに
お申込み下さい。

DSCF7149.jpg
■スタッフ会議の様子
いつもは、浜名湖畔にある村櫛町のOMソーラー本社で行なうのですが、
この日がノー残業デーになったことから、ひなたCAFEで行いました(笑)



なお、「森のたまご」イベントは午後からの開催ですが、同日10時半より
「地球のたまご」内のモデルハウスで、第3回わいガヤ交流会が開催されます
から、時間が許す方は午前からお越しになってはいかがでしょうか?

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

自由な発想で楽しんだ木(こ)ものづくりワークショップ [ ・「森のたまご」イベント]

今回は、「第5回 森のたまご」イベントの続報です。

OMソーラー本社「地球のたまご」の敷地内で集めた枯れた木の枝を使った、
「木(こ)ものづくり」ワークショップは、大人も子供も夢中になって自由な発想で
創作に励んでくれました。

DSCF4555.jpg
■父と娘
一心不乱にサンドペーパーがけをされている父親の姿に感動しました。
こういう父親の姿をお子様に見せることが重要だと思うんです。

 

DSCF4565.jpg
■イメージを形にする小学生
OMスタッフがあらかじめ作ってくれたサンプルから 着想を得て、さらに想像を膨らませて
思い思いの作品を作っていきます。

機械ではなく、また親が作る様子を傍らで見るだけでなく、自らの手で形にするのが
とっても重要なんです。
「創造性」を育むには、遊び方が決まっていない遊びをすることがとっても大事。

 

DSCF4573.jpg
■父と娘2
最初の写真とは別のご家族で、お父さんと娘さんだけでのご参加でした。
対面に座って小さな娘さんも素材を触っています。

 

こんな感じで約1時間半程度で作った作品の一例がコレ。

DSCF4578.jpg
■家族4人の作品
右側のおサルさんがシンプルながらとっても良い味を出していると思いませんか?
娘さんが「これはおサルさん!」と言って選んでくれたそうですよ。

 

DSCF4580.jpg
■作りかけですが・・・
木のボタン用として用意した枝の輪切りを「顔」に見立てたようです。 
何かの幼虫か赤ちゃんにも見えますが、カワイイですよね~♪

 

作品作りが終了したところで一度手を洗っていただき、ひなたCAFEが用意した、
まるい園さんの「うす茶糖」と、菓子巧房ほほえみさんの「利休」をお茶菓子として
いただきながら、OMスタッフ森ちゃんによる材料の説明。

みんなが選んだ木の材料は、元々どんな樹形でどんな花や実をつけるのか、
画像で説明してくれました。

 

16時半にはすべてのプログラムが終了。 

DSCF4596.jpg
■参加者全員で記念撮影
浜名湖をバックに、作品を囲んでの記念撮影大会。
大人も子供も楽しく参加していただけたようで、企画者冥利につきますね。


次回は11月か12月に開催予定。
例年通り、地球のたまごでドングリを拾って種まきをします。
ワークショップでは、一昨年実施して大人気だった草木染めを行なう予定ですから、
ぜひ参加いただけたらと思います。
 


nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -  ・「森のたまご」イベント ブログトップ